忍者ブログ
Radio Box, TOKIO WALKER他、TOKIO関連のラジオ番組テキスト・サイトです
8月25日日曜日。時刻は7時を過ぎました。おはようございます、TOKIO松岡昌宏です。さぁ、本日25日、1958年のこの日、世界初の即席ラーメン、チキンラーメンだね、日清だね、つまりね。が、発売された事から、即席ラーメン記念日という事です。チキンラーメンと言えばね、我が国分さんが昔ね、ずっとCMやらせてもらってましてね。チキンラーメンね、実はなんだけどね、チキンラーメンを食べたのはね、生まれて初めて食べたのね、オレ、40歳ぐらいなんだよね。通って来なかったのよ、チキンラーメンは。で、ナンで?って言われたら、ナンかね、多分、子供の頃にチキンラーメンを従兄弟とかがバリバリバリバリ、あの~、ベビースターのように食べてるのは、食べた事あると思うの。ただ、その、CMでやってるように、お湯を入れて玉子を乗せて食べるって事は、したこと無かったのね。で、ナンで食べたかって言うと、チキンラーメンの、カップラーメンがあって、別に、ナンてこと無かったんだよね、ナンか、深い意味を考えてなくて、あの~、京都か、撮影でホテルに泊まってる時、必ず、僕、2、3個、カップラーメンを置いておくんですよ、缶詰とね、グミと。前も言ったかも知れませんが。ホテル生活が1週間ぐらいとかね、1ヶ月とかになると、夜中に急にお腹が空いたりする時があるから、それでひもじい思いをしたくないから、必ず非常食を置いておく。その中にね、チキンラーメンを入れてたのよ。で、あ、チキンラーメン食べるの、初めてだなぁと思って、そのカップラーメンを食べたんですよ、チキンラーメンのね。生卵は付いてない、アレ、玉子は、溶き卵みたいのが、入ってんのかな、ナンかね。で、食べたら、そのスープとチキンラーメンの麺の感じが、カップヌードルとはまた違うんだよね。似てはいるんだけども、ま、一緒なのかも知んないけど、オレには違く感じたんだよね。で、あの~、醤油の香ばしさが(笑)かなりゴキゲンでして、あ、コレはちょっと、オレ、全然、食べた事ねぇんじゃねーか、みたいな事になり、で、東京戻ってきて、本当のチキンラーメンを買ってきて、玉子を乗せて、お湯をかけて、食べたの。美味しかったのね、すっげー、美味しかったの。で、いろんな、その~、ナンて言うのかな、え~、袋麺、インスタントラーメンの方ね、皆さん、あるでしょ、ご贔屓の一つ。松岡にもあるんですよ。松岡は必ず、コレだけは、家で無くさないっていう、必ず、常備してるっていうのは、「サッポロ一番塩ラーメン」なのね(笑)。アレはね、そのまま食べても美味しいしね、牛乳で作っても美味しいしね、ナンかちょっとカレーパウダー入れても美味しいしね、いろいろ出来るのよ。で、よくやるのが、あの~、湯豆腐とか食べたりさ、する時にオレ、湯豆腐だけじゃなく、そこにちょっとタラを入れたり、ま、エビを入れたりとか、ナンか、そういう風に、いろんな野菜入れたりとかして、少しずつ、ナンて言えばいいんだろ、寄せ鍋じゃないんだけど、ホントは湯豆腐なんだけど、豆腐だけだと寂しいから、ナンか、あと2、3品入れるのよ。で、そこで、その、お湯が残るじゃない。その残ったお湯に、その「サッポロ一番塩ラーメン」を入れて、海苔を入れて、ゴマ振って食べるのが大好きなんですよ。で、玉子を落とす時もあるし、ワザと濃い目に作って、溶き卵に付けて食べたりする、すき焼きみたいにする時もあるのね、ニンニク入れたり。だから、そういうのが好きだから、袋ラーメンは好きだったんだけど、チキンラーメンは食べたことがなくて、初めて食べて、40歳の時に。で、そうね、今も、ちょくちょく食べてますね(笑)。チキンラーメンって、だって、オレが生まれた頃にはとっくにあるワケだよね、だって、約、オレより、生まれる事の約20年前ぐらいからあるワケだから。それこそね、この間まで、朝ドラでね、やってたワケでしょ?そうだよね。だからもう、その歴史たるやもう、大大大先輩ですよ。だって、1953年、え、1958年って事は、60年か。チキンラーメンも還暦でしょ?スゴいよね~。チキンラーメン(笑)還暦なんだから。いやいやいや、やっぱりね、その辺はやっぱり、あの、考えて食べるとね、また、美味しいよね。やべ!チキンラーメン食いたくなってきた。っていうかナンか、インスタントラーメンが食いたくなってきた。コレ、前にも言ったけど、不思議なんだよね。インスタントラーメンが食べたいなって思った時は、普通のラーメンじゃダメなのよ。ラーメン屋さんにあるラーメンじゃ。スタンドそば、つまり、立ち食い蕎麦屋さん、駅蕎麦とも言うのかな、を、食べたいなぁと思った時は、ナンとか庵という普通のお蕎麦屋さんの蕎麦じゃないのよ。あの濃いつゆに、パパッと食える感じがいいんだよね。不思議でしょ。ま、今日、日曜日だし、いかがですか?あの~、ちょっと、日曜日のランチはナンか、多めに、袋とじラーメンを、袋ラーメンを、野菜たっぷりで食うなんつーのもアリよ。もやしとかいろいろブッ込んで、キャベツとかいろいろブッ込んで。やってみてはいかがでしょうか。

≪ゴルフの話≫スコアは、まぁまぁ、いい時もありゃ、悪い時もありますよ。今年はですね、あの~、ちょっとココ3年間ぐらい、ゴルフちょっと、忙しくて出来てなかったんで、今年はもうZettai、ゴルフをちょっとやりたいなって事で、まぁ、去年、一昨年とかよりも、ま、回数は増やしていけるようにしたんっすね、行きたいなぁと思って。で、実はつい先日も行って来たんですよ。ただ、その~、例えば、天気なんかもありますし、で、ま、仕事のスケジュールが、ね、変わったりとかもして、ぽっこり空いたりする時もあるんですよ。でもポッコリ空いても、オレはいいけど、他の人ってムリじゃない(笑)。うん、でもあの~、自営業の人とかいるじゃん。ね、自分で御商売なさってる方。ま、オレの友達にも何人かいて、で、ダメ元で連絡すんっすよ。「ちょっと、3日後とか空きそうだけど、どう?」みたいなメールすると、「え~、キビシイなぁ…調整してみます…」みたいな(笑)くんのね。で、え~、2、3時間ぐらい経って、「行きましょう!」っていうメールが来て(笑)ナンか、(笑)上手く出来たんだ、みたいな。「いや、久しく松岡とやってなかったし」みたいな。「じゃ、やろうか」みたいな。ナンかその~、ナンだろうな、友達と、スゴい仲のいい友達とよくゴルフやってたんだけど、ま、みんな忙しいしさ、で、まぁ、転勤とかもあるとさ、その~やっぱり離れてしばらく会えなかったりする事もあるから、で、帰って来ると1回、メシ行ったりとかね、ま、ちょっと飲みに行こうかとかもあるんだけど、ホントはね、ゴルフをね、一緒に廻るとね、1日使って、いろんな話、聴けるから、いいんですよ、友達なんかとは。よく、その~、言いますけど、メンタルのスポーツだから、その~、いろんな方がおっしゃってますけど、うん、この人とちょっと、これからある仕事をするとか、プロジェクトがあるという時は、ゴルフが出来る人だったら、1回一緒に廻ると、その人の性格が読めるんで、いいかなと思いますよ。ま、コレ、皆さん、昔から言われてる事だけど、つまりどういう事かというと、ゴルフをおやりになんない方の為にね、説明しますけど、人間ピンチになったら、どういう行動を取るかっていうのを、ゴルフをやってると、すっげー、よく判るのよ。うん、クサっちゃう人、怒る人、もう笑って、ま、しょうがねーか!ってなる人、ナンとかして(笑)、ナンとかして、努力して這い上がろうとする人、ホント、様々なのね。ま、オレたちなんて、遊びでやってるから、多少失敗したって、んだよ、もう!っつって、転がってたりすんだけど(笑)、打ち損ねたりすると、シェーっとかやってんだけど、でも、たまーにね、もう短いパットとか外して、ドンマイでーすみたいな、ドンマイとかって言ってもナンか(笑)、次のホールとかも喋ってくれない人とか出て来ると(笑)あ、この人とはもう、ちょっと、ゴルフ出来ねぇなとか、こういう人とは仕事したくねぇなとか(笑)、出て来るんですよ。アレはね、よく出てますよ(笑)見事に。そうそうそう。ナンかずーっと笑ってる人がいいかなぁ、やっぱり。(笑)オレは、オレの仲間はそれが多いかな。せっかく休み取ってね、休みの日にやるワケだから、ナンか(笑)、そこでナンか、ね、クサったり、ふてくされたりしてんのはキツいなとか思ったりして。ま、でも、確かにあるのよ、ナンか、スゴい自信があって、コレはもう、完璧に行けるなっていう時に、いきなり、シャンクっていうんだけど、ボールがいきなり自分の真右の方に飛んでっちゃったりすると、ナンなの!?コレっていう時のショックっていうのは、予期せぬ出来事。それはやっぱ、オレもあって、マジかよぉってちょっと落ちそうになる時もあるんだけど、そういう時は、はい、次!次!って、リカバリーをするっていう、うん。だから、一番大事なのはリカバリーなんでしょうね。世の中もきっとそうなんでしょうね。いろんな人がいろんな事言ってるけど、やっぱりコレに尽きるなぁと思うのは、失敗することは、全然悪い事じゃなくて、失敗した事を認めてリカバリー出来ない人が一番、哀しいみたいな事を、よく、本とか書いてるけど、ま、きっとその通りなんだろうね、うん。その辺はナンか、よく、あの~、ナンですか、いろんな本とか、書いてあったりするじゃないですか。あぁ、なるほどなって、ま、共通するモノあるのかなナンて気がしますけどね。そう、そんで、つい先日やった時ね、オレ、ビックリしたんだけどね、え、この方、ゴルフ、おやりになるの⁉って思ったのがね、信じらんないよ?あの~、クラブハウスで一番最初にオレが友達、着替えてたから、オレが先行って、仲間、もう2人いたんだけど、オレが先にレストラン行って、注文しようかなぁと思ったら、まだ違うトコでお客さん一人いて、アレ?と思って、いつも、そんな、人の事を観ないんだけど、その人も一人で、いて、ん?と思って、ナンか、観た事ある?と思って、よーく観たら、LUNA SEAの真矢さんだったのね(笑)。アレ―っ⁉っつって、真矢さん!っつったら、おー!とか言われて。「やるの⁉ゴルフ!」って言われて、「やりますよ!」「今度やろうよ!」って言われて、「あ、やりましょう!やりましょう!」っつって。で、ナンか、向こうもお友達の方と廻ってたみたいで、コッチも仲間と廻ってて、で、帰りがけに「また、失礼します」「やろうね!今度」「はーい」っつって、で、ナンか、オレ、ショートメールして、「ナニ?松岡くん、ショートメールなの!?」ってまた言われながら(笑)「はい」っつって。「下手っぴですけど、よかったら今度やりましょうよ」みたいな。「やろう!やろう!」っていうメールをね、さしてもらって。凄いね。あの名ドラマーのゴルフを、どうなのか、観てみたいよね(笑)。スゴい、観てみたい(笑)。LUNA SEAのドラム(笑)とTOKIOのドラムがゴルフ。ドラム、ドラマーコンペってやろうよ、今度(笑)。ウチの師匠、やんねぇもんな、そうる透師匠な。いないかな?誰か(笑)。ドラマーコンペ(笑)。全然いいんだけどね。そう(笑)ナンか、そういう‥バンドマンコンペって面白そうじゃん。陽の当たる場所にいなさそうじゃん、バンドマンって(笑)【TOKIOは陽の当たるトコにしかいないってイメージ持たれてるんじゃないの???】。バンドマンコンペ、やってみてぇな、今度。っていう事でございました。≪リクエスト:三浦春馬「Fight for your heart」≫春馬も忙しいね。またナンか次も入るっつってね。ちょうどメシ食おう、メシ食おうって言って、2回タイミング合ってないもんね。春馬に最初に会った時は、まだ小学生だったんだよね。この間もね、トキカケ出てくれて。ちょっと、そろそろメシ、行きましょうよっていうから、そうだねって言うんだけど、忙しいんだ、春馬もね。ま、ちょっとメシ食う事ありましたら、ご報告しましょ。

≪乳歯が抜けたら保存してる人もいるが、投げる派。先日、アリが歯を運んでた≫アリは歯、食べないんじゃねーの?歯って、だって、ナンだコレ、カルシウム(笑)?アリ、カルシウム、食うのかな?どうなんだろ。松岡少年も、そうしてましたよ。だから、アパートだったから、のき、アレは無いんだけど、とりあえず、下に投げてたよ、ぺーん!って(笑)。で、下の歯は、アパートの屋根に投げてた。もしくは、物置かな?うん、とりあえず上に投げてた。あの~、ま、時代背景もあるんでしょうけど、オレがね、抜けたの、小学校2、3年ぐらいの時だよね、大体、歯が変わるって時ね。今でも覚えてるのがね、下の前歯の、下の前歯か、ぐらつきだしたんだよね。で、ぐらつくと、判るんだよね、あ、そろそろだなって。ちょっと痛いんだよね。で、ちょっと血も出てきたりしてさ。んで、母親に「お母さん、歯、グラグラする」とかって言ったら「あぁ、抜けるね、それね」っつって。「アンタ、それ、ちょっと来なさいよ」って「ん?」って行くと、あの~、ミシン針あるじゃないですか、ミシン針じゃない、ミシン糸。ミシンの使う糸ね。あのタコ糸とかだと太くて入んないからさ、ミシンだと細いじゃない。それをね、器用にね、オフクロがね、その、前、下の前歯んトコに、キュッと引っ掛けてくれて、で、そのまんま、ナンていうのかな、あの~、手で、紐を持てる状態にしてて。で、「昌宏、コレ、しばらく手でグラグラさせときなさい」つまり、飴をなめてるみたいに紐をナンか、引っ張って、ちょんちょん、ちょいちょい。そうすると、段々だんだん、下の歯がぐらぐらしてきて、そのグラグラする振り幅がどんどんデカくなってきて、よし、抜けましょう、みたいな事になるんだよね。で、ホント、2時間ぐらい、やってたら、もう、ホント、グラグラしてきたの。でも痛いのよ。イヤでさ、で、「どうなった?」っていうから、「こんななった」「あ、もう抜けるね」っつって「抜きな!」っていうから、「いいよ、勝手に抜けるまで待つから、そんな痛ぇのヤダから」みたいの。したら、「いや、こんなのはパッとやったら痛くないんだから、あの~、お母さん、抜いてあげるから」っていうから「いいよ!」「いいから、貸しな」って言われて。じゃあ、大きい声出すと、その大きい声を出すと、その瞬間に、人間っていうのは痛さが無いから、1,2の3!って、お母さん言うから、その3!の時に、一緒に3!って言いなさい」って。「そしたら、3!って言った時に、力入れれば、お母さんも、そのタイミングで抜くから、多分、痛くないから」っつって。もう全然半信半疑なのよ。「解った」っつって。ま、「じゃあ、痛くしないでよ⁉」「痛くないって!しつこいな。男だろ?うるせーな!」って、段々、ウチのオフクロもちょっと、ナンていうの、イライラしてくんのよ(笑)オレがいつまでもグズグズ言ってるから。ウチのオフクロ、スゴい短気な人だから、「うるせーな、もう、早くしろ!」って(笑)怒られて。「はい」っつって。で、「行くよ!」っつって。「大丈夫ね、行くよ!はい、1、2!」で抜かれたの(笑)3で力入れる前に抜かれてたの。だから多分、力入れないから、入れようとする瞬間に抜かれてるから、痛くは無かった(笑)。作戦勝ちですよ(笑)ウチのオフクロの。「行くよ、せーの!1、2!」ってやられて。「ほら、抜けた」って。抜けたから良かったけど、アレ、糸切れて、歯が残った日には、たまんないよ(笑)。まぁ、でもね、きっと、そういう(笑)思い出もね、みんなあるんじゃないっすか。犬ですら、早いからね。ウチの(笑)もう、ニコミ、まだ1歳たってないけど、もう歯、抜けたからね。抜けてきたからね。犬の、その~、歯の抜けるとか、成長過程ってね、犬種によって違うから全然判んないのよ。

Nack5で松岡昌宏がお送りしていますTOKIO WALKER。さてココからは番組のコーナー「〇〇しすぎた」。ね、いろんな事、し過ぎる事あるでしょう。募集かけたらガンガン来てます。≪コストコでBBQ材料買いすぎて隣のグループにおすそ分け≫コストコで1人1万円って大変だぜ。いや、買いたくなっちゃうようなね~、置き方とかしてんのよ!アレは。ナンか、ちょっと判るね。アレはコストコマジックですよ。≪気に入ったものを食べ&飲み続け、揚句に嫌いなるパターンの繰り返し≫全くオレ、同じですよ。気に入ったら、そればっかり食べてる。嫌いになったっていうか、オレも飽きちゃって食わなくなるんだけど、また久々に食うと、やっぱり旨いっつって、また食いだすってモノはね、ホント一緒ですね。ありますね。私も一緒です。黒ゴマ煎餅、あの真っ黒いヤツね。あの甘じょっぱいヤツが大好きで、アレはZettai、置いとくんだよね。飽きて辞める、っていう。ずっと食う。あとね、乾燥させてある、つまり乾物だね。姫貝。つまり、青柳なんですが、それをね、地方の空港とか行ったら、まとめて買ってきて、で、そのまま食べたり、ちょっと炙って食べたり、ま、お酒のあてにね。ま、この間も言った、氷下魚とかね。そういうのはずーっと、あるかな。あと食べ過ぎて飽きて、またハマってるカタアゲ。カタアゲも散々食って、飽きてまた今、食べ出して。かな。あとまた今、蒟蒻畑(笑)。今ね、食べやすくなったのよ。パッケージが昔のゼリーみたいなのじゃなくてね、ナンかあの、袋みたいになってて、小っちゃい。で、ピュッとむくとね、チュルンと出る方式(笑)になってるから、スゴい食べやすくなってね、ナンだろ、ちょうど一つの袋に2つの味が入ってんのね、今のは。オレが買ってんのは。で、一つはブドウとアップルなの。で、もう一つはライチとピーチなの。だから、その2袋を買って、あの、小っちゃいから、食後に1コずつ食べるっていう(笑)。スゲー旨い。その辺はちょっとやっぱり、オレもまだハマってるかなぁ。ありますよ、ホント。食いすぎて食いすぎて、飽きてって。ずーっと飽きないのもあるね。世の中で多分、ずっと食べててオレ、飽きないのはね、ま、もちろん、ご飯は当たり前だよね、お米はもう当たり前として。あと、海苔かな。オレは無類の海苔好きなんで、ま、さっきも言いましたけどね、塩ラーメンに海苔入れるっていう。ラーメンにはZettai、海苔入れるし。もうご飯はZettai、おにぎり、大好きだし、もしくは、次の日のお弁当、自分で作っておく時は、必ず海苔段々って、海苔弁を作っとくんですよ。だからホント、海苔が好きかな。お刺身食べる時も海苔に巻いて食べたりとかするし、うん。味付け海苔も好き。味付け海苔も置いてある。普通の海苔も置いてある。で、きざみ海苔も置いてある(笑)。海苔好きですね。

≪リクエスト:松任谷由実「真夏の夜の夢」≫懐かしいね。【1フレーズ、モノマネで歌ってる】あぁ、今だから言えるな。実はオレ、ユーミンさんにお会いした事あるんですよ。中3かな、高校一年の時かな。あ、中3だ。で、ま、たまたまウチの、ちょっと偉い人と、ま、ユーミンさんが、お知り合いで。で、オレ、ユーミンさん、好きなんだっつったら、あ、ちょうどLIVE観に行くから、一緒に行こう、みたいな事になって、で、行かせてもらって。で、大感動してさ、代々木体育館だったかな。で、終わってから、楽屋、ナンか、いろんな関係者の方がいらっしゃるトコで、オレと、その事務所の人間と待ってたら、ユーミンさんの方から「あぁ、元気~?」なんて来てくれて。「あの~、この子、ウチの松岡っていうんだけど、ユーミンさんのファンなんですって」とかってったら「あ、ホント?」っつって、「ありがとう~」って言って、オレんトコ来て、じーっとオレの事観て、両手でほっぺを、オレのホッペをスリスリスリ~って3回して、「まぁ!トゥルトゥル!」って「じゃあね~」って言いながらいなくなってった(笑)。ユーミンにほっぺ撫でられた(笑)。スゲー喜んで、ご満悦で帰った松岡少年でした(笑)。

さぁ、いかがだったでしょうか。ねぇ、もう秋ですよ、暦ではね。でもまだまだ台風は来そうですからね、え~、皆さんも、いろいろと油断しないで。学生さん、夏休み終盤、ね、そろそろ夏休みボケしないように、慣れてく作業も必要かと思います。【宛先告知略】ワタクシ松岡とは来週の日曜日、朝7時にまたお会い致しましょう。今日も素敵な一日、お過ごしください。お相手は松岡昌宏でした~。バイバイ!


PR
どーも!TOKIOの国分太一です。さぁ、日本で開催されるラグビーW杯まで、あと1ヶ月を切りまして、どんどんラグビーの情報もね、え~、よく聴くようになりました。ワタクシもですね、ナンと、1試合、行けることになりましたよ~♪知り合いがチケットを取ってくれまして、日本戦ではないんですけれども、ま、世界のですね、レベルを楽しみにしたいなぁと思っております。やっぱり観たいよね~、W杯が日本で開催されるワケですからね。で、そのW杯といえば、サッカーW杯のアジア予選も、2次予選になっております。9月に入るとすぐに始まるという事で、コチラにもね、注目していきたいと思います。日本はグループFでキリギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと同じ組。この中で1位になれば無条件で最終予選に進出。2位の場合は、2位の中の上位4位が最終予選と。ま、実力差でいえば、日本の1位はほぼほぼ確実じゃないかなぁと思いますけどね。ナニが起こるか判らないのが、W杯予選なのでね、油断は出来ませんよ。油断。ね、先週、学んだと思いますけどね、油断という言葉はね、いろいろありますからね。

さぁ、日本全国から届きました世界からの普通のお便りを紹介していきまーす。≪初投稿。太一と同級生だから話が懐かしく楽しい≫という事で、ナンだろ、ま、違う世代に生きてないから、ナンとも言えないんですけど、僕らの年代って、話題性の多いモノが多かったような気がするんですよね。もうドコから触れていいのか判んないですけど、まぁ、そうですね、ま、ゲームで言うと、ファミコンが出た当初でしたし、と、ま、野球選手もスーパースター、僕ら、長嶋さんとかの世代じゃないですけども、それから下の世代としても、例えば漫画になってたり、田淵さんがね、がんばれタブチくんとかもね、え~、漫画になってたりしますもんね。で、その漫画で言うと「タッチ」。「タッチ」なんか野球のアニメで、で、僕なんかが小学生の頃でも、中学生になっても「タッチ」って、夏休みになると、再放送になったりとかして、Zettai見るんだよね、アレで。で、最終回が、もう授業始まってたりして、最終回が見れないって事、普通にありましたけど、最終回見れなくてもいいっていうアニメが「タッチ」だったりして。あと「風雲たけし城」の思い出とかね。え~、チャレンジモノも多かったんっすよ。「女の60分」ナンかもね、チャレンジモノが(笑)、多かったり。怖いアニメで、あ、怖いドラマとかでいうと「あなたの知らない世界」とかね、昔、コレも夏になると、かなりね、ドキドキしながら、観たような思い出ありますしね。あと、オシャレも結構ありましたよ。えーと、テック21、あの、ムースね。バイク、平忠彦さんから入りましたけど。テック21なんていうのも、あのムースを使っていたらもうオシャレ、みたいな。あとタクティクスね。タクティクス付けている、あの匂いはちょっとこう、ワルの匂いがしたりとかしてね。それがカッコイイになったりとかしましたけどもね、もう、こんな話したらね、あの~、尽きないですけれども。またね、え~、この番組では、こういう話してますので、ちょっと注目して聴いてもらえたらなぁと思います。

≪ソロキャンプに興味あり、空き缶でウッドガスストーブ作った≫この人、スゴい燃やしてるね?本編から段々離れてきましたね、コレね。スゴいですね。やっぱりさ、キャンプやっていくと、追及したくなっていくのが、たき火なんですよ。うん、で、たき火で料理も出来るしさ、もう、観てるだけでもこう、癒される部分、やっぱ、火っていうのは人間にとって、スゴい、ナンか落ち着くものだったりするんでしょうね。で、やっぱ、僕も、やりたくはなるんですけども、東京ってたき火、多分、ダメなんだよ、出来ないんですよね。なので、キャンプ場へ行って、え~、する事しか出来ないんですけれどもね、え~、ま、この、だから、ウッドガスストーブなんかがね、作れて、自作で作ったモノがね、え~、活用出来るっていうのが、またこう、楽しくなって来たりするんでしょうね。自作のギアを作る。そうですね~、ナンか今や、鉄鍋、鉄フライパンっていうのも、結構、流行ってるんですよ。うん、で、鉄フライパンの柄の部分が拾ってきた棒を差すっていうのがまたカッコいいんですよ。ナンで、使い捨てじゃないんだけれども、拾ってきた棒で刺して、フライパンにすればいいから、帰る時にはその棒を置いてって、またフライパンだけ持って帰ればいいから、コンパクトになるんっすよね。で、その枝も、フライパンに差し込むワケじゃないっすか。そこをナイフで細くするっていう、その細くしてる自分がカッコイイみたいなね。うん、コレをしたいなぁと思うんですよね。だからやっぱ、フライパン買わなきゃダメだね、コレね。≪高1。クラスの1/3が女子。太一は圧倒的に女子が多いという経験した?≫(笑)簡単に言うなら、無い!ちょうど半々の学生生活を送ってましたね。あぁ、コレはどっちなの!?だからラッキーっていう事を言ってるのか、いやぁ、やっぱり、男子多い方がイイですっていう事を言ってるのか、ちょっ、そこが書いてないんだよね~。でもナンか、文章読む限り、もうちょっと男子いて欲しいなぁにも、観えますよね。そういうもんなんですかね。ま、でも、ダントツ女子が多かったっていうドラマはありましたよ、よく考えたら。女子高の、えーと、チアダンス部の、え~、コーチ役っていうのをやったことがあって、そん時はもう、先生、僕だけですよ、男は。あとは、榮倉奈々ちゃんが出た「ダンドリ。」っていうね、うん、ヤツは現場ん中、だから、僕より年下の女の子ばっかりで。オレ、男一人で、ちょっと年上でさ、やっぱナンか孤立するよね。女の子同士は、集まってさ、いろんな話するじゃない。そうするとオレ一人になってたりすると、ナンか、女の子たちが、「ナンかさ、話かけた方がいいんじゃない?」って声がちょっと聴こえてくるのよ。「国分さんってさ、そういえば、サッカー好きだったじゃない?今度、W杯があるじゃない?ナンかさ、そういう話でさ、ちょっとさ、ナンか、話した方がいいんじゃない?」って声とかが聴こえてきて、そんな気、遣わなくていいよって。そんなような思い出、今、思い出しましたね~。半々ぐらいが、ホントはちょうどいいのかも知れないですね~。ま、でも、モテるでしょうね。ナンかあったらまた、そのエピソードを送ってきてください。

【Mr.チャイルドさん】
≪旦那とデザート半分こするが、自分の方を大きく切ってしまう≫
え~、いい話ですね~♪コレ、オレもう、こういうのに、弱いです、オレ。女性の、こういうところに弱いの。ベロ出してんでしょ?そん時、だいたい。”エヘっ”っつって(笑)。あぁ、コレはいい話ですね~。で、男に、男の方がね、旦那さんの方が気付くんだよね。「アレ?そっちの方が、デカくないか?」っつってね。「気のせいよ~♪」って。

≪街中でサングラス姿の人を見る度、芸能人か?と思ってしまう≫
あぁ、ま、でも、アレですよね~、やっぱ地方とか比べると、サングラスかけてる人の数は多いですね。僕ね、あの~、若いママさん、みんなサングラスかけてるようなイメージなんですけどね、東京の。東京の若いママさん、大体、サングラスかけてるような印象なんっすよね。自転車乗ってる人が多いでしょ?だから、日差しが気になるのもあると思いますしね。女性の方がサングラスかけてますか?男性よりも。やっぱ、ナンか、コンビニに行くのにメイクね、するの大変だったりすると、それこそ、ナンつーんっすか、ナンか、ハエみたいなデカいサングラス…ハエみたいなデカいサングラスってオカシイですね。ハエの眼のような、うん、サングラスかけてる人とかいますよね?あ、ちょっと違う?言い方。ナンて言えばいいんだろう?フィンガー5?(笑)どんどん古くなってっちゃう(笑)的なね、モノをかけてる人がいますよね。あ。塩沢ときさんぐらいの(笑)。コレ、ちょっと(笑)大きい、大きい例えって、今、いないでしょ?ダレ、若い人でいる?大きい、ね。うん。出て来ないんだよなぁ…。

≪畑仕事中、虫やミミズみつけて、顔の前にほらほら!と持って行く≫
ナンか、ナンか、したくなるんだなぁ、あぁいうの。苦手な人にさ、見せたくなっちゃうっていうのは。もう、毎年恒例になりましたけども、ま、2年目か、まだ。あの~鉄腕DASHでね、嵐の二宮と、東京でカブトムシ・クワガタを探すっていうロケをね、やり始めたんですけど、ニノ、全く触れないんですよ。うん、で、まず、じゃあ、慣れる為に、セミを胸に付けてみようと。ブローチみたいでしょ?って、言うんだけど、ま、そりゃ、嫌いな人にしてみたら、ブローチではないよね。でもナンかこう、その、喜ん、喜んでないか、嫌がる姿がナンかね~、可愛くてね、やりたくなっちゃうんだよね~。ナンなんですかね、アレね。

【国分太一迷信BOX】
≪友人から彼氏・彼女を紹介された時、2人の顔や雰囲気が似てると結婚する≫
似てくるって、よく言いますもんね。アレさ、似てくるっていうのは、やっぱり食べ物とか仕草とか、言い方とか、喋り方とかが、似てくると、骨格も、そういう風に寄ってきたりすんのかね?大体、似てるよね!?

≪相槌に”あぁ、なるほどね~”を使うヤツは話を聞いてない≫
コレね、よく使う。…あ!そんな感じする?今、頷いてたけど。って事は、オレ、話聴いてないって事ですか?ナンかさ、”あぁ、なるほどね”っていうのはさ、一つの相槌でもないですか?ホントに、なるほどね、とは思ってるんだけど、”あぁ、なるほどね~”の間に、その人に、じゃあ、違う質問無いかなって、考えてる時間でもあるんだよね、うん。…ナニ、ナンか、ホントの事、話してるんだろ(笑)?

≪自宅では全裸という人、Zettai、服着て生活してる≫
コレ、どういう事?あ、そう言ってるだけだよって事?あぁ、それは嘘なんだよっていう事ね。でも時々いるよね!?で、家帰ったら全裸になるんだよね~っていう。ホントかよ!?って。光一がそうじゃなかったかな?KinKiの光一が。…光一がする⁉あんな王様が。ね?裸の王様になっちゃうじゃん。王様じゃないか、王子様か。

≪ラジオパーソナリティが二日酔いなど体調不良時、曲が多い≫
(笑)アレ、よく考えたら、このRadio Boxを二日酔いでやった事がないわ、うん。ヘタしたら、他の番組とかではちょっと、お酒残ってるなってのは、あるかも知れないですけど、この番組に関しては無いわ。全く声が出なかった時はありましたけどね。


さて、今週もそろそろお別れの時間ですが、ココでお知らせです。え~、スマホの観すぎは気を付けてね!!【略】さぁ、今日はね、ナンと久し振りにステッカーがいっぱい出たという事でね、1コーナー1枚出てるんですって。オレ、あんま意識してなかったんですけど、コレ、ちょっとステッカー強化月間みたいにした方がいいですよね?5年前ぐらいに作ったステッカーが、まだ在庫が相当あるっていう事で、もうね、オレ、ホント、新しくしたいんですよ。というのも、自分のキャンプ道具にステッカーいっぱい貼りたいんだけれども、今のステッカー、あんま貼りたくないんだ(笑)。家にもあるんっすけども、コレ、どうしようかなぁと思ってるんでね、強化月間として、え~、皆さんにですね、その、カッコいいステッカーをですね、じゃんじゃん、ちょっと、あの~、出したいなと思いますので、来週からかな、強化月間にしましょうかね。一人10枚とかあげる可能性もありますからね、はい、今週はこの辺で!お相手はTOKIOの国分太一でした。また来週で~す、バイバ~イ!
8月18日日曜日。時刻は7時を過ぎました。おはようございます、TOKIO松岡昌宏です。さぁ、本日8月18日は漢字にすると八十八というところから、米の日。お米の日ですか。で、ビーフンの日だったりもするそうです。ビーフンはアレですか、米粉だからか?あぁ。ただね、オレはね、8月18日っていうと、知り合いというか、いろんな人の誕生日が多いんだよ。ま、僕ら先輩、中居正広さんも、確か、今日ですよ。8月18日ですよ、ね。それと、元プロ野球選手、清原選手。清原さんも8月18日ですよ、えぇ。それと、僕をサウナから助けて下さった吉川晃司さん(笑)。あの方も8月18日ですよ。それと、僕がスゴくお世話になった、よく、昔、学園ドラマとかでお世話になった、今でもたまに京都でお会いする名取裕子さんも、8月18日のハズなんですよ。だから8月18日って、スゴいね、いろんな方が誕生日なんだよね。うん、それ、スゴい、8月18日ってスゴい覚えてんのね。で、オレ、ね、あの~、人の誕生日を結構覚えてる方なんですよ。だから共演させてもらった方、特に相手の女優さんの誕生日とかって、結構覚えてて、あの~、彼女役だったり、奥さん役だったりする方の。10人は覚えてっかな。だから、あ、アイツ、誕生日だ、と思うと、ま、皆さんと違って、ワタクシはLINEとか出来ませんから、ショートメールで、おめでとうって(笑)いつも送るんっすけど。だから、7月、8月は多いのよ。スゴい多い。オレの知り合い誕生日。7月に至っては、メチャメチャ多いよ。だって、ウチだけでもだってもう、19日がマッチさんでしょ、えぇ、植草先輩と坂本先輩が同じ日でしょ。いっぱいいますよ。オレ、でも、この間、久々に、スゲー嬉しかったんだけど、あの~、まぁ(笑)、ま、別にあえて触れてなかったワケでもないんですけども、ま、皆さんご存知のとおり、弊社の社長、ジャニー喜多川社長がお亡くなりになって【惜しいなぁ。弊社って言うんだったら、”お亡くなりに”はオカシイね】、みんなで、え~、ね、葬儀を家族葬という形、とらせてもらって。そんで、ま、終わって、火葬場行って全部やって、初七日もやったのかな、その時に。で、みんなでいろいろ喋ってて。で、ナンか、マッチさんがね、あの~、ナンか、とりあえず、集まってるメンバーで、今、時間もあるし、ま、何人か、ちょっとリレー形式で、ちょっと、ジャニーさんの思い出でも語ろうぜ、みたいな事を。あ、いいっすね、みたいな。で、マッチさんが「松岡、お前一番最初、行け」って言われて(笑)「判りました。結構後輩いますよ?」っつって(笑)「判りました。じゃあ、いきますよ」っつって。で、ま、ジャニーさんの思い出、オレは、こんなのあったよっていう話をして。ま、今、皆さんにもアレですけど、僕、13歳の時かな、え~、リハーサルやってる時にですね、大熱を出してですね、40度近く熱出したのかな、そん時ね、ジャニーさんがね、オレをバーっと掴んでね、抱えてね、ある、とある病院まで、運んでね、救急で診て貰ったんだよね。で、すぐ点滴打ってもらって。だからそういうの、スゴい覚えてるから。オレもまだ小っちゃかったしね、150ナン㎝しかないから。でも信じらんないじゃん、180、今のオレからしたら、考えられないワケじゃない。だけどやっぱりあの、人さま、よそ様のね、あの~、子供たちを預かってるからって、ナニかあったらっていう気持ちがやっぱ、アレだったんだろうね。あまりにも、顔真っ赤にして、オカシくなってるから、どうしたの?っつって、おでこ触ったら、コレ、やべーっつって、ナンか、タクシーとか呼ぶよりも、僕が運んだ方が早いっつって、バーっつって、そん時いたマネージャーと、ナンか、え~、スタッフと、ジャニーさんで、オレを運んでくれて、オレの事、ガーッと担いで持ってってくれてね。で、その話をしたのよ。で、その話をして、え~、オレはこんな思い出がありました、じゃあ次に、あの~、僕の次、じゃあ、ご指名制って事なので、でも後輩の方が多いワケじゃない。で、後輩、あんまり、若い後輩に行くと、そっから先輩に行くのはちょっとキツイんじゃねーかなと思って、そんで、ちょっと話はズレたんだけど、ホントに可愛がってもらい、本当にお世話になった、え~、僕の大好きな大先輩、最近、しばらくお会いしてなかったんですけども、私が唯一自慢出来たのは、その方と同じ誕生日だったんですよね。だから僕はジャニーズ事務所入る前に、その先輩と同じ誕生日って事をよく誇りにして、オレ、一緒なんだよ、みたいな事を言ってたんですよ。あの~、光ゲンジ、元光ゲンジ、内海光司先輩。(笑)内海先輩、いいっすか?(笑)っつったら、「ナンでオレなんだよ⁉」っていうから(笑)「いやいや、だから(笑)同じ誕生日ですし、ね、もう、その、後輩とかから、先輩、マッチさんレベルとかまでいらっしゃるんで、キツいと思うんで、僕だったら、行けるじゃないっすか」みたいな。「おい!ナンも用意してねぇよ~」みたいなね、話も出来て。うん、ナンかホントにいいね、ま、ちょっと、しばらく時間が経ったからまた、え~、思い直してるとね、ホントにステキな会でしたね。ウチはファミリーなんだなって事を思ったしね。いい先輩たくさんいて、頼もしい後輩がたくさんいて、うん、その中に自分がいるって事をヒジョーに誇りに思いましたし、うん、ナンか、最後、やっぱり、こうやって家族葬にして、みんなを1回集めて、あぁいう事だ、こんな事だって、なかなかお話出来なかった先輩とかも、忙しくて会えなかった先輩とかもいて、そういう先輩とかとも、スゲーいろんな話出来て。うん、まぁ、そういうキッカケを最後、ジャニーさん、作ってくれたのかなって思うと、最後の最後まで、ありがとうという気持ちでしたね。ま、誕生日から、ちょっとズレましたけど、ま、そういう話があったんで、聴いて頂こうかなと思いました。

≪堅あげポテト新味海老しお味絶品≫という事でございますが、今回はファンが食べたい味1位だったらしいですけども、食べた事ありますよ。ま、一応、目の前にありまして、ちょっと行ってみましょうか。エビ塩味、もう、開けた瞬間にね、ちょっと、この、ちょっとかっぱえびせんみたいな匂いがすんだよね。この堅あげ海老しお味、ちょっと頂きますね。【ボリボリタイム】ん~!美味しいよね。ん~!!やっぱりイイね、堅あげポテト。この海老しお味も、お酒進んじゃうヤツだね~。あ、カルビーさん!今の僕の食べてる音、使ってもいいですよ。そして、もう一つあります。え~、堅あげポテト季節限定ゆず塩レモン。キュンと酸っぱい。おぉ、ま、夏なんか、いいかもわかんないですね。コレ、食べたこと無いな。じゃ、ちょっと1枚頂きますよ。ゆず塩レモン味。ん~、あ、この酸っぱさは心地いいな。ん!コッチも好きだな。もうね、堅あげはね、食感がたまんないんだよね。止まんなくなっちゃうのよ。いっつも、半分だけって思うのね、夜中。ナンか、口寂しいな、ナンか、ちょっと映画とか観てると、あ、って、ココでちょっと、一時停止して、ナンか、口寂しいなって時に、堅あげポテト。あぁ、明日もちょっと仕事早いしな、あんまり塩分取ったら、顔パンパンになっから、半分な、って思って、映画観ながら、堅あげ食べたら、まぁ、5分もしないうちに無くなるから(笑)。いろんな味が、みんなね、あって好きですけど、僕はやっぱりあの、ブラックペッパー味が好きかなぁ。うん、でも、堅あげポテトはZettai無くなんねぇだろうな。ってか、無くなって欲しくないな。その~、ま、消費者の気まぐれって事もあるんでしょうけど、やっぱりこういう商品っていうのは、え⁉ナンで無くなっちゃったの⁉っていうのも、いっぱいあんのよ。それこそ、カール。あと、森永チョコフレーク。好きだったよ。いっぱい思い出あったよ。子供の頃好きだったお菓子ってもう、無いなぁ。チョコアンパンとか好きだった(笑)。あとぬーぼー。ぬーぼーも美味しかったんだよね、ぬーぼー。メチャメチャ美味しかったんだよ。あとね、ジャイアントカプリコ。ねぇ。アレも美味しかったよね。あの食感はナンだろ?っていうね。ナンか、今がそんなにお菓子を、オヤツか、お菓子っていうよりも。でも残ってる、根強いモノって、ナンだろ、もう、定番じゃん。ま、判り易く言ったらアレですよ、ハッピーターンと歌舞伎揚げですよ。アレは無くなんないでしょ。あと、地域で売ってる限定の、まぁ、銘菓って言われてるモノなのかしらね、オレは全国で売って欲しいなっていうのが一つあるんだよね。名古屋「ゆかり」【東京でも大体のデパートには入ってるよね?】。エビ煎餅ね。アレは必ず名古屋駅で大量に買って来ます。で、みんなに配ります。あとね、東京駅にね、アレ、ナンていうの?アンテナショップっていうの?北海道のね、アンテナショップあるのよ。東京駅の、あの~、地下んトコに。2ヶ月か3ヶ月に1回、仕事で行ったりすると、帰りに寄るんだよね。で、オレはやっぱり、子供の頃食べたオヤツが一番好きで、どういうモノかっていうと、乾燥したお魚だよね。あの「こまい」っていうんだけど。氷の下の魚って書いて。それが、カッチンカッチンになってんの、乾燥されて。で、オレがガキの頃って、それをむしってさ、マヨネーズ付けて食べるんだけど、だから、「こまい」が無くなると、そのアンテナショップ行く。で、あの~、オレがお世話になった、静岡の富士にいるね、ウチのオフクロのアニキがいるんだよね。ま、そのオジちゃんも前もラジオで言ったかも知んないけど、唯一オレを可愛がってくれてた、そのオジちゃんはね、「こまい」が大好きなのよ。だから、そん時に電話して「どうした?」っていうから、「こまい、食べる?」っていうと「おぉ、こまい、送ってくれ!こまい食いたいけど、コッチ無いからな。昌宏、送ってくれ」「あぁ、判った。送っとくわ」っつって、10袋ぐらい送るのよ。ま、オジちゃんの事だから、アレ、配ってんだろうな、他にもな。あぁ。だから、そういうね、ナンていうのかな、そこでしか食べれないモノとか、うん、あとスーパー行ったら必ず買っちゃうものとかあるんだよね。むしりタラ。アレも同じよ、だから、こまいとかと同じで、乾物系のモノ。あとやっぱりホタテの貝柱の乾燥したヤツ。アレはやっぱりkioskで必ず買っちゃうね。うん、アレさえあれば、つまみに困る事は無いからね。そう、新幹線で飲むって、コレが一番幸せだから。新幹線飲みでね、一番ハッピーなアレですよ。あぁ、美味しかったです、堅あげポテト、ゆず塩レモン。これからも食べてみたいなと思います。≪時代劇出演多いが好きな戦国武将は?≫伊達政宗、やっぱ、好きですよ、僕も。僕は信長が好きだって、1回やってみたいって言って、ま、チャンスがあって、信長はやらせてもらった事はあるんですけど。じゃ、次、ナニやりたいですかって言われたら、それは伊達政宗やりたいですよ。ただ、ただですよ、伊達政宗はまだ、オレの頭の中では、渡辺謙さんなんですよ(笑)。だから、あの政宗を越える自信がねぇので(笑)、出来ないかな~。前も言ったかも知れませんけどね、土方歳三の、あの、ね、え~、土方歳三やりたい、土方歳三やりたいって言ってたら、僕と同い年のね、役者さんの山本耕史さんがおやりになったのを観て、あ、コレはムリだと。こんな上手ぇヤツいたら、無理だというのは、前も言いましたけどね。でも、そうなぁ~、でも政宗はもう、やるならもう、限界だよね⁉オレの年的に。どうなんだろうね?でも今の人たちは、そうだよね、独眼竜政宗、観てないもんね。でも頭に残ってんだよな~。渡辺謙さんのあのカッケーの(笑)。いろんな役、やってみたいのあるんですよ。ま、前も言いましたけどね、いつか、吉良上野介やりたいですけど、武将と言えばね、石田三成とかね、いろいろいますけど、ま、いいですね。

≪祭りの屋台で好きなのは?≫えーとね、ま、今だから言いますけどね、好きな屋台とかいっぱいあるんだけども、オレが二十歳、21ん時か、ある商店街で、私は、え~、屋台で焼きそばを焼いてました(笑)。なぜならね、その~、あの~、商店街がね、あの~、お祭りをやるとね、出店をやるのよ。で、いつもね、その~、お魚屋さんとかさ、八百屋のオバサンとかさ、いろんな、その、商店街のオジサンたち、オバちゃんたちがさ、オレの事、可愛がってくれたのよ。コレ、持ってきなとか、コレ、飲みなとか、ありがとう、ありがとうって、いっつも世話になってたから、じゃ、ナンか、お返しするよっつって、じゃ、祭りん時に、オレ、焼きそば焼くよ(笑)っつって、だから、ナンていうのかな、ナンとか祭りとかじゃない、ホントに、あの~、神社の縁日みたいので、商店街の人たちが手作りでキモ試し作ったりとかするヤツ。だからアレ、アレじゃない、無料だったんじゃないかな。あの、みんな子供たちに配るヤツ、うん。その焼きそばをね、2年ぐらい焼いたかな。結構な人数焼きましたよ。50人前とか。2、3時間焼いてましたからね。好きなんだろうね、元々そういうのは。だけどやっぱり子供の頃のお祭りって、一番最初に目が行く、子供が行くっていうのは、お面だったね、オレは。ナンとかマンとか、デンジマンとか、サンバルカンとか、そういうののお面。あとナンかよく判んないけど、紙を臼にしてさ、あの~、割りばしみたいにくっついて、ピョンとやるとさ、しゅるしゅる~と伸びるヤツ。あと空気入れて、ピーってナンかやるヤツとか、そんなオモチャ。でも一番ハマったのは、え~、コッチに来てから、横浜に来てから、ウチの近所にあった団地のお祭りがあったんだよ。オレ、そこで、いっつも、型抜きやってた。今の人、型抜き、知らねぇかなぁ。アレ、今考えたら、どうなんだろうな、法律的にと思うんだけどさ、ヘンな紙に入った、薄ーいラムネみたいのがあるんだよ。ご存知の方もたくさんいらっしゃるでしょうけど。若い方は知らないかも知れない。それが魚の形だったり、お花の形だったり、で、上手~くそれをね、画鋲とかね、ナンていうのかな、そういうので削って行くんだよ、型があって。で、簡単なヤツほど、安いの。例えば、それを50円で買うんだけれども、簡単なヤツは50円なの。で、上手く全部綺麗に、その型が抜けたら、そのオジちゃんが、50円くれるんだよ。で、難しいヤツは300円ぐらい。でも、その代り、それはね、飛行機とかね、スゴい難しいのよ。で、一応、ナンかね、暗黙の了解でね、あの~、やっちゃいけないルールって、舐めちゃいけない。舐めて溶かしちゃダメだよって。で、一生懸命やってんだよ、30分ぐらい。カリカリカリカリって。ホントに出来て、「オジちゃーん!」っつって「はぁ?」オジちゃん、ほら、もう、やることないからさ、競馬新聞とか観てんだよ。「オジちゃーん!出来た!」「どれどれ?」「飛行機だよ!300円でしょ?オジちゃん、上手く出来たよ」「どれどれどれどれどれ?あぁ、ダメだ、ココ、欠けてんじゃねーかよ」「欠けてねーよ!」「ほれ、ほれ、ダメだよ、コレ。コレ、欠けてるもん」Zettai、くれないのよ。Zettai、くれないの。アレはね、今考えたら、詐欺ですよ(笑)。今、考えなくても、ま、そういう時代だったんだよな。アレ、だって、正式には、アレ、いいのか?って話だもん(笑)。あと、アレはどうだったんだろうね、よく駄菓子屋にあった、じゃんけんぽんゲームっていうのがあったのよ。「じゃんけんぽん!あいこでしょ!ずこーっ」「やったね~」とかって、勝っていくと、メダル貰えるのよ。そのメダルが、その駄菓子屋で、30円分使えるとか、ナンか、そういうアレだったりするのよ。うん、だからナンか、お祭りとか、駄菓子屋では、そういうのばっか、やってたかなぁ。あと前も言ったかも知れないけど、オレは駄菓子屋常連だったから、よく団地の駄菓子屋は行ってたね。で、あの、ツケがきいたから(笑)。あとね、その、前も言ったけど、その~、団地ってね、狭いのよ。で、駄菓子屋のオバはんとかも、やることねーんだよ、もう。ガキしかいねぇし。で、その、近所のオバはんも2、3人集まってさ、お茶飲んで、だべってんだよね、オバちゃんたちも、あーだこーだと。で、またそこにオレみたいな調子いいガキが来てさ、「あぁ、オバちゃん」「ナニ、どうした?」「アレだね、何号棟のナニナニのオジちゃんと、ドコドコのオバちゃん、一緒に歩いてたね」とかって「ナニ?それ!ナニそれ!」とかってもう(笑)ほら、もう、ネタが無いもんだから、「ナンで、その2人が歩いてるの⁉」みたいな事になると、もう、ちょっとしたワイドショーなのよ。スクープなのよ。したら「ナンか、アレ、アレじゃないの?さっき一緒に行ってたよ、いたよ」とかって言うと「ナニナニナニ?それ!」って。「いいよ、ソーダ飲みなさい、ソーダ飲みなさい」とかって(笑)お菓子くれたり、ソーダ飲ませてするの(笑)。そのナンか、街のちょっとしたね、だから、オレ、パパラッチみたいな事、やってたね、昔(笑)。そうなのよ!(笑)だから、オレ、あの~、あぁいうのは、オレ、撮られても、あんま、文句言えねーんだ(笑)昔、同じような事、やってたから(笑)。そうなんですよ。そんな事もありましたよ。ね、皆さんもね、お祭りとか、楽しいと思うんで、是非、ナンかあったら、どんどん送って頂きたいと思います。

Nack5で松岡昌宏がお送りしていますTOKIO WALKER。ココからは番組のコーナー「初めてのドキドキ」。≪好きな女の子に初ラブレター。ラブレター渡した事ある?≫無いです。ナンか、そういう事、出来なかったかな、その、ナンだろ、文通とかも、手紙とかも恥ずかしくて、出来なかった。女子がやるもの、みたいなのがあったのかな、オレの中では。ラブレターは、女子が渡すもんでしょ?みたいな。勝手に。今はきっと、そんな事は無いんだろうけどね。今はほら、LINEとかいろいろあるから。でも手紙を女子に渡すって事は無かったなぁ。そんな、小学校ん時とかなんて、好きですとかも言えなかったしね。初めて、だって、その、告白して玉砕したのが中2だからね。Sさんね、えぇ(笑)そうですよ、そういう事ですよ。≪バス移動中の入国審査が初めてでドキドキ≫(笑)ドキドキするよね~。オレ、あの、よくね、その、友達がね、オレとあの、皆さん、ご存知、佐々木主浩、大魔神ね、の、同じ仲間がね、あの~、サイパンにいたのよ。で、よく、オレ、だから、サイパンに遊びに行ってたのね、休みもらったら。20代の頃とか。結構行ってたのよ。で、もう、その友達のトコに、服とかもいっぱいあったのよ、Tシャツ買っておいたりとかして。だから、荷物いらないのよ、3泊4日とかで行くから。だから(笑)オレ(笑)、その、サイパン着いて、荷物は?っつったら、それこそ、ナンて言うの?ポシェットみたいの1コで、コレだけっつって(笑)、そこにお財布とパスポートしか、入ってないのよ。服とかどうしてんだ?っていうから、いや、置いてあるから、みたいな。友達んトコにあるっつって、そうすると荷物がねぇから、怪しいって言われて、別室に呼ばれるのよ(笑)。それがメンドくさくて、ナンで、オレ、別室に呼ばれるんだろ?って言ったら、あたりめーだよ!そんな恰好で(笑)お前、Tシャツとね、短パンとね、小っちゃいポシェット1個で、ひょこひょこやって来たら、お前、近所の駅じゃねーんだから、って言われて(笑)。一応、国際空港なんだよ、ココ!って言われて、だから、それで荷物、わざわざ持つようになったの、別に荷物ないのに。そう、そんな思い出。だから、その頃まだ、ゴルフやってなかったから、ゴルフやるようになってから、ゴルフバッグあるから、ゴルフで来たっていうと、OKってやってもらうんだけど、それまで、スゲーメンドくさかったの、覚えてますよ。

Nack5で松岡昌宏がお送りしていますTOKIO WALKERでございますが。【略】前もちょっと言ったけど、まぁ、ダジャレって、面白くなる時が来るんだね~。ダジャレばっか言ってる、最近(笑)。城島さんの事、言えないですよ、ワタクシも。

さぁ、いかがだったでしょうか、本日のTOKIO WALKER。皆さん、お盆、どう過ごされたんですかね。ま、是非、そんな事も送って頂きたいと思います。【宛先告知略】ワタクシ松岡とは来週日曜日、朝7時にお会いしましょう。今日も素敵な一日、お過ごしください。お相手は松岡昌宏でした~。バイバイ!

どーも!TOKIOの国分太一です。さぁ、学生の皆さんの夏休みも残り少なくなって来ましてですね、まだ宿題全然やってなーいとか、夏らしい事していないとか、焦ってる人もいるかも知れませんけども、え~、ウチのスタッフにですね、夏らしい事しましたか?とか、もしくは、これからする予定ありますか?って訊いたんですよ。そしたらですね、え~、ウチのマネージャーでいいますと、由比ヶ浜の海水浴場に男友達5人で行ったと。まぁ、足なんか、物スゴく日焼けしてましたけどね。そしてディレクター:エアコン掃除、いろいろな店で冷やし中華の食べ比べ。絞り出しましたね~、コレね。ナンか無かったかな、みたいなね。で、ミキサーさんと作家のイデさんが、ビアガーデン。コレはナンか、夏っぽくっていいですよね。で、女性スタッフの方:観葉植物の植え替え。コレも絞り出しましたね、えぇ。そして、永田くん、作家の永田くんですけどもね、すっぴんバーへ行ったという事で。コレも、この前とは違うお店だったという事で、ナンか、アレですか、その、お化けみたいな、その、感じがしたって事なんですか?この、すっぴんバーへ行ったっていうのは?(笑)そういう事じゃなくて?どうでしたか?ヨカッタですか。どのぐらいいたんですか?【1時間ぐらい】あぁ。どうですか、今年の夏、まだ行きますか?【多分行くんじゃないっすかね】それでは今週の1曲めに参りたいと思います。

え~、あらためまして、TOKIOの国分太一です。え~、オープニングでね、夏らしい事をテーマに、話してきましたけれどもね、ワタクシは全力で今年の夏も楽しんでおりますよ。まぁ、毎年の事ではありますけどもね。え~、今年も畑、夏野菜を育ててみたり、今年はスイカが出来ませんでした。えーと、周りにもね、たくさん、家庭菜園をしている人たちがいるので、その人たちにも、スイカ出来ました?って訊いたら、どの場所でも、今年はスイカが出来なかった。ナンでなんだろうという事で、え~、ま、先生なんかにもちょっと、話を聴いて。専門家の方がね、そこにもいたりするんで。聴いたら、やっぱり日照不足。7月、梅雨が長引いたじゃないですか。ま、アレが多分、原因じゃないかなぁ、なんていうような。え~、ココ数年ね、え~、味はともかく、必ず実になってたですけれども、初めて出来なかったってね、残念な結果ではありますけども。ただね、トウモロコシが今年、スゴく上手く行って、美味しくね、食べる事が出来ました。え~、まぁね、そろそろもう、秋野菜の準備に入りますからね、え~、夏のキュウリなんかも、疲れ切って来ましたし、トマトなんかもね、味も若干衰えて来ましたからね、そろそろ秋の準備に入らないといけないなぁと、思いますけどもね。ま、この野菜もそうなんですが、え~、コレも毎年恒例になりましたかね、私たち、隅田川の花火大会に、もう3年か4年ぐらい連続で行けるようになったのかな。え~、隅田川の、沿いにですね、ワタクシの知り合いが、の家がありまして、その家から観る事が出来てるんですけどもね。え~、今年もですね、15時半ぐらいまでに、来てくれと。じゃないと、交通規制が掛かってしまい、通行止めになるから、早く来てくださいって言われて、行って、で、花火、打ち上げ開始が19時。じゃ、その間、ナニするの?疑問、わきますよね?飲むだけなんっすよ。飲むじゃないですか。飲むと、19時、開始早々にもう、眠くなるっていうね(笑)。呑兵衛の集まりだったりするので。でもやっぱりね~、綺麗ですね。ほっんとに、目の前で上がるんですよ。目の前で上がる、ま、都会の花火大会っていうのは、じゃ、ナニが魅力的なのかって言いますと、ビルの、ビルとビルの間から花火が、大きな花火がドカーン!ってね、うーん、上がる、その、ナンていうんだろう、ギャップ?うん、この人工的な場所に上がる花火というのが、とても綺麗ですし、僕らが観てる所っていうのは、花火の後ろにスカイツリーが見えたりとかしてね、ナンか、幻想的で、やっぱ、写真撮りたくなったりしますよね。ただこれ、街中であげられるのと、え~、川で上げる、…ん?あ、そうか、隅田川もそうか。ナンかあんだよね、規定が。あの~、街中で上げられる花火の大きさが決まってたりとか、うん、だからやっぱり、ちょっとこう、都会から離れた所の花火大会の方が、場所によっては花火の大きさが全然違う。もっと大きい花火が上がってる。そっちもね、魅力を感じますけれども。花火大会ってさ、このまま終わらなきゃいいなぁとか、2時間ぐらいやってくれないかなとも思ったりするじゃないですか。でも、アレだけバンバン上げてたら、1時間が限界ですよね。やっぱお金かかるもんね~。でもまぁなんか、僕の所では、音楽が掛かってたりとかしなかったんですけども、近くへ行ったらね、音楽と合せてね、え~、打ち上げ花火が上がってる音とか、聴こえたりするんでしょうね。まぁ、この隅田川花火大会の前日、前々日ぐらいにもう、台風が来るって言ってて、中止になるかも知れないと言われてましたけどね、ま、若干の風の影響はありましたけども、スゴく綺麗に観る事が出来ましたね。さぁ、そして、まだまだ続きます、私の夏は。え~、キャンプ!2泊3日!行って参りました~♪コレね、ワタクシ、あの~、2泊3日するの、初めてなんですけども、やっぱ1泊よりは楽しめたかなぁ~。大変な事もいっぱいあります。2泊3日になったら、その分、1泊目の夜ご飯、で、2日目の朝昼晩、そしてえーと3日目の朝ご飯。ま、これ、食材用意しなきゃいけないワケですよね。もうクーラーボックスもかなり持って行かなきゃいけない、で、前も言ったかも知れませんけども、3ファミリーで行ったので、それだけ人も多いワケですよね。で、荷物が自分の車では載らないという事でね、レンタカーを借りて行くワケですけどもね、レンタカー、最高でしたね。もうね、いくらでも載るワケですよ。で、いくらでも載ると、今までだったら、自分の車で、わぁ、もう、コレも載らないかぁって言いながら、こう、ゲンセイして持って行ったんですね、厳選して。でも、レンタカー、デカいから、アレ?コレも載るの⁉あ、じゃあ、コレも載るの?!っつって、もう、いっぱい乗っけちゃったんですよ。コレ、撤収がメンドくさい!コレは今後の課題にはなりましたけどもね。2泊3日行って、まぁ、アレが足りなかった、コレが足りなかったっていうのもありましたけども、ま、それもまたね、課題が見つかる楽しさ。次はじゃあ、完璧なキャンプを目指すぞー!ってね、考えたりしますけど、今年、今回はですね、子供たちも多かったから、久し振りに飯盒で、米を炊いたんですよ。大人だけだとさ、もう、言ったら、夜飲むだけだから、まぁ、米はいいだろ、ナンて話も多かったんですけども、お米を炊きましてですね、やっぱいいですね~、あの~、蓋がね、こう、熱くなってくると、浮いて来たりするからね、そこにある石を乗っけるワケですよ【ナンで小声になってくんだ⁉】。石を乗っけてるオレ、カッコいい~、みたいなね。そんな事に酔いながら、はい。でもね、え~、スイカを川で冷やして、んで、スイカ割りやったりとかね、花火た、花火、え~、そこはね、打ち上げ花火が禁止だったんで、あの~、手で持つ花火をですね、子供たちとやったりですね、しまいには、ミヤマクワガタが、あの、テントの中に、お客さんとして飛んできたんですね。うん、あそこのテントはいいなぁ~ナンつって、入って来たんでしょうね。で、それを獲って、子供たちに見せたりとかしていて。満喫でしょ⁉コレ。もう、一番、僕らの、僕のエピソードが井上陽水さんの少年時代が一番似合うエピソードでしょ?それまでのエピソードが、まぁ、ヒドかったですよね~。エアコン掃除、いろいろな店で冷やし中華の食べ比べ、寂しいですね~。観葉植物の植え替え。寂しいですね~。振り絞ってる。すっぴんバー!すっぴんバーなんて、夏じゃなくも行ける話ですからね。いやいやいや、ねぇ、それこそ、もうそろそろですよ、残り少ない夏になって来ましたからね。皆さん、まだまだ時間はあります。夏を満喫してください。

【見事なオジサン】
≪店の壁に趣味で撮った写真を飾り、それに触れると自慢話になる≫
あぁ、まぁね、それだけ、自信があるし、そこに知識があるもんだから、「アレ?コレ、ご主人が撮ったんですか?」って言ったらもう、「え?そこ、訊く?」みたいな。ね、判るような気、します、オレもそういうタイプだな。

≪新しいお店に興味を持たなくなる≫
確かに。美味しいお店もいいんだけれども、お店を選ぶ第一条件が、居心地なんだよね、オジサン達っていうのはね。うん、味、よく判んないからさ、オジサン達っていうのは。大体、枝豆があればOKだからさ、オジサン達っていうのは(笑)。うん、だから、居心地を選んじゃうんだよね~、それはそれでいいと思いますよ。それは興味ありますよ、タピオカミルクティーに。タピオカミルクティーに興味はあるけれども、オジサンとして、アレのドコが美味しいんだよ、っていうのも、オジサンの役目でもあるんですよ。そうそう、役割もあるワケですよ。ホントは食べたいんだよ、心ン中で、並びたいな~って。でもオジサンだから、無理だ!って思った時に、「ドコが美味しいんだよ~」にまわるワケですよ。役です。

【ラジオネーム読むのに苦戦】(笑)もう、ょと、ゅが、読めなくなってきた(笑)。
≪お店で働く女性と仲良くなろうと話がち≫
…え?お店等で働いてる女の子がいたら…お店等で働いてる女の子って、どういう意味ですか?すっぴんバーみたいな?あぁ、なるほど、なるほど、なるほど。あぁ、そうか、そうか、普通の居酒屋さんでも、女性だったらって事?あぁ、仲良くなろうと…あぁ、仲良く、仲良くなろうと、なのかなぁ?うん、でも、ナンだろね、あの~、やっぱりさ、注文いいですか?って言われた時、やっぱ、オジサンは、あの~、女性の方がいいんだよね(笑)。そうすると、その子が「この料理の中でナニが一番好きなんだい?」っていう事も聴きたかったりするね。それは仲良くする為、仲良くなろうとっていうワケじゃないんだけれども、完全に調子に乗ってるってだけですよね。

≪武田鉄矢が言うような、どうでもいいようなウンチクガ好き≫
いやいや、コレはちょっと大変ですよ。よくよく言ってるとコレ、武田鉄矢さんをdisっちゃってるような感じになっちゃって。どうでもよくないですよね。ま、ウンチクって人によっては、どうでもよく聴こえるかもしれないですけど、その人によっては、へ~と思う情報、たくさんあるワケじゃないですか。それはね、素晴らしいなと思いますよ。ウンチク、ね、どれをウンチクっていうんだろうね。僕ね、あの~、延暦寺、あるじゃないですか、高野山の。あそこに行った時にさ、え~、一度も火を絶やしていない灯りっていうのがあるんですよ、うん。…アレ?延暦寺じゃないね?比叡山です、スミマセン。比叡山、比叡山の延暦寺ですね、うん。比叡山の延暦寺、一度も絶やすことなく、着き続いてる光っていうのがあるんですよね。灯り。それはどういう事かっていうと、襲われた時期もあるんですって、戦国時代に。それでも、え~、ま、みんなで、その火を守ったっていう、で、そこは撮影も禁止なんですよ。その火を映す事も出来ないんですけど、そこで、生まれた言葉っていうのが、油断。油断ってあるでしょ?油を断つっていう。うん、そこで生まれた言葉なんですって。油を断ってしまう、油断してしまうと、油を断ってしまうっていう事もあって、あの言葉が使われている。ね、どうだい?(笑)こういう事ですか?ウンチク、みたいのは。ね、今の、へ~って思った人もいれば、んだよ、それ!って言ってる人もいるっていうね。ナンですかーっ⁉(笑)

【未来研】
≪洗顔・髭剃り・朝食・歯磨き・うがいを全てやってくれるお面≫
お面(笑)そこだけ古風になっちゃった(笑)お面付ければ、洗顔・髭剃りも、朝ご飯も、歯磨きもうがいもって、結構15分以内って大変だよね?もう、ご飯に関しましては、口の中にグイグイ突っ込まれるんだろうね(笑)。「あと2分!あと2分」っつって。スゴいね。これが移動出来たら最高だよね。みんな、だから、朝のラッシュ時、そのお面を被って、電車に乗ってるっていう。いいっすね、コレね。

≪会話中に思い出せなくて、アレという度にポイントが貯まり、相手の頭の上にヒントが出る≫
(笑)いやいや、だったら、答えを出してくれよ。ヒント、アレのヒント。この近くにありますとか(笑)。いいっすね、コレね。でももう、ヘタしたら、その、アレというワードをさ、自分の近くにAI搭載されたりとかしていてさ、毎回、アレっていう度に答えが一緒だったりすると、アレって言った瞬間に、何個か答えがこう、出てきたりとかするんだろうね。助かるね、コレが出来たら、ホント助かると思うわ。

≪メガネに相手の顔認証される≫
うわ、コレ、欲しいね~。相手に見えないようになってるのね。うわ、最高。やっぱりさ、あの~、仕事は1回しかしてないんだけれども、「あの~、太一さん、20年ぶりですよ」って言われた瞬間にさ、「あぁ、そう、もう、そんなに経ちましたっけ~⁉」って言う事が限界だったりするワケですよ。向こうはヒントを与えてくれてるのよ、20年前と。「アレ?20年前?アレ、ナンでしたっけ?」っていうね。こっちから言うと。「アレ、ナンのや、ナンの仕事でしたっけ?」っつって。で、向こうが「ナニナニですよ、ドラマのあの、ナニナニのドラマやってる時」「あぁ!そっかぁ~、アレ、もう、そうですかぁ」って。「懐かしいですね」って、もう、全然、その人の名前が出て来ないのね。うん、それは助かるね、このメガネ欲しいなぁ。いくらでも出すね。コレ、出たら。

≪芸能界に定年制≫
あぁ、なるほど。若い人もちょっと観たいっていう事だったりとか。そうなんだよね~、コレね~。僕らナンかさぁ、えーと、ご年配の人たちにしてみたら、まだちょっと、新人に観られてるとこ、あるじゃないっすかね【そうかぁ?】。ま、助かりますよね、ある意味ね。でももう、45ですからね、今年で。

【説明川柳】
≪まや天の真矢ミキさん:はじめ我慢 最後我慢できずに 踊っちゃう≫
(笑)ちゃうちゃうちゃう(笑)我慢してません、アレは。アレはって言ったらオカシイですけど。我慢出来ないっ!っつって、最後、踊ってるワケじゃないっすよ。あぁいう、コーナーとして、最後、ちょっと踊って、楽しく終わりますよっていう事なので、最後、我慢出来ずに踊ってるワケじゃないですからね、皆さん、ちょっと、解釈の仕方を間違えてますけどね。


さて、今週もそろそろお別れの時間ですが、ココでお知らせです。熱い時はムリせず、え~休憩をとりましょう!【略】さぁ、今日はオープニングからずっと話をしています、そのね、夏のやって来た事。夏らしいことをしましたか?という話ですけどもね、それで一つ、思い出したんですけど、夏らしいという事というよりかは、ま、夏になったらビール、増えるじゃないですか。大人になってくると、やっぱり、夏とビールと枝豆って合いますよね。で、僕もビール派だったんですけども、ナンかね、それまで、苦手だったハイボールが、今年の夏から飲めるようになったんですよ。ビールよりもさっぱり飲めるように感じてきて、もちろん、ビールも好きなんですけれども、で、夏って、ナンか、シュワシュワなモノが欲しかったりするじゃないですか。それがキッカケでですかね、ハイボールも美味しく感じるようになっちゃって、また一つ、大人になったようなきがしますね。(笑)もう十分だという感じは伝わってきましたけどもね、今の空気でね。皆さんもね、残り少なくなってきました、この夏をですね、いろいろエンジョイしてもらってね、自分の発見、見つけてもらいたいなと思います!それじゃあ、今週はこのへゃん、このヘンで!お相手はTOKIOの国分太一でした~。バイバイ!
8月11日日曜日。時刻は7時を過ぎました。おはようございます、TOKIO松岡昌宏です。さて、本日11日は山の日という事で、2016年から国民の祝日として決まったという事なんですね。ま、もう夏休み、でも、お盆でね、え~、ま、これからね、山登り、いろんな事をされる方も多いと思うんですけども。まぁ、やっぱり梅雨明けてから、急に暑くなったしね、ま、台風もボンボン来るし、まぁ、そんな中ですよ、ま、約1週間経ちますけども、まだ興奮が覚めやらない。5日ですか。全英女子オープン。渋野選手二十歳。ナンと42年ぶりに日本人がメジャーで優勝と。ずっと観てましたよ。もう、スゴかったなぁ~、あのメンタルの強さっていうのは。もう、実況解説の方もおっしゃってたけど、やっぱり新人類ですねって言ってるんですけど、新人類という言葉で、一言で片付ける事でもない気がして。きっと彼女が持った、生まれ持った天性のモノなんでしょうね。もう、オレ、ビックリしたよ。おにぎり2個食べてたでしょ?そんで前のプレーヤーがやってる時、選手は待たなきゃいけないんですよ、グリーンが空かなかったりするんで。その時に、おもむろにさ、「タラタラしてんじゃねーよ」食べ出したでしょ?駄菓子、おつまみみたいな(笑)。それをカメラの前でニコニコしながら食べてる姿を観て、アレ作ってるお菓子の会社の社長、大喜びしたろうね(笑)。しかも(笑)ちょっと待ってる時にさ、「タラタラしてんじゃねーよ」食うから、ナンか意味が付いちゃう気もしてさ。美味しそうに食べんのよ。で、キャディーさんとも、スゴいいい感じで仲良くして、で、緊張はしないのかなぁと思ったら、やっぱ、前半は少し緊張しましたけど、後半はそうでもなかったですね、みたいな事を、あっけらかーんとして、ニッコニコニコニコ、スマイルシンデレラですか、ね、シンデレラスマイルですか(笑)ナンか、スゴいいい笑顔で。ホントにみんながみんな、スゴい強かったから、よくあの18番の最後で、あの上からのパットを入れる事が出来たなぁっていう。でも本人言ってたけど、スゴいなぁと思ったのは、もうバーディで勝つか、3パットでした(笑)っていう、この、ナンて言うのかな、潔さ。いや、でも、これからオリンピックもありますし、ま、ゴルフだけじゃなくて、やっぱ、いろんな競技でいろんな若いプレーヤーの人たちが、いろんなプレーでオレたちを感動させてくれると思うんだけど、やっぱりあぁいう、ナンだろうなぁ、もちろんプロとしてキチッとしなきゃいけない人もいるんだろうけど、ナンかその緊張感だけじゃなくて、本当に楽しいんだよっていうモノを全身で表現出来てプレー出来るって、なかなか、ゴルフじゃ難しかったと思うんですよ。うん、だからその、明るく過ぎても、みたいなトコあると思うんだけども、僕はやっぱりね、あの~、ガチガチになってプレーすることも、緊張感も大事なんだけど、でもやっぱり、ギャラリーの人たちとハイタッチをニコニコして、で、打つ時のやっぱ表情がキュッと変わる、そこに彼女のね、スゴさを、まぁ、いろんな人が、いろんな事を、もちろん、言ってるんですけど、だって、僕らだって優勝すると思ってませんでしたし、正直、だって、予選通過が(笑)目標なんて言ってて、まさか優勝なんて事は、いや、でもいいですね。ホントに、実況解説のお二方も言ってましたね。こういう風に実況と解説させてもらうことはありがとう、有難く思うと。ホントにステキな経験させてもらいました、どうもありがとう、なんて、またそのコメントもカッコいいな、みたいな。実況解説出来た事を幸せに思いますなんてね。いやぁ、素敵なもん、見さしてもらいましたよ。やっぱり暗いニュースとかもちょこちょこある中で、こういった明るいニュースがスゴくやっぱり、嬉しくなりますよね。え~、是非、渋野選手、これからまだまだ、二十歳ですからね、えぇ、でも、横峯さくらさんも頑張ってましたよね。だから、そういうトコで、みんな、勇気もらってると思いますよ。これからも頑張って頂きたいと思います。

つい先日ね、先日、ま、2週間ぐらい前か、前々からやろうやろうと計画を立てていた、やらせてもらってる番組、居酒屋番組ですね、「二軒目どうする」で、だいたい、いつもスタッフの人たちも忙しいんですよ。あの~、スタッフも。で、みんなちょっと大変だから、たまには日曜日、ちょっと家族サービスとか、みんなした方がいいんじゃないの?って、その、打ち上げん中で、そんな話になり、じゃあ、大吉先生に、BBQでもやりますか?!っつって(笑)、あ、いいっすね、みたいな事になり、「二軒目どうする」のBBQ大会をやったのよ。ね、で、ま、スタッフの子供とか奥さんとか、ね、おつまみさんもみんな来てくれて、で、結構子供だけでも、だから、スタッフさんの子供だけで5人ぐらいいたのかな?うん、で、全部で大人交えて20人ぐらいで、とある場所でやったワケなんですけどね。それにあたって、その、買い出しに行かなきゃいけなくて。で、オレの知り合いが、ナンて言うのか、その、敷地内でBBQ出来る場所があって、そこでいつもBBQをやってるんですけども、じゃあそこの場所、今回も貸して頂きますかっつって、どうぞどうぞっつって。で、そこスゴく面白いトコでね、そこの、あの~、マンションのオーナーさんとかもね、超強力的で片付けとか手伝ってくれたり(笑)とかする人なんだけど。で、そこでやらせてもらうことになり、オレの仲間に、二軒目の人間とかみんな来るから、じゃあ、オレ、買い出し行くから、一緒に買い出し手伝ってよって言ったら、いいよって言ってくれて。で、その人は、オレの6つ上なんだけどさ、コストコのメンバーなのよ。アレって、だから、一人メンバーさんいたら買えるんだよね。ついに松岡、コストコデビューっすよ。オレさぁ、知らなかったんだけど、コストコって食べ物だけじゃないのね。いや、もちろん、洗剤とか、そういうのが売ってるのは聴いてはいたんだけど、ナニ、小屋とかさ、あと、ジャグジー、あの~、ビニールで膨らませるような。十何万で売ってるのよ。で、大人が4、5人入れるぐらいの、あの~、ジャグジー。だから、スゴいいいビニールプールみたいなモンだよね、硬いヤツ。一瞬、それ、迷ったんだよね。でも、それ、ドコで使う?みたいな話になり、でも、子供達がいるから、ビニールプールの大きいの買って、水溜めておいたら喜ぶんじゃねーかな、みたいな事を、でも、まぁ、ドコまで子供たちが喜ぶかの温度差もね、あるから、ま、今回は、とりあえず、様子を観ようと。第1回だし。で、子供たちもどれくらい喜ぶか、判らないから、ま、いつものほら、ジャンプさんと倉嶋姐さんと朝井さんは大喜びしてるんだけど、その、子供たちはどんな感じなのか、みたいなさ。ね、ジャンプさんの子供とかも来てるから。で、いろんなモノをコストコで観て。洗剤とコーヒーとかオリーブオイルとかの量に、オレ、ビックリしちゃって。スゲー、でも、コレ、大家族だったらご機嫌だねって。Zettai、もう、いっぱい買い物して、冷蔵庫とか冷凍庫に保存しておけば、一ヶ月分ぐらい、食糧買えちゃうもんねって。それと、腕時計とかも売ってんのね、今。フランクミューラーとかローレックスとか。え、コストコって、そんなのも売ってんの?みたいな。ナンか貴金属とかも。スゲーなぁって。で、その、広いショッピングモールじゃない。そのショッピングモールをずーっと歩いててさ、で、レジで並んでたんですよ。いろいろ買って、オレ、ナンか、スゴいやっぱ、買いすぎるってオレ、友達に言われて。いや、そんないらないよって、言われて。でも足りないの、イヤじゃないって言ったら、いやいやいや、こんだけ買えば、Zettai足りると。エビ買って、ホタテも買って、ウィンナーに、鶏に豚に牛のヤツも買って、で、野菜も買ってるし、他に食べるモノもあるから、Zettai大丈夫って言われて。あぁそうなんだって。「このステーキ肉とかって、子供達喜ばないかな?」とかって、また持って行くと、その友達に、「Zettai要らないから、それ」って言われて(笑)「そんなの、Zettai食えないから、そんなデカいの」とかって、「観てごらんよ、1.5kgだよ、そのステーキ」って(笑)、「でも、みんなでやったらアレなんじゃない」「もう肉だけで5、6kgあるよ、今」って言われて「あ、そうなんだ」っつって(笑)あの、子供のように、その人んトコ持ってって、その人もね、あの~、オレの6コ上の人もね、一応、北海道出身なのよ。でね、オレが、コレは!って持ってく度に、「それ、要らない」って言われて、あの~、まるで子供が親に「コレ、ちょうだい」って「戻して来なさい」って言われるのと同じ(笑)状態になってるっていう事が起きて。で、レジんトコで並んでたのよ。レジんトコ、スゴい、結構、いっぱい並ぶんだけど、コストコのレジの方ってスゴいプロフェッショナルだから、手際がメチャメチャいいのね。で、あっという間に、自分達の番。だから、スゴい、ん、十何組ぐらい並んでんのに、10分ぐらい、15分ぐらい?もう通り抜けられる、たんだけど、その、あと2つぐらいっていう時に、オレ、立って待ってたら、後ろから、オレの耳元で、いきなり「松兄ぃ、おはようございます」とかって言うの。えっ、誰?この人?とかって思って(笑)全然判んないし、誰、誰なんだろうって、サングラスしてるし、帽子被ってっから、「はぁ?」とかって(笑)言ったら(笑)そいつ、サングラスと帽子外して「あ、橋本です」っつって(笑)あの、A.B.C.-Zの橋本がいたの(笑)。「お前、ナニしてんの⁉」っつったら、「ナンか、友達と買い出しに来て」って、「お前、おんなじ事、してんじゃん、オレと」って(笑)アイツもBBQかナンかだったのかな。(笑)ナンか知らねーんだけど。(笑)まさか、初コストコで、後輩に会うとは思わなかったね(笑)。まぁ、そんな事があり、え~、ま、ちょっと楽しんでBBQさせてもらったんですけど。まぁBBQはちょっと、1曲聴いてもらってから、え~、ちょっと話しましょう。リクエスト来てますね。≪相川七瀬「夢見る少女じゃいられない」≫僕も久々に相川七瀬さんにお会いして、スゴい、楽しいお話させてもらいましたけどね。相変わらず素敵な方でした。ね、やっぱ、さすが、一流の(笑)プレーヤーは違いなって【マボの言った通りに表記】(笑)、思いましたね。

そう、そして、その次の日に、まぁ、BBQ、え~、実行されるワケですけども、ナニせですね、くそ暑かったんですよ。30何度あって。でね、12時スタートなんだけど、それこそほら、椅子並べたり、火起こしたり、エビを串に刺したり、肉をやったり、もう、ナンだで、結局9時ぐらいから、オレと、その6コ上のNさんのトコ行って、そのNさんの子供も手伝ってくれて、もう汗だくになりながら、仕込みをしたんですよ。で、12時ぐらいから、続々とスタッフが現れて。ヨカッタよ、倉嶋姐さん、オレまたてっきり、あの、いつものスカートにジャケット姿で(笑)現れるんじゃねーかと思ったら、ちゃんとワンピース(笑)みたいの着てたから、麦わら帽子被って。あ、一応BBQ仕様なんだね(笑)姐さんっつって(笑)。そう、それでまぁ、和気あいあいと始まったワケですよ。ディレクターとか、プロデューサーとか、その子供達もいっぱい来て。で、大吉先生のマネージャーの子供とかも来て。もうね、最初はね、人見知り、あと場所見知りかな、っていうのもすんだけど、やっぱ、子供ってスゲーなと思ったのがね、ものの30分もしたら、もうナンかワイワイ遊び出してんのよ、5人ぐらいで、いろんなことして。で、「おじちゃん!エビ焼いて!」って言われるのね(笑)。したら、ウチのスタッフの、ディレクターが「お兄さんでしょ!」って言うから、「別に、オジサンだよ!」っつって。「いいよ、別に、おじさんだし」っつって(笑)。「オジサン、エビ焼いてよ」っていうから、「よし、判った。エビ、ちょっと待ってくれ」って、オレ、ずーっと焼いてたの、一生懸命、子供たちに。で、オレがどうしても、子供達にはスイカ割をさせた方がいいんじゃねーかって(笑)オレが言いだして(笑)、スイカを急遽買ってきて、で、あの~、近所に道場みたいのがあるのね。オレ、そこのオジサン知ってて、木刀一本貸してって。で、「いいよ、ナニやるの?」「スイカ割」「あぁ、じゃあ、この外で使ってるヤツあるから、コッチ持って行きなよ」っつって、竹刀の方、貸してくれたの。あの~、それでも全然いいから、当たったら、ほら、全部割れちゃうと、食えなくなるから、子供全員(笑)やってもらわなきゃならないから、小っちゃい竹刀があるのよ、子供用の。それでいいやっつって、それ借りて、で、みんなでスイカ割りをぐるぐるぐるぐるやって、一応全員、スイカ割してもらって、で、スイカをムシャムシャ食べてたのね。で、そこで、そこのNさんの奥さんが、スイカを冷やすのに、ビニールプールの小っちゃいのって、判るかな?ホントね、50㎝ぐらい。直径50㎝ぐらいの、自分の手で輪っか作ったぐらいのね、ビニールプールみたいのがあんのよ。で、そこに水を入れて、保冷剤入れて、そこにスイカを冷やしておこうって、冷やしておいたの。で、スイカ割が終わって、その50㎝のプール…プールじゃねぇな、もうアレは。桶!ビニールプールの素材なんだけど。そこで、いきなり、加藤ジャンプさんの子供が遊びだしたの。足、入れて。そしたら、ここぞとばかりに、その50㎝のプールに、みんな足、入れだしたの。そんで、そこに水、じゃんじゃん、入れて、一人ずつ順番に入ろうって事になって、結局、みんなもう、べしゃべしゃなのよ。じゃんじゃん入って。で「オジちゃんも入る?一緒に」って、オレも入ったりとかして。で、結論。来年はビニールプールを買おうって事になりまして(笑)、「やっぱり必要だな!ビニールプール!」って(笑)。やっぱり2mぐらいのビニールプール買うべ!っつって。ビニールプールだと、そんなに高くないし、あ、コレ、来年はビニールプール必要だねって、話になって(笑)。でもナンか、面白かったよ、みんなでダーッと、あの~、かいた汗を、そのプールで流しながら、でももうね、10分、15分もしたら、乾いちゃうんだよ。だから、ちょうどいい感じでね、やって、で、まぁ、子供たちもお腹いっぱいになって、ナンか、ナンか、そのナンていうのかな、普段はお仕事でやってる、まぁね、プロデューサー、ディレクターさん、ま、いろんなスタッフ、マネージャーさんとか、いっぱいいるワケじゃない、進行してくれる人とか。で、その人たちはみんな、父親の顔があったり、母親の顔があったりするんだけど、そういう時は、ちょっと、ナンていうの、あの~、ホントに仕事の顔は一切出さずに、お父さん、お母さんの顔になってるスタッフさんの顔観るとね、あ、やっぱ、いいもんだね~って。で、意外にイケイケのディレクターが、奥さんにはぺこぺこ、みたいな事もあり、あぁ、ココはかかあ天下か、みたいな。で、娘が居て、娘に怒られてるお父さんがいて。「だからダメなんだよ、お父さん」「いやいや、ゴメン、ゴメン」みたいな。あぁ、いいなぁ、みんな、こういう、お父さん、お母さん、してんだなぁ、みたいなモノが垣間見れて。ホント楽しかったです、みたいな事を、みんなからメールもらって、次の日。で、ま、年に1回はちょっとやろうねっつって、あの~「二軒目どうする」っていうのは、大人が観る、ね、土曜日の夜やってる、大人の居酒屋番組なんだけれども、それを作ってるスタッフや関係者の人たちの家族に、その~、普段、お父さん頑張ってんだぞー、みたいなモノも、ナンだろうな、ちょっと、威厳が出るのよ。一応、ほら、オジちゃんって呼ばれながらも、一応、TOKIOのオジちゃんじゃん。それとあの~(笑)大吉先生じゃん。だから、その、大吉先生とオレが、モノとか焼いて、ナンか、お父さんとかに渡してる姿を観ると、意外にちょっとね、子供たちはね、おぉーみたいになってんのよ(笑)。で、みんな、写真撮ったりとかして。うん、ナンかそういう、オレも子供の頃、そうだったんだけどね、ちょっとした、つまんない事の、つまんない事っていうか、ちょっとした、そういう事の思い出ってね、子供の頃、経験すると、意外に覚えてんだよね。で、ナンか、段々話デカくなってきて、来年はちょっと、キャンプ場で1泊するか、みたいな(笑)。したら、花火も出来るね、みたいな話になり、で、そこで辞めときゃいいのに、またオレたちは悪い癖で、じゃ、帰りの朝、次の日の朝は、ちょっと大人たちだけ、朝、ゴルフやる?とか、ワケ(笑)また、ワケ判んない事、言って(笑)、そうすると、お母さん達が、「いや、ゴルフは辞めましょう」みたいな(笑)。それはお母さん達が、子供面倒見なきゃいけなくなるんで、みたいな事になり、あ、そっか、そっかっつって、じゃあ、もう、その日はホントに1泊2日、もし、行ったとしても、ホントにお父さんは、家族サービスするに徹底するという事で、じゃ、また来年!みたいな(笑)事で、楽しい時間、過しましたよ。という事でございました。

Nack5で松岡昌宏がお送りしていますTOKIO WALKER。ココから番組のコーナー「お仕事人」。≪エアコンの取り付けしてる。現場は暑いけど、感謝される≫なるほどね。コレ、でも、喜ばれるでしょ~。もう、でもさ、オレ、北海道だったからさ、10歳まで。クーラーってもん、無かったんだけどさ、小学校5年から横浜に引越してきてさ、ビックリしたワケよ、暑さに。あと蒸し方に。それと梅雨というモノに。それで、暑い、暑いって、思ってるけど、ウチも扇風機を小6の時かなぁ、小5の時はナニも無かったんだ、ウチワだけで、窓開けて、で、蚊、いっぱい入って来たんだけど、しょうがないから、んで、オレんちね、クーラー付いたの、オレが中2の時なのよ。それまで無かったのよ。ま、ウチはね、あまり恵まれた家じゃなかった(笑)から、お金も無かったから。じゃ、オレ、今でも覚えてるもん。あの~、クーラーが付いた時の、一番最初のボタン押した時の、ピッていった音を、感動したの、すっげー、覚えてる。うん、もう今はクーラー無しでは生きていけないよね。でも、健康のためにはどうなのかとか、いろいろあるけど、でも、今はちゃんと(笑)クーラー入れてくださいって言うもんね、熱中症対策のために。昔はクーラー切って、寝なさいって言われたのよ、体に悪いから。でも、今はもう、入れて寝てくださいって言ってるもんね。節々が痛くなったりもするんだけど、上手く調節してやれば、だから、従兄の家にはクーラーがあったんだよね~。で、どうしても暑い時とかさ、従兄ん家、行きてぇんだけど、オレ、その従兄と仲悪くてさぁ、だから、「ナンだ、お前、涼しいの浴びに来たんだろ⁉」みたいな事、言われるのが、すっげー、イヤで。ずっと我慢してたの覚えてる。あと、昼間はスーパーに居たかな、うん。とあるね、スーパーがあって、あと、駅前にあった、デパートまでいかないんだけど、そこのオモチャコーナーとかに、夏、ずっといた。夏休み、ずっとそこにいた、オレ(笑)。あの、よく、あの~、他の国でさ、デパートとかでさ、ちょっと涼んじゃってる人、いっぱいいるじゃん。あんな感じだった、オレ、子供の頃。小学校、5、6で。で、中一でジャニーズ入って、で、オフクロと金出し合って、クーラー買ったんだもん。ま、いろんなね、それぞれの思いがあるでしょう。でも、クーラー一つでも、一つのスゴい思い出があるんだよね。だからおそらくきっと昔の、もっと世代前は、3Kの人たちが、え~、3Cか?3Kか?ね、人たちが、いたんじゃないっすか?Car、Coolerでしたっけ?Colorテレビでしたっけ?ね、3種の神器と言われた。そういう初めて、テレビを観た人とかの感動ってあんじゃないのかな。オレのクーラーみたいなもんで。え~、スゴイですよね、そういう思い出があります。

いや、ナンか今日は、基本、リスナーの方からのね、あの~、お便りというよりも、ま、最近あった近況みたいなのを。ま、ナンかね、あの~、そんなモノも基本的にはね、織り交ぜながら、ま、半々ぐらいでやっていけたらなとは思うんですよ。ただやっぱりね、あの~ドラマとか、そういうの、入ってしまうと、なかなかプライベートな事が無いので、こういうプライベートな事が、またナンかあったらですね、皆さんに、いろいろお伝えしたいと思うんですけども。だってもう、あとはアレでしょ、夜になったらもう、メシ食いに行って、ナンか、1杯呑みに行ってカラオケ歌ったって、その話ばっかですから、オレの場合は大体(笑)。え~、ま、それはそれでいいんですけどね。それはそれで好きだぞって人もいてくれるんですけども。本日最後の曲、リクエストいきましょうか。≪名前がよく出る、さだまさし『精霊流し』好き?≫好きですよ。まだ、グループん時じゃないっすか、さださんがね。グレープか、だったと思いますよ。まぁ、さださんは、でも、いい名曲いっぱいあるんですよね。ホントにいろんな歌、切ない、曲聴いて泣けて来るって、ホントすげーなと思うんっすよ。例えば昔だったら、大型時代劇スペシャルのね、曲をさださんがお歌いになってたり、あとね『償い』かな、昔、昔でもないか、何年か前に、ある裁判がありまして、そしてその裁判で、ま、御存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、その裁判長が、「アナタはさだまさしさんの『償い』を聴いた事がありますか?」っていう。「それを聴いて、是非」みたいなことを、話題になった曲でもありますけど、ま、そういった曲、たくさん、あるんですよね。え~、また是非、ゆっくり、聴きたいなと思います。

さっき言った、『償い』は、今年、MUSIC DAYでお歌いになってましたね、そういえばね。失礼いたしました。スゴいよね。という事でございまして、いかがだったでしょうか、本日のTOKIO WALKER。ま、お盆ですからね、帰省されてる方も多いんじゃないでしょうか。え~、お車の方、安全運転、そして、海の事故、山の事故、くれぐれも気を付けて頂きたいと思います。【宛先告知略】ワタクシ松岡とは来週日曜日、朝7時にお会いしましょう。今日も素敵な一日、お過ごしください。お相手は松岡昌宏でした~。バイバイ!
どーも!TOKIOの国分太一です。さぁ、え~、最近は空前のDual Lifeブームという事で、都会と地方など、二つの場所に住まいを構え、例えば、平日は都会で仕事をして、週末は田舎で自然を楽しむなど、二つの場所を拠点に生活を楽しむ人が増えてるという事なんですね。あとはアレだろうね、もうPCさえあれば、ドコでも仕事が出来るような世の中になったじゃないですか、会社に行かなくても。そういう事で、このDual Lifeというのが注目されてると思うんですよね。昔みたいにさ、別荘のイメージだけではなく、最近増えてる空家やシェアハウスを利用する人も多いらしいんですよね。週末だけは自然の多い田舎で子供を育てるみたいな生活をする人が増えてる。だからライフワークが変わって来てるんじゃないかなと思いますけども、私はね、どっちかっていうと、二つの拠点だけ持ってしまうと他、行きづらくなるじゃないっすか。ま、僕はもう前々から言ってるけど、いつかキャンピングカーとテントだけを持って、いろんな場所に行けるという。2か所だけだと、飽きちゃうと思うんですよね。だからベースとなるような自宅はあって、ま、僕の場合は仕事が都会でやるものですから、都会でやった後に、今日は北海道行こうか、今日は、え~と、九州行こうかって、そうやって、日本地図を塗り絵のように塗って行って、全部ね、色が付いたらいいなぁと思って。素敵な話をしてしまいました。

さぁ、日本全国から届きました世界からの普通のお便りを紹介していきます。≪太一の影響でキャンプのギアを買い始めた≫いいですね~。うん、コレ、キャンプグッズの事をギアというところがいいですね~。≪長瀬さんは突き詰めるイメージ。奥様の冷ややかな目に気を付けて≫というね、メールが来ましたけども。そうなのね~、ナンかさぁ、やっぱ、ハマっちゃうワケじゃないっすか。で、男って、ナンつーんだろ、ナンでも集めたくなるんですよ。判りやすく言うなら、女性に判りやすく言うなら、もう、カッコいいネジだけでもいいんです。ネジがカッコよければ、それでも欲しくなっちゃうんですよ。ナニに使うの?って言われたら、判んない!けど、カッコいいんだもん!っていうね。そういうところがあるんですよね。なので~、ん~、共感は持てないんでしょうね。え~、妻、ないし、その、彼女とかは。でも男って、こう、癖!癖なの(笑)収集癖っていうんっすかね、アレがスゴい強いですかね?女性と比べても。でもさ、女性だってね、ま、でも、それは生活の一部ですって言われるかも知んないけど、化粧品とか。ナンかほら、塗りやすい刷毛とかあんでしょ?判る?筆とか。刷毛?筆?あぁいうのは男には判らないね。でもコレ、塗りやすいって言われたら、あぁ、そうかっていうさ。そこは僕ら、納得いかないところがあったりとかするワケじゃないっすか。…それとコレとは別だなぁ…でもなぁ。それと、完全に男がいけないもんんね。持ち腐れだからね、宝の持ち腐れの話をしてるからね。でも夢があるなぁ、ギアには。ギアには夢がある(笑)。うん、ナンつーんだろ、昔からさ、ワンパクでもいい、たくましく生きて欲しいっていう言葉があるじゃないですか(笑)。CMね(笑)。うん、アレで育っちゃってるからさ、うん、たくましく生きる為には、ギアが必要なんだよね。ワンパクギアとしてはね。ワンパクギアとしては(笑)、必要だって事ですよね。ま、だから、説得させるには、使うって事ですよ。宝の持ち腐れにしないって事。これがドレだけ必要だったかっていうのをファミリーキャンプに行った時に、もう、コレ、こんなアイテムだよっていうね、事を説明するとか、毎日使ってる姿を見せるっていう事が大事なんでしょうね。頑張って行きましょう!≪ファスナーもホックも外れてる人を見かけた。教える事出来る?≫この人は女性の方なんだね。これ、男性の方がまだ、言いやすいかもですね、チャック開いてますよって。‥いや、言えないな!(笑)全然知らない人だよ⁉ね?言えないな!言えないけど、その、目で”開いてますよ”っていう目をするかもしれないね。オレの目を見てください。アナタの股間観てますよね⁉みたいな。っていう事は、アナタの股間が今、ハプニングを起こしてますっていうね、うん。大ピンチですよ!ピンチなのかチャンスなのか、判んないですけども、とにかくオカシイ事になってますよー!っていう事は、目で訴えるかも知れないですね。うーん、ただ、この人の場合はその~、チャックよりホックだよね。ホックまで取れてる状態ですからね。ま、でも、チャックとホックが外れてるって事は、イジって欲しいって事なのかも知れないね。そこに対してね。(笑)って思うしかないよね~。コレは難しいところなんだよね。恥ずか、相手を恥ずかしい思いにさせちゃいけないと思う、こういう事って。あの、鼻くそ問題もそうだと思うんだけど。ね、鼻くそ、鼻毛問題とかさ、やっぱ、相手にとっては、不利な状況ですよ、今。うん、相手がスゴく一生懸命話をしても、あの~、入って来ないからね、鼻毛問題に関しては。うん、だからまず、エチケットとして、そこをね、鼻毛出てますよって、ストレートに言うと、可哀想じゃないっすか。だからナンかこう、オレの方が、鼻をいっぱい触ってみたりとか(笑)。ね、ナンとか(笑)ナンとか気付かせようという事って、スゴい優しさじゃない?勘のいい人だったら、私の方⁉私の方⁉って。【小声で】「あ、ちょっと、そう、そうそう」っていうね。いうのが、それは助け合いですよ。その後、ちゃんと話を聴くから、今は必死に話す事を、一度ヤメて、ね?っていう(笑)ナンかね~、そういう戦いはありますよね。え~、ま、ナンか、ルール決めた方がいいかも知れないっすね。うん、相手が10回鼻を触ったら、アナタの方に(笑)問題がありますよっていうサインね。10回サインっていうね。≪10代の子って、レディボを聴いてる?という事ですが、小学生から聴いていた。一時期中断したが大学受験勉強を機に現在聴いている≫1枚だけですか?…あぁ、何通かあった?ヨカッタ、よかった。うん、でも、いいじゃないですか。僕のお母さんがファンとか、そういう事でもないワケじゃないっすか。たまたまラジオを聴いていたら、面白かったっていう。こんな嬉しい事はないですよね。そんな面白かった番組を忙しいで片付けてしまうっていうところがね、この子の良さで(笑)ありますよね。途中、無駄な時間だと思ったんですね。もっと大事な(笑)もっと大事な時間があるって事に、気付いて忙しくされたんでしょうね。で、今は、勉強で、夜勉強するようになった、その息抜きとして聴いてくれてるって事でね。受験頑張ってもらいたいですね。こっから大変ですからね。なので、お守りにステッカーをプレゼントしたいと思います。

【シングルバーナーでアヒージョ】
メール紹介は作家の永田くんにやってもらいたいと思います。宜しくお願いします。勉強したんでしょ?これをやるにあたり。どういうキャンプ道具、ギアがあるのかっていうのを勉強したんでしたらしいですね。僕も初心者ですからね。ちなみに興味あるんですか?キャンプ。興味あるんですか?の質問に対して、行った事ありますっていうのは、興味ないって事ですからね。
≪Helinoxチェア、CAPTAIN STAGベンチ≫それと僕は、kermitチェアっていうね、ローチェアを持って行きますね。
【メールで用語が出て来る度に検索してチェックしてる永田氏】
≪グランピング脇でソロキャンプ≫
【略】1ランク上だけど、その近くでやらなくてもいいんじゃない?っていう感じはしますね。

≪漫画のように塊り肉を食べる≫
ナンかこう、刺してグルグル回しながら、たき火の前で動かしながら焼いてる人もいるんですよ。それは新しくグッズを買わなきゃいけない、ギアを買わなきゃいけなかったりするのね。だけど僕は一応、まだ一度も使ったこと無いですけれども、2本つまようじみたいのが出てるような、ナンていうの、フォークか?とがったフォークみたいのを、それをソーセージ刺して、焼くのに憧れてるんですよ。スゴい尖った、長めの、30㎝ぐらいあるかな、そのフォークみたいのがあって、2本しか出てないんですけど、それでこう、いろんなモノ焼きたいなぁと。まだ焼いてないんですよ、コレ、宝の持ち腐れです。メインはもっと大きいお肉だったり、BBQグリルを使って焼くからお腹いっぱいなんだよね。フォークが出て来ないのよ!持ってっても。
≪蒔きに拘る≫
≪蔦を活用してハンモックにする≫
【初メールが多い】ただ一つ、ココまでで解った事は、オレ以外、ココにいるスタッフ全員、興味ないって事。誰も楽しそうにしてないっていうね。
【略】今回1回目でしたけどもね、コレでも皆さん、キャンプにドハマりしたと思います。次もやりたいと思いますけども、不安でしょうがない、このコーナー。あっという間に終わっちゃうんじゃないか。みんなで協力しあって、持続させましょう。

【家族珍百景】
≪2歳の娘が起きて~と髪の毛を引っ張るので女子プロレスラーになった気分≫
ナンで?髪をぐわーって引っ張るからか。確かにそうだよね。遊ぼう!遊ぼうって言ったりしていて、眠くなる時あるんですよ。で、やっぱ”起きて~”って言うんだよね。あ~、ツラいけど、遊んであげたいんだけど、ちょっと睡魔には勝てないって事もありますよね。最近、ドコで覚えたんだろうなって言葉がね、出て来ましたよね。会話として、成立してるのがスゴいなと思ったのは、あの~、ウチの子がディズニーランドに行った時に、お姫様プランみたいので、お姫様に変身出来るドレスと、髪の毛も、え~、いわゆる、ナンて言うんでしたっけ、アレ、え~…エクステみたいなのを付けて三つ編みの恰好で、アナの恰好が出来るっていうね、ヤツをオプションでやったんですよ。そのアナの三つ編みがまだ家にあったから、パパが耳に付けて、ま、僕が耳に付けて「観て!観て~!」ってやったら、「あぁ、気持ちが悪い」っつったんですよ!2歳の子が。コレ、会話として、成立してるでしょ⁉僕も違和感を作ったワケじゃないっすか、パパが三つ編みを付けるっていう。それを、キモ、一回、引いてね、「あ、あぁ、気持ちが悪い」っつったの。スゴいと思って。ドコで覚えるんだろうね、あぁいう言葉。生まれてまだ2年ですよ⁉スゴいね。

≪感動ドラマを観ていた父が「涙が出る」というと母「出ん!作り話や」≫
あぁ、最高ですね。「出ん!」(笑)まぁ、でも、涙腺はドンドン男性の方が弱くなってるのかなぁ?オレ、ナンかもう、全然ダメだよね。もうテレビでどんだけ泣いてるんだろうと思うもん。

≪幼稚園の娘をお風呂に入れる際に着替えを手伝うと「エッチ」と言われた≫
そうなんだね~。だからやっぱこう、幼稚園なんかで、いろんな言葉が飛び交ってるんでしょうね。そこで覚える事もあるんでしょうね。ウチの子も、多分、誰かのマネをしてるんだろうという喋り方があったりすんのね。誰もそういう喋り方してないって事は、保育園とか、そういう場所でそういう喋り方をしてる子をみたんだろうね。それにこう、憧れるというかね。上の子は、下の子が食べているご飯を食べたがるのよ。ま、いわゆる離乳食なんですよ。柔らかいモノなんだけど、それを食べたがったりするんだよね。やっぱそういう、憧れじゃないけど、マネしたいんだろうね。


さて、今週もそろそろお別れの時間ですが、ココでお知らせです。水分はこまめにとりましょう!【略】さぁ、『シングルバーナーでアヒージョ』え~、不安の船出となりましたけどもね。え~、皆さんね、え~、こんな感じのコーナーだと判ってくれたと思いますので、というのもね、ナンだろ、初めましてのリスナーの方も、このコーナーにはですね、メールをたくさん送って来てくれてるという事で、コレをキッカケにね、この番組を聴いて、この、ナンていうんですか、自然を愛する番組を聴いてくれるんじゃないかなとおもいますけどもね。ナンだよ、このコーナー、毎週やってねーのかよ、ナンてね、話も出るかも知れませんから、それによってはね、毎週やってもいいんじゃないかな、ナンてね、毎週必ず、ドコかのキャンプ情報をいうとかね、そんなのもやっていきたいなと思いますけどもね。いかんせんです。ウチのスタッフでキャンプにハマってる人が誰一人いないっていう事が判明しました。クスりともしませんでした。しませんでしたー。しませんでしたー!(笑)えぇ、なのでですね、え~、ナンとか、このコーナーでウチのスタッフ全員がキャンプにハマるような魅力をですね、ワタクシも伝えていきたいな。その先にいます、このラジオを聴いてる子と、方たちも、ハマっていくんじゃないかなと、思いますので、これからキャンプの魅力もいっぱいこの番組で話していきたいと思います。それじゃあ、今週はこの辺で!お相手はTOKIOの国分太一でした。また来週です、バイバイ!
【坂本リーダーのソロコンが良かったとジャニーさんに伝えたのが最後の会話という事を、服部克久氏がTVで言っていた】

井「いや、嬉しかったと思いますよ、喜多川、喜多川擴くんもね」
長「(笑)くんになっちゃった」
井「(笑)」
長「外の人にね、自分のトコのタレント褒められるって嬉しいですよね」
井「嬉しいよね!」
坂「そうだろうね」
井「そうだよね、自分で褒めるよりも嬉しい」
長「そうそうそう、嬉しい」
坂「オレが電話しても出なかったけどね」
長「(笑)出なかった?」
坂「そうなんだよ」
井「”誰?イタ電だよ!”って」【モノマネ】
長「坂本だって」
井「イタ電だ!コレ」【モノマネ】
長「逆に判ってて出ないのもヤダね」
井「(笑)」
長「ちょっと後にしとこう(笑)」
坂「…もう、聴きたくない、それ」
長・井「「(笑)」」

坂「ちょっと冒頭でね、ジャニーさんの話、しましたけども」
井「ジャニーさんっていうのは、喜多川くんの事?」
長「擴くんの事です」
坂?「ひーくん、ひーくん」
井「ひーくんの事ね」
坂「いつしかさ、その、MCとかでさ、TVとかでも、ジャニーさんネタが解禁になったよね。それまではナンかさ、ダメだった、ダメっていうワケではないけど」
井「ま、言わない。光ゲンジとかのコンサートで、ジャニーさんが観てるのを、諸星くんが」
長「あぁ」
井「あ!ジャニーだ!ジャニーだ!(笑)って。ジャニーさんが、さーって隠れてさ」
長「(笑)あのぐらいからか」
井「隠れた!隠れた!って」
坂「そうだ」
井「あれぐらいから、オレたち、そういうのを観てるから」
長「あぁ、いいんだ、みたいなね」
井「全然いいし、その後、怒られてる様子も無かったから」
坂「んで、KinKiの剛がジャニーさんのモノマネをするようになって、You、やっちゃいなよ的な事が」
井「乗れるだけ、乗っちゃいなよ」
坂「ダメなんだけどね(笑)」
井「乗れるだけ乗っちゃダメなんだけど」
長「(笑)」
井「っていうのがよくあるね、あるねって」
長「うん」
坂「うん」
井「したら、健がね、当時、上手かったんだよね」
長「あ、健ね」
坂「ナニが?」
長「特徴ね、モノマネがね」
坂「あ、モノマネ?」
井「お前、お前っつまえ」
坂「(笑)お前っつまえってナンだよ」
井「(笑)健のモノマネだと(笑)そんな感じだったの(笑)お前っつまえ!お前!」
長「特徴出してんだよね」
井「特徴だしてんだよ」
坂「ちょっと、噛んだの?ジャニーさん」
井「いや、そう、お前っつまえっていうのは、ナンかよく言ってたね、健が」
長「(笑)」
井「そんでさぁ、最近のHey!Say!JUMPとかのヤツの」
坂「あ、そう!」
井「モノマネが、ちょっと籠ってんのよ」
坂「うん」
長「より籠ってんだよな」
【イノッチ、モノマネ中】
井「アレ、年齢的なもんかな?」
坂「(笑)じゃないの?」
井「あの~、歳取ってからのジャニーさん知ってるから、そうなってるのか」
長「あぁ」
井「オレ達ほら、50代から知ってるからさ。”ナンだ!バカヤロー!”」
長「(笑)」
坂「スゴくね?それ」
井「スゴいね!」
坂「モノマネも変わっていくっていう」
井「変わっていくんだよ」
長「松村さんがさ、たけしさんのモノマネもさ、やっぱりビミョーに変わっていくじゃない。あんなような事なんじゃないの(笑)」
坂「うん」
井「あ、そうかもね~」
長「うん、その時々の、特徴をちゃんと掴んでいく」
坂「そうだね、昔は”ナンだ、バカヤロー”だもんね」
井「そうそう。”ナンだ、バカヤロー、お前”」
坂「お前っつまえと同じだもんね」
井「”オレがいつ言ったんだよ、バカヤロー”」
長「(笑)バカヤロー、コノヤロー(笑)」
井「陰でコソコソやってんじゃねー!バカヤロー」
長「(笑)」
坂「(笑)長州力じゃねーんだからさ」
井「(笑)」
長「いや、だから、オレ、舞台であの、Hey!Say!JUMPの高木に、ナンか、こう、一緒にずっといたからさ、話す機会あって、『ジャニーさんって、昔、怖かったんですか?』って訊かれて、『あ、怖い時、怖かったよ。怒られなかった?』『あんまり…』って。やっぱね~、違って、変わって来てるんだよね」
井「高木のモノマネは籠ってるね」
長「籠ってるね!今のね、今のモノマネだよね」
井「むっちゃ、怖かったよ」
長「うん」
坂「怖かったよね」
井「二度と出るな!バカヤロー!(笑)」
長「うん、スゴい言われたよね」
坂「ナニ、最悪だよ」
井「アレ(笑)だってさ、雑誌の取材だって言われて行ってんのにさ、その顔がヘンだっつって言いだしてさ、”誰が出ていいっつったんだよ!バカヤロー!”」
長「(笑)いえいえ、社長です」
井「(笑)オメェだよ」
長「(笑)社長ですけど」
坂「(笑)オレも、ナンかで気持ち悪いって言われた事ある」
井「ナンなんだろうね」
長「(笑)気持ち悪い」
坂「アンタが合格させたんだろうって!」
井「”オヤジだなぁ、イノッチはもうオヤジだな”」
長「何年も先が、ちゃんと顔が見えるハズなんですけど(笑)」
井「ねぇ。アンタが選んだろって」
長「想像出来てるハズだったんだけどな、出してみたら気持ち悪かったって事かな(笑)」
坂「ヒドイくね?」
井「そういう事じゃないっすか」
長「(笑)そういう事ですか」
井「まぁね、そういう思い出。あの、普通の芸能事務所の社長さんとは、ちょっと違った思い出がね、いっぱいありますね」
長「ありますね」
坂「そうですね~」
長「距離も近かったですもんね」
坂「そうだね」
長「スゴくフレンドリーというかね」
坂「どなたかがおっしゃったか覚えてないんだけど、自分の事務所の社長が亡くなって、タレントが涙を流すっていうのが、無いんじゃないかって」
井「距離があるっていうのが普通だというイメージだから、実感が湧かないっていうのは、あるかも知んないかなぁ」
坂「それを、Jr.の子たちまで、涙を流して、スゴい事務所だねって」
井「Jr.の子たちがさ、可愛いのよ。Mステとかでさ、一緒になった時とかさ、まぁ、楽屋とか行って、で、”あ、ジャニーさん”って。”ちょっと今から始まるから観ててよ”って、Jr.の子たちのヤツ、一緒に観てて、あそこがいいなとか、ココがいいなと。”アレ、今観て、どう思った?”って訊かれてさ」
長「へ~」
井「いいじゃん、エネルギーあっていいね、ナンつって、言ってたの。したら、戻ってきて、バーって、Jr.の子たちが。したらさ、その子たちが、オレがジャニーさんに対する態度っていうのは、昔っから知ってるから、”あのさ、”みたいなこう、ナンていうのかな、スタッフと、仲間みたいな感じだけど、ナンか、孫みたいな子たちが、いっぱい来るって感じでさ、”ジャニーさん、観てたぁ?””どうだったぁ?”」
坂・長「「あぁ~(笑)」」
井「感じなの(笑)”良かったよ””あ、ホント?ありがとうね~♪”とかって、言ってんのよ、Jr.の。あぁ、関係性違くて、また、コレはコレでイイなと思って」
坂「そうね」
井「うん」
長「みんながタメ口で、ほぼ、ほぼじゃない、全員が必ずエピソードがあるでしょ?」
井「そうね」
長「それって、なかなかスゴくない?」
井「ねぇ。ま、太一くんと僕が、あの、司会をやって。あの、ヒガシくんがね、ナンかあの~、生放送で、太一と井ノ原がジャニーさんのウチワを作って来てって、言ってたんだけど、ま、一応、言っときますけど、タッキーが作ってくれたの」
長「(笑)」
坂「あぁ、なるほどね」
井「滝沢が作ってくれたの。オレたち、そんな、作ってないから」
坂・長「「(笑)」」
井「一応、でも、出したのはオレたちだったから、ちょっと、ね、皆さん、今日、ちょっと、もし、ウチワが必要な方がいましたら。タッキーはナニも言わずに置いといてくれたの」
坂「なるほどね」
井「だから、どう使ってもいいですよ、みたいに。オレ、いろいろ考えてたのね、面白い事とかさ」
坂「ウチワの使い方」
井「と、あと、あの、弔辞というかさ、あの、読む人達のエピソードとか、勝手に考えてたのよ。あの~、マッチさんとヒガシくんと、あと光一と高橋優斗の、プロフィールみたいのをさ、ネットで調べてさ、あの、考えてたんだよね。”若干19歳でございます”とか。一応、台本、自分で作ってたんだけど、その前に、あの~(笑)ふざけすぎるなっていう事だけは」
長「(笑)」
井「一応、先輩から(笑)言われた」
長「(笑)釘、刺された(笑)」
井「釘は差されたのよ」
坂「そりゃそうだよ、ふざけちゃいけない場所だから」
井「そうそう、だけど、タッキーからはもう、ムチャクチャ楽しませて欲しいと言われてて。だよね?って。オレもいろいろ考えて来てっから、大丈夫、大丈夫。任しといてって言っといたの。で、一応、お坊さんというかね、ご住職もいらっしゃってるから、ご住職にも一応、ちょっとくだけた感じになりますけど、宜しいでしょうか?と。”もう構いません。それはもう大丈夫です”と。っていう中の狭間の中で、まぁ、一応、ま、先輩から(笑)諸先輩方から、一応、そこは、行き過ぎ注意ねっていうのを(笑)」
長「ま、それもアリだけど、そうじゃないトコも、ちゃんとわきまえろよと(笑)」
井「そうそうそうそう。だから、ギリギリのところを狙って行くしかないんですけど」
長「はいはいはい」
井「まぁあの~、ナンでしょうかね、あの、太一くんと、よく話してたんですけど、ま、結構、オレたち、あんま、そこら辺は信用されてない(笑)」
長「(笑)コイツら、やるなと思われたんだ」
井「やっちゃう事があるかも知れないから、ちょっと…みたいな。一応、あの~、意味としては、仏様になっていくワケだから」
坂「うんうん」
井「オレ達、今までは距離が近かったけども」
長「(笑)」
井「ね、手の届かないところに行くという意味があるんだから、そりゃお前、今までの”Hey!ジャニー!”じゃダメなんじゃないかっていうのも(笑)」
長「(笑)」
坂「ちゃんと、お送りするっていうアレですよね」
井「ですよね!オレ、そう思ってましたよ!って。当たり前じゃないっすか!Zettai、そうですよね。台本をくちゅくちゅって、こう、奥の方にしまいました。そうそう、ま、でも、楽しかった」
坂「コンサート、ジャニーさんのコンサートっていうテーマで」
井「そうそうそう、やったからね。ま、でも終わってから、またみんなでざっくばらんと、飲みましょう、みたいな感じでね、飲みながら、偲んでたりしたんですけど」
坂「そうそうそう」
井「ま、やっぱ、盛り上がるところでは、中丸くんのボイパが似合いますよね、コレね」
長「(笑)」
井「ココだけの話、あの~病室でもね、ボイパ、何回かやってもらったんっすよ(笑)」
坂「もう、ホントね~」
長「(笑)やってもらったっていうか、井ノ原が(笑)井ノ原がやらせてた(笑)」
坂「オレ、先輩に井ノ原がいなくてヨカッタと思った」
長「ホントだよね!」
井「”中丸!ジャニーさん、ボイパ好きだと思うぞ”」
長「”やるんっすか⁉”って言ってたよ、アイツ(笑)」
井「でも、オレ、それ、アレだよ、動画撮ってさ、中丸のボイパね。ジャニーさんに向けてやってるボイパを撮って。”もう、ヤメてくださいよ!”みたいな事、言ってたんだよ。でも”あの動画、ちょっと、送ってもらってもいいですか”」
坂・長「「(笑)」」
井「キライじゃないんじゃーん!みたいなさ」
長「思い出の一つだからね」
井「そうだよ~!最後に贈ったボイパなんだから、それはね。撮っておいて良かった」
長「(笑)やってやったみたい顔して(笑)」
井「そうだよ~、オレに感謝しろよ、ホントに。ねぇ?」
坂「いや、アレもなかなか出来ないね、1シーンだったからね」
井「そうだね。突然ナンか、男梅が登場したりね」
長「ナンですか?男梅って」
井「あ、そうか」
坂「お仕事でね」
井「都合でね、これなかった」
長「参加出来なかった」
坂「急に、リアル男梅が出て来た」
長「(笑)」
井「男梅って、いんじゃん、ナンか飴のさ」
長「はいはい、ありますね、はいはい。滝に打たれて」
井「アレにそっくりな人が現れてさ」
長「ほぅほぅ」
坂「あの人がモチーフじゃないかぐらいの」
井「真っ赤っかの顔でさ」
坂「(笑)」
井「よく見たら、先輩だったんだけど。えーと、ウエ、植草…」
坂「Uくん」
井「UK?(笑)」
坂「UK?」
井「植草くんがぁ」
坂「(笑)言っちゃったよ!」
井「普段、飲め、飲まないのに」
長「飲まない、飲まない」
井「マッチさんが、”お前、植草。こんな日、お前、今日、飲まないでどうするんだ?”」
坂「献杯だからね」
井「献杯だろ?と。あの人、1杯飲んだら、止まんなくなっちゃうから」
長「~なっちゃいますね」
井「ベロベロになっちゃって、真っ赤っかの顔でさ、木村くんかな、オレの耳元でさ、”男梅じゃねぇか”っつって(笑)言いだして、太一くんも”男梅だ、男梅だ”って言いだしてさ。オレ、ホント、笑い止まらなくなっちゃってさ、それでさ」
長「(笑)」
坂「すっごい面白いんだよね、現場にいると」
井「現場にいるとね~」
坂「爆笑じゃないんだよね、もう。笑い過ぎて声が出ないぐらいの笑いだもんね」
井「もうホント、声出なくなっちゃってさ」
長「(笑)」
井「そんで、もう、ジャニーさんに謝ってたよ。祭壇に行ってさ、”ジャニーさーん!オレは真面目にやりたかったんだけど、コイツらが飲ませて来るから!”」
長「(笑)」
井「”すいませーん!””チーン!”とかってやってましたけど」
長「(笑)」
坂「もう、でも、なかなか、傍から見たらね、多分、え、ちょっと…っていう」
井「あぁ、全然、アリでしょ(笑)」
坂「家族葬ですから。僕らしか判らないね、空間だし、距離感だし。アレは良かったですね、ホントね」
井「良かったですね~。だから、前々回、忍者に入らないか、ナンていう話をね、ジャニーさんからされたっていう話をしていて」
坂「器はいっぱいありますからね」
井「そん時はまだ、あのね、この世にいましたので」
坂「そうですね」
井「アレでしたけど、あらためて、今日、ちょっと、話すっていう事で」
坂「うん、ちょっとね、時間は経ってしまいましたけどね」
井「で、あの~、舞台『カノトイハナサガモノラ』8月のね、20日までやってまして、北九州や、え~、大阪、行きますけどね。コレ、ちょうど、帝劇で、ね、あの~、Jr.たちがやってる時に、この作・演出の、御徒町くんが、ちょっとジャニーさんに会わせたかったんで、会って欲しいって観に行った時に、ジャニーさんに、一応説明したの。”ジャニーさん、知ってる?”って。”森山良子さんの息子さんで、直太朗くんっているよね?””知ってるよ””そこの社長さんでもあり、ビジネスパートナーというか、詩を一緒に書いてる御徒町くんが、今回ね、ジャニーさんが考えたTTTという名前の舞台、作演出やってくれるんだ””知ってるよ!バカヤロー!全部調べてる!それぐらい”って言われて(笑)。”ナンなの!?お前!”って言われた」
長「うん」
井「その経験があったりとか、で、一緒に舞台を観て、御徒町が”やっぱ、すっげーわ、ジャニーさん”。もう、とにかくジャニーさんに観て欲しいという思いで作った舞台だったりしますので、あらためてちょっと言っておこうかなと思いました」
長「はい」
井「ジャニーさんと、まぁ、思い出の曲というか、あります?」
長「ナンですかねぇ?」
井「でも、一応、オレたちの曲じゃない?カミセンの曲で「Theme of Coming Century」、オレたちは、カミセンのバックで踊るって感じだったけど、アレって、作詞がジャニーさん。ジャニーKなんだよね。アレ、オレ、覚えててさ、ロケット発射だよ!とかさ」
長「(笑)言ってた、言ってた」
井「ロケット発射だよ!感じてダーリンだよ」
長「(笑)」
井「(笑)って言ってて(笑)」【バンバン叩いてる】
井「それをみんなでまとめてって。全然違うんだよ!こうだよ、こうだよ!って、口当てで言ってたのを思い出しまして」
長「あぁ」
坂「うん」
井「それをあらためて、V6の曲ではないけど、まぁ、オレたちの曲でもあるというねって事で、唯一、ジャニーさんが作詞した」
長「曲、ナンだっけ?感じてダーリン?」
井「(笑)違いますから。『Theme of Coming Century』」
坂「(笑)」
井「聴いて頂きましょう。Coming Centuryで『Theme of Coming Century』」

≪20年以上前の雑誌で光一が、イノッチは漬物が嫌いで梅干しで赤く染まったご飯が食べられないと言ってるのを読んだ。克服した?≫
井「全然、梅は食べられますし、食べろと言われれば」
坂「昔、ダメだったよね」
井「ダメだったね。キムチとかも全然好きですし、でも好んで食べない」
長「あれば食べるぐらい?」
坂「沢庵もダメだったよね?」
井「いや、あっても食べない」
【略】

井「そう、KinKi…ま、光一は、あの~、光一と、KinKi Kidsと3人でずーっと活動してた時があって」
長「うんうん」
井「だから、長い時間、ずっと過してたの」
長「(笑)活動してましたもんね。ずっと一緒、合宿所も、ずっと一緒だったもんね」
井「そう。だから、スゴい勘違いしてて、オレは」
長「うんうん」
坂「(笑)」
井「KinKiと井ノ原快彦とKinKi Kidsでデビュー出来んじゃねーかって(笑)思ってた(笑)」
長「(笑)車に(笑)」
井「そうそうそう(笑)。で、長瀬とも、あの~、よく2人で」
坂「そうだよね!雑誌出てたもんね」
井「ずっと、雑誌はもう、何年も2人だけで取材やってて」
坂「うん」
井「コレ、KinKiとオレと長瀬で、ガッチャンコするんじゃねーの?って、ちょっと思ってた」
長「井ノ原、そういうの、いっぱいあるよね(笑)他も無かったっけ?コレでデビューすんじゃねーかなっていうの」
井「J-Eleven?」
長「(笑)J-Elevenもそうだし、この2人でとかさ、結構」
井「あるある!」
長「いっぱいあるよね」
井「いっぱいあるよ~」
長「うん」
井「したら、ナンか、あの、ある日、その~、長瀬との取材が無くなって。ナンでですか?って、一応訊いたらさ、いや、ナンか、ジャニーさんが、井ノ原が勘違いしてるって」
坂「(笑)」
長「(笑)ウワサ、伝わったんだ」
井「そうそうそう!勘違いし始めてるから、要はナンか、コレで行けんじゃねーか、みたいな感じに」
坂「(笑)見透かされてる」
井「そうそうそう(笑)それも可哀想だから、辞めてあげてくれと」
長「あぁ」
井「そのつもりはないと」
長「そのつもりはない(笑)」
井「(笑)」
長「そうじゃねーぞと」
坂「(笑)」
長「早く気付かせろと」
井「そうそう、だから、別にそのつもり無かったんだけど、ま、ナンていうのかな、雑誌側っつーか、事務所側も、忖度なのかな?社長から別に言われてないから、続いてるっていう話だったの」
坂「そういう事か」
長「あぁ、なるほどね」
井「そうそう。あの2人でやってあげて。どんな感じになるか、試してみようって。でも、辞めろっていうのを忘れてたから続いてたの」
坂「なるほどね。そしたら本人がちょっと行けんじゃねーかみたいな」
井「行けんじゃねーかみたいな。で、ナンか、あの、大いなる勘違いをしているから、どうやら。そのつもりはないから」
長「井ノ原、いろんなところで、この2人はとか、言ってたワケじゃない?」
井「言ってない!言ってない!」
長「言ってないの⁉ナンで耳に入ったんだろうね?」
井「ナンか、あの~、いや、ずーっとそんなの続いてたら」
坂「いや、思うよ!」
井「勘違いしちゃうよ」
長「あ、そういう事?」
坂「うん、思うよ」
長「ウワサで、じゃないんだ」
井「あとオレの様子を見てたんじゃない?アイツ、ナンか、調子に乗ってんじゃないかっていう」
長「(笑)でもさ、それもスゴくない?1回、試しでって、試しだけど、雑誌に載るワケじゃない?」
井「載る」
長「(笑)で、試してて、ずっとお試し期間がさ(笑)ナンとなく続いちゃってたって事でしょ?」
井「そうそうそう。多分、続いてて、そん時も、TOKIOの活動も、長瀬はしてんのよ」
坂「あぁ」
井「で、長瀬も、どうしたらいいか判んないし。イノッチと、ヤツで行くのか、TOKIOで行くのか判らない、みたいな事を、もしかしたら、言ったのかも知れないし」
長「うんうん」
井「で、KinKiとは、雑誌には出てないものの、部屋が3人部屋だったり、楽屋もそうだし、泊まりに行けば3人だし、舞台も一緒に出てる、それは勘違いしても可笑しくないんじゃないかと」
長「あぁ」
井「で、もう、ヤメてあげてくれと」
坂「(笑)優しさだよね、ジャニーさんのね」
長「(笑)そんなつもりはない」
井「そんなつもりはないと(笑)」
坂「(笑)」
井「J-Elevenね。長野くんも入ってたよね?」
長「入ってた、入ってた。サッカーね」
井「サッカー、Jリーグが大人気だった時ですね」
坂「そう」
井「だって、ユースの子たちも」
長「いた!いた!」
井「入ってたよね」
坂「あ、そう?」
井「二人ぐらい」
長「ホントに上手い子がいた」
坂「それ、Jr.の子で?」
井「Jr.で」
坂「へ~」
井「Jr.に入れさせたというか、入ってきた」
坂「なるほどね」
井「J-Elevenに入って来て、あと、あの、プッツン5に出てたガリクソン」
坂・長「「あぁ!」」
井「アイツもJr.に入って来て」
坂「あ、そうなんだ?」
井「そう。そいつもいた」
長「で、長瀬もいたもんね」
井「長瀬もいた…あ、長瀬いないんだ」
長「いなかったっけ?」
井「剛が、剛がいて、長瀬をTOKIOからね、あの~、引き抜こうかと思ってんだよって、ジャニーさんが言ってた。それ、いいんじゃない?って。長瀬の気持ちもあるし、判んないから、それは訊いてみたらいいんじゃないって言ってるうちに、11人が集まんなくて、終わったんだよね」
坂「(笑)」
井「(笑)歌も1曲も歌ってない」
長「歌ってない。サッカーもやってない…か?」
井「一応、サッカー大会っつーのがあったから」
長「あぁ、ま、そうね」
井「Jリーガーのリトバルスキーとか来てた」
坂「スゴいよね」
長「来てたね~」
井「藤吉さんとかさ」
長「ちゃんと試合とか、やってないもんね、だから。ホント、それぐらいだよね」
井「それぐらい」
坂「そうね」
井「で、まぁ、そのアルファベット、数字っていうのは、残って、V6ってなったような気がするんだよね」
長「うん、そこからインスパイアしてね」
井「してるんじゃないかなぁ」
長「サッカーからバレーに」
井「よく残ったね~、V6、っていう話なんですけどね」
坂・長「「あぁ」」
井「6人集まってヨカッタと思ってますけどね」
【略】
8月4日日曜日。時刻は7時を過ぎました。おはようございます、TOKIO松岡昌宏です。今日は語呂合わせ、8月4日、箸の日です、以上!それ以上でもそれ以下でもありませーん(笑)。ね、皆さんもお判りでしょう。ね、そしてココから膨らます事も、ワタクシのトーク力ではありませーん(笑)。え~、ね、多分、ハッシーって呼ばれてるヤツは、今日、オレの仲間でもハッシーって何人かいるんです。ハッシーの日だね、だから。ナニやってんだろ?アイツ。ウチの小僧にも、ハッシー、橋本だっけ?いたよな?いるか、まだ【ゞ( ̄∇ ̄;)おいおい】。バク転しない、A.B.C.-Zのヤツ。ね?アレだよね?アイツ、橋本だよね?そう、ナンだ、アイツはホントにもう。アイツの日だね、じゃあ。橋って名前、多いもんね、日本ね。橋本さん、橋爪さん、ね?ま、高橋さん。橋あったのかな?そういう事なのかな、苗字だからな。高いトコに橋があったんだろうな。…ホントもう、広げらんない(笑)。もう無いわ。もう、ハッシー、無い。…うーん、出ない。リクエスト行こう(笑)。≪ZIGGYの「GLORIA」≫わ、来ましたね~、懐かしいね~。青春ソング、89年かなぁ?コレ、もう、何百回歌ったんだろ?オレ、もう。ん~、文化祭、みんなやってたんじゃない⁉え、「同・級・生」って、柴門ふみさんなんだ!?知らなかった…。安田成美さんと緒形直人さんだよね?えぇ、鴨居くんじゃ無かったかな?役名。緒形直人さんが鴨居くん…、アレ?違うか?「同・級・生」。…鴨居くんだよね⁉よく覚えてんな~。なぜならオレね、そん時、鴨居ってトコ、住んでたんだよね、横浜の。だから「鴨居くんかぁ」って思ったんだよね。スゲーなぁ。カッコイイ。ナンか、いいな~。でもナンか、30年前ね。名曲中の名曲ですよね、コレ。

≪神社にお参りする時目を開けるべきだと言われた≫なるほど。え~、この~、質問というか、対しては、え~、答えはございません。え~、どちらでもよろしいんじゃないでしょうかね。はい。ちなみに私は、神社は目、開けてます、えぇ。え~、神社は目、開けてますね。お墓参りも、ずーっと目開けて、最後だけ、目をつぶりますね。ナンでだろ?ん~、あ、状況に依るのか。えーとね、オレ、神社巡りが好きだから、初めて行った土地では神社を探して、神社にお参りするのね、ちょっとお邪魔しまーすって。そん時は、目、開けてる。あぁ、こんな風になってるのかとか、どうもお邪魔しまーす、ヨロシクお願いしますっていう。ただ、僕らのお仕事、っていうか、ま、皆さんもあると思う、お祓い。お祓いの時は、頭を下げるので、頭を下げてる時は目を閉じてますね。お祓いの時以外は目を開けてっかなぁ?二礼して、カランカランカラン、二礼して、二拍手して、目、開けたまんま、無事に過ごせます様にっていう事を言って、頭を下げてる、から、オレも目を閉じてないか。でも、閉じてていいと思いますよ、別に。うん、あと、目を閉じると言えば、友達とか、知り合いの命日の日、ま、おじいちゃん、おばあちゃんとか、そういう日はウチは、戸棚にお供え物をして、写真置いて、そん時は、目、閉じてるかな。うーん、だから、人を思い出す時とか、そういう時は、目を閉じる。うん、あとはお祓いとか。でも、そういう時以外は、目、開けてっかな。ナンか、オレは勝手に、そんな風に使い分けてるみたいですけど。ま、どっちでも宜しいんじゃないですか?コレは気持ちだと思いますよ。コレ、面白いな。≪打合せ集合場所に20分遅刻した新人部下に下手な言い訳された。されたり、した経験ある?≫(笑)あぁ、まぁ、もうちょい、ましなウソがあるかな。ねぇ、もう、いいんですよ、寝坊してしまいました、スミマセン、で。雪まろげって言葉がありますよね。最初は小さい事でも、雪がそうですよね、転がしてく度に、ドンドン、大きくなって行く。つまり、小っちゃいウソにウソを固めていくと、そのウソをつき通す為に、また新しいウソをついて行かなきゃいけない、って、コレ、雪まろげですよ。雪まろげになる前に、ね、少し前にも問題になりましたけど、雪まろげになる前に、ね、素直にI'm sorry。byチェッカーズですよ(笑)。それに尽きるんじゃないでしょうかね。ま、いろんな言い訳してきた、してるマネージャーを、むかーしは、観てきましたよ。今は別に、そんな人、いないけどね。うん、あの、もっと言ったら、オレ、あんま遅刻で怒んないんだよね。遅刻っていうか、もっと言ったら寝坊で怒んないっていうかな。遅刻は、ま、ダメなのよ!?Zettaiに。オレも遅刻はZettaiしたくない人間だし、しちゃいけないし、っていう人間で、ま、だいたい、待ち合わせでも、10分前にはオレ、行くタイプなんだけど、ただね、寝坊だけはね、あの~、そうね、20代に限っては許してるかな。眠いのよ!20代って。ナニかしんないけど。自分もそうだったし。それはもちろん、言い訳にはならないのよ、お仕事だから。「スイマセン!起きれませんでした!」って、言われると、「目、覚めたか?」って言う(笑)。「覚めました!」「よし!」って(笑)。寝坊では意外に怒んないかなぁ。その、怒るとしたら、ウソがヘタなヤツ。ウソがヘタだ、芝居がヘタだから、怒る。「お前は誰に芝居をしてるんだ⁉」って(笑)。一応、オレは芝居でメシ食ってる人間だから【音楽じゃないよね、そりゃあね…】、そのオレに芝居しようとする事自体がオカシイ!っていう事を怒る。その芝居がまた、ヘタだ!上手ければ、騙されたふりを、コッチも芝居で返してやれるけど、あまりにも芝居がヘタだから、その芝居じゃ、オレを騙すことは出来ない!っていう事は言う(笑)。それで注意することはある。「もっと上手い芝居を勉強しろ!」って(笑)別にマネージャーだから、芝居勉強しなくていいんだけどね(笑)、そういう事を言った事がある(笑)。え~、それはありました。

【娘の彼氏宅お泊まり問題リアクション】
ホントにあったの?コレ。ドラマの1シーンじゃないんだから。あのね、コレはあの~、向こうの親御さんのお気持ちの中にはね、もちろん、向こうのお母さんがね、その、息子さんに漢書が出来たショックって、そんな事はね、あの~、子離れ出来てないのも2の次、3の次ですよ、オレから言わせりゃ。その、厳格なお父さん、向こうの、には、その、自分の息子が、学生の分際でありながら、ナニゴトだ⁉っていう事の中に、実はもう一つ、隠された事があって、コレはね、おそらく、自分の息子なんか、どーでもいいんですよ、ヘンな話。男だし。ね?で、ちょっと母親、ぎゃーぎゃー、ギャーギャー、騒いでる手前、お父さんもちょっと、厳格に、そこはね、お前、いい加減にしろと、学生なんだから、やることがあるだろって、言わなきゃいけないのも確か。でも心ン中で、お前、もうちょっと上手くやれよ、って、息子にも思ってるハズなんです。それともう一つは、嫁入り前の娘さんに、ナニかがあったら、どうするんだっていう方の立場ですよ。ウチの息子なんてもうね、もう、2の次、3の次でいいと。ただ、あちらの娘さんに何かがあったら、大変申し訳ないという事での、「一体、何を考えてるんだ」なんですよ。おそらく、そうやってるもんなんです。だから、ココで感情論で怒ってるお母さんと、ま、厳格とはいうお父さんは、またちょっと違うんじゃないかな、温度が。内容も。そんな気がしますよ。コレが娘さんだったら、おそらく、お父さんも、「一体、ナニ考えてるんだ⁉」ってなっていいんですけども、コレ、息子に於いては、お父さんは、そんなもんだと思いますよ。ただまぁ、そのね、もう、学生とはいえ、ドラマの1シーンでもありましたけど、「大恋愛」でもありましたけども、まぁ、息子のクローゼットの中、勝手に開けていい母親はいないぞ!それはダメだ。それやっちゃったらもうダメさ。もう、まとまる話もまとまんないよ。子供にだって、プライバシーあるんだから。そこは少し、判ってあげなきゃ。ね、その為には、彼女と別れないっていう彼氏も素晴らしいと思うんだけど、ま、その為には、学校も頑張って、卒業さえしちまえば、ナニに言われることもないんだから。まず、しっかり卒業して、今はまだ、自分ちにお金を入れられてる立場じゃないでしょ、学生の立場っていのは。そういう事もあるんですよ。表に出て働いて、自分でお給料稼げるようになったら、あとは誰から何を言われる筋合も無いので、自分の人生を見つけて生きていけばいいんじゃないでしょうか。ま、でも、いいお話ですね。ま、ちょっと、お姉ちゃんもカッコいいけどね。配役が見えて来たね。ちょっとあの、昔のRIKACOさんみたいなお姉ちゃんなの(笑)。昔のRIKACO姐みたいな人が「もう、辞めてよ、お母さん!もう古いって!」「アナタまでそういう事言うの⁉もう、お父さんからも言ってよ!」みたいな。キーっ!て。ナンでしょうかね、あの、女性のキーっ!ていうの。そうなのよ、女性のキーっ!ていうのと、蚊のモスキート音は、僕、一番嫌いです(笑)。そうなのよ。でも、まぁまぁ、気持ちは解らないでもないですけどね。ありがとうございました。ちょっと気になってたんでね、良かったですよ、はい。

Nack5で松岡昌宏がお送りしていますTOKIO WALKER。さてココからは番組のコーナー「花バナ」。≪広島フラワーパークで中山美穂が歌った事がある≫【略】中山美穂さんがらみで、もう1コ頂いたんですけど。≪カバー曲を歌った坂本リーダーソロコンで、中山美穂の歌を歌うという事で、本人が初日観劇してた≫どういう事⁉坂本先輩!坂本先輩が中山美穂さんの歌をカバーして、それを中山美穂さんが客席で観てたって事⁉聴いてたって事⁉…じゃ、オレがどっかで歌えば、来るの⁉(笑)…ナンだ、コレ…。そうなんだぁ…。スゲーなぁ。どういう気分だったんだろ?…えっ⁉【エコー付】ヤメてよぉ~!…ホント、辞めてよ…。もう数少ない、V6の独身。…いや、そこは辞めてよぉ~~!!!!え、オレ、そこ行かれたら、ちょっとショックだなぁ~!!!!え~、でも、判んねぇもんな、そんなの…。えーっ…⁉え~~!!!!(笑)え~、でも、2人が幸せならいいや…【泣き声】でも、ヤダ~~!!!!(笑)もう、そんな想像しちゃうじゃん!だって、V6、芸能人としか、結婚しないから!!!!…もぉ~~!!!え~~~!!!!…そうなのかなぁ…(ρ゜∩゜) …そんなこと無いよね…。(笑)ナンだかなぁ…。でも、素敵だね。そういう風に、え、歌ってんなら観に行こう、みたいな。そうだよね。オレね、ちょっと行けなかったんだけどね、ドラマの、あの、仕事の都合でね。そうなの、あの、えぐ、劇団EXILEの方かな、「サイコメトラーEiji」を舞台でおやりになった方がいらっしゃって、もう、観に行こうと思ったんだよね。ドラマはね、昔、やらせてもらったから。もう、ホントにスケジュール合わなくて。いや、観たかったなぁ~と思って。それをね、EXILEの方に、何人かに言った事がある。「行きたかったんだよね~」っつったら、「うわ、ナンだ、松岡くん来てくれたら、喜んでくれましたよ」とかって。いやいや、でも、っていうか、そういうんじゃなくて、あの~、ナニ、舞台でやったら、どういうモノになるのかっていうのを、観てみたかったなぁって。ドラマでやって面白かった、映画でやって面白かったっていうのを、舞台でやったら、どうなるのかっていうところに、最近の松岡は、興味がスゴくあります。そういう事もやってみたいなぁ、なんていうのを、今、スゴく、ちょっと考えてまして。あ、この映画、舞台になんないかなぁ、このドラマ、舞台になんないかなぁ、なんて、思ってるんでね、ま、いつか、それが現実になる事があったら、皆さんね、観に来てもらいたいななんて思ってます。

≪上野動物園に行って来た。動物園の思い出は?≫僕は、あの、つい先日、「志村どうぶつ園」で、行かしてもらいまして。プリンちゃん。可愛かったね。あの~、志村師匠に「珍しい。あんま、懐かないんだよ、プリンちゃん」とか言われながら(笑)、プリンちゃん、なかなか、懐いてくれて。あと(笑)大きくなったパンくんにビビりました(笑)。「え⁉コレ、パンくんっすか⁉」みたいな。「パンくん、デカいっすね⁉」みたいな。そう、久々だよ、十何年ぶりとかで行ったんじゃない?動物園。あと、動物園の思い出といえば、ま、むかーしも言いましたけど、昔、うちはアヒルを飼ってまして、ピーコちゃんっていうね。で、その、近所から、ま、近所というか、大家さんからね、「ウチはペットダメですってよ、松岡さん」って言われて、「そうですよね」っつって、泣く泣くピーコちゃんをその、札幌の動物園の施設のアヒル池みたいなトコあって、そこに返さなきゃいけないっていう事があってね。で、僕はずっとピーコちゃんに、アヒルに追いかけられてたから、あんまピーコちゃんの事、好きじゃなかったんだけど、それでもやっぱ、離れるって事はナンか、3歳の僕には悲しかったんだね。で「ピーコちゃんと離れ離れになる~ヤダー(。´Д⊂) 」って泣いてたんですけど、ま、アヒルがいっぱいいるところに、ピーコちゃんを置きました。置いた瞬間に悲しくて、(。´Д⊂) エーン、ってオフクロんトコで、「ピーコちゃんがぁ~」って言って泣いて、5秒ぐらい泣いたのかな、「ピーコちゃん!」って振り返ったら、もうピーコちゃんはドコにいるのか判りませんでした(笑)アヒルがいっぱい居すぎて(笑)。それが(笑)ピーコちゃんの思い出です(笑)。アヒルがいっぱいいて(笑)、「ピーコちゃん、どれ?」っつったら、もうウチのオフクロも「いや、判んない。もう、どれが、どっか行ったんだべさ」(笑)。「えー、ピーコちゃん、どれ?お母さん、ピーコちゃん、どれ?」「いや、判んないって!もう帰るべ」っつって、で、帰って来ました(笑)。それが思い出です。さぁ、今日最後のリクエスト。≪中一だけど昔のアメリカの曲にハマってる≫いいね、ウチのボーカルみたいだね。


さぁ、いかがだったでしょうか、本日のTOKIO WALKER。ま、これから、夏休み、まぁ、今ね、夏休み中だと思いますし、これからお盆もありますからね。え~、是非、え~、怪我の無いように、事故の無いように、楽しい夏休みを過して頂きたいと思います。お仕事の方は、猛暑の中、頑張りましょう、お互いに。【宛先告知略】ワタクシ松岡とは来週の日曜日、また朝7時にお会い致しましょう。今日も素敵な一日、お過ごしください。お相手は松岡昌宏でした~。バイバイ!
どーも!TOKIOの国分太一でーす。さぁ、8月という事で、社会人の皆さんももうすぐ夏休みじゃないかと思いますけども。やっぱりね、旅行に行く人も多いんでしょうかね。JTBの調査によりますと、夏休み期間の海外旅行者数は去年よりも3.5%増えて299万人の方が、海外に行くというようなデータがあります。で、一方ですね、国内旅行は0.2%減る予想らしいんですけれども。え~、海外は香港や台湾に行く、若い人が増えてるらしいんですよね~。まぁね、こう、インスタとか、写真を撮りに行く人も多いんでしょうね。そういったところでは、この香港だったり、台湾というところも、絵になるんでしょうかね。国内の良さっていうのも、ありますけどね。僕だったら、国内の、今まで行った事のないキャンプ場に顔を出し、そこでキャンプをするなんていう事もね、やってみたい、あ!スイマセン、最近、もう、キャンプにハマっちゃって、しょうがないんですよぉ~。で、いろんなYouTube観てると、あ、こんなキャンプ場あるんだぁ、っていうね。それを観れば、すぐメモったりとかしてね、いつか行きたいなぁ~なんていう夢を持ってますけども。え~、今年の夏はですね、ちょっと遅かったっていうのかな、なので、全力で、この夏をですね、皆さん、楽しんでもらいたいなと思います!

え~、あらためまして、TOKIOの国分太一です。え~、この間ね、スゴい事が起きたんですよ。というのもね、え~、いつものように、お散歩番組で、ある場所をお散歩してたんですね。そしたら、え~、ハマグリ直営店と、レストランが両方あるお店に行ったんですよ。というのも、夏はハマグリが旬だという事で、そのハマグリを食べに行きましょうという事で、その場所へ行きました。で、お店に入る、レストランに入る前に、直営店の方に顔出したワケですね。で、ハマグリ売り場のところに、え~、ご年配の方が2人いて、2人とも、ナンだろ、「あ、太一くん!」って感じでもない人だったんですよ。でもまぁ、ハマグリの情報が訊きたいから、ずーっと聴いていたら、お母さんの方が、スゴい話しかけてくれるんですよ。で、お父さんの方は、まぁ、あんま話して、話してもあんまり、いい反応が来なかったんですよね。でも、お父さんが漁師さんっぽく見えたから、ご年配の、そのお父さんっていうのも、その、70代ぐらいの方ですかね。で「お父さん、コレ、ハマグリ、どれが一番美味しいんですか?」と。いろんな種類、いろんな形、大きさがあったので、それが知りたくて訊いたワケです、「お父さん、コレ、どれが一番美味しいんですか?」っつったら、「いや、オレ、判んねぇ」って言うんです。「え⁉判んないの⁉お父さん」って。「いや、実はさ、バイト1日目なんだよ」(笑)。もう、完全漁師さんに見える人が、バイト1日目だったっていうね、ま、そこに衝撃を受けたんですけども、「あ、そうなんですか⁉」「まぁ、でも、大きすぎても、ナンじゃないの?」みたいな話をしてて、「じゃあ、真ん中ぐらいのヤツを、じゃあ、頂きます」っていうような話をしてたら、え~、その、オジサンが、「そんなことよりもさ」っていうワケですよ(笑)。「オレさ、タイチっていうんだよ」って。「お!え?タイチって、あの~、太い一ですか?」「そうそうそう、あの太一だよ」っていう話をしてて。そしたらね、こんな会話をしてる時、そん時、カメラは廻ってなかったのよ。で、その隣にずーっと、ファミリーで、ハマグリを選んでた子たちがいたのね。で、僕はもう、最初から気付いてくれてるから、「どれがいいと思う?」とか、その子たちにも聴いたりとかしてたのね。うん、で、もっとこう、イジって貰おうと思ってて。カメラ廻ってなくても、ナンか、そういうのがしたくなっちゃうから。で、子供たちに、じゃあ、子供たちは小さい声で「コレとコレとコレとコレ!コレ!」って「早くて判んないよー!」とか言いながら、やってたの。そしたら、そこのお父さんが急に来て、「この次男、タイチっていうんですよ」って。「えーっ⁉」っつって。「えっ?」「漢字は違うんですけどもタイチっていうんですよ」って話して。うわー、こんなこと、あるんだぁ、と思って。ね、目の前で販売しているおじいちゃん太一、で、横に居たファミリーの子供がタイチ、で、僕はこう、ま、カメラさんとかいて、廻っては無いけど、ロケをしようとしている太一。で、3人タイチがいると思って。そしたらね、ウチのマネージャーさんが、今、付いてるマネージャーさんの名前がタイチっていうんですよ。わ!もう、4人タイチいる!っていう話になって。結構、タイチの中で盛り上がったんですよ。「うわーっ!」って。「こんな珍しい事、無いぞー」みたいな。オレ、一瞬、マネージャーがタイチっていうのを忘れてたんだけど。それぐらいテンション上がってたんだけど。で、スゴいよね⁉コレ、タイチが4人いるなんて、珍しい名前じゃないですか。そんなに多い名前じゃないと思うんですよ。で、こんな事、あるんだ~って、ずーっとテンション上がってたんですけど、そこにいたスタッフが、「あ、そうっすね…」【ローテンション】みたいな。え⁉スゴくないか⁉と。「この、タイチが4人いるっていう事、コレ、奇跡だよ⁉」っつったら、「う、うん…ま、そうですね」。全然、やっぱ、タイチはテンション上がんのよ。4人のタイチはテンション上がるんだけど、タイチじゃない人たちは、全然テンション上がってないのね。スゴい事だと思うんだけどなぁ~と思いながら、「うん、あ、ま、そうっすね」っつって。で、そこからもう、この話はしない方がイイんだなと思って。もうちょっと、盛り上がる話だと思って。うん、こんな奇跡、起こしたような気がしたんっすけどね~、うん。僕なんか、4人でご飯を食べていて、3、僕、左利きじゃないっすか、箸。3人が左利きになる事もあったりするワケですよ。4人っていうのは、今まで無いんですけど。それすらも、みんなテンション上がるんです、うぉ~!っつって。左利き、3人だね~、なんっつって言うんだけど、一人だけ右のヤツが、「あぁ、そう、珍しいね」。やっぱりね、そこに参加出来ない人のテンションって、やっぱ、温度差があるなぁっていう話でしたけども。この間ね、この間っていうか、さっきなんっすけどもね、あの~、永田くんが面白い場所に最近、行ったらしいんですよ。(笑)今日はね、その話もちょっと一緒にしたいなと思いまして。ナンか、ナンかの話の流れでね、さっき、お昼からお酒を飲むって贅沢だよねっていう話をしたんですよ。それ、最近僕も、えーと、ビビットが終わって、その日、ナンにも無くて、お昼から焼肉を食べて、お酒を飲んだことがあったの。それがスゴく贅沢な1日だなと思ったから、それを話そうと思って「お昼から飲むって、贅沢だよね」って話して、で、作家さん2人も「あぁ、そう、それは解る」って話をして、じゃあ、いつ飲んだ?って、話を訊いて、イデくんの方は「ここ最近、あったかなぁ?」って話して、ほしたら、永田くんが「昨日、行きました」ってね。その場所は、どんな場所だったんでしたっけ?【「すっぴんバー」】(笑)お昼に(笑)お昼に「すっぴんバー」という、ちょっと細かく聴きたいんですけども。どういうバーなんですか?それは。【店員が化粧してない、ガールズバー的なトコ】【略】オレの言ってる贅沢と、ちょっと違う贅沢になっちゃってるね?それはね(笑)。ナンか、焼肉も食べたし、ちょっとお酒飲もうかな?っていうノリで、贅沢な時間だなぁ~っていう感想ですよ、私の場合は。そこをガッツリ、行こうとしたワケじゃないですか、昼から。昼から「すっぴんバー」へ行こうっていう。それも贅沢か⁉そうだね、仕事の事を夜考えなくていいっていう時間じゃないと、行けないワケですもんね。【略】というような話ですね(笑)今日のフリートークは。(笑)フリートークですから!今、一番、旬で面白い話を持ってくるのが一番だと思って、オレは永田くんの、その話が一番面白かった、後半でね。その2本立てで、お送りしましたけどね。

【境界線判定協会】
ナニ⁉このカッコいいBGM⁉スゴいカッコいいコーナー始まったみたいじゃん。ナンか、音楽の割に、コーナーが幼稚だと判りましたけどもね。さっそく紹介して行きたいなと思います。
≪挑戦出来る絶叫アトラクション境界線:ジェットコースターはOK、バンジージャンプはNG≫
あぁ。そうね~、うーん、ま、遊園地の境界線でも、ハラハラするモノの境界線、ジェットコースターは、いいんだけど、お化け屋敷はちょっと…とか。今さぁ、もう、お化けが本気出して来るヤツ(笑)多いじゃない⁉昔はさ、どうせ、コレ、ナンか、機械で動いてたんでしょ⁉っていうところで、救いあったけど、今やもう、救いがない。あの、今出て来た人間が、ホンモノか、それとも、もしかしたら、オレにしか見えないニセモノか、みたいな、そのぐらい、リアルになってきちゃってるじゃないっすか。ね~、怖い!

≪曲が長いと感じる境界線:4分30秒≫
あぁ、確かに。ナンかこう、うーん、僕なんかも、その、曲を作ってる時は、分数なんて、気にしないワケですよ。だから平気で5分ぐらい行っちゃう時もあるんですよ。でも、コレちょっと長いな~と、スタッフなんかと話をしたりして、もうちょっと短くしたりするんだけど、ある時からもう、2分50秒ぐらいで終われる曲って、スゴいイイ曲だな~って思うようになったりとか、お腹いっぱい聴かせることが、イイのかどうかってね、難しいところもあるんだけど、例えば、それでも「Hey Jude」とか7分ぐらいあるのかな?うん、とか「Layla」だって終わったかなと思ったら、ピアノのコーダーが来たりとか、アレはアレでいいんだよなぁ~。うーん、ちょっと難しいところではあるけれども、なにせ、オレ、「Hey Jude」7分と思った事もないし、「Layla」も長いなと思った事がない。4分半で長いなって思わせる曲は、良くないんだろうなって思うな。うん、頑張んなきゃと思う。

≪オッサンの短パン境界線:膝小僧が見える・見えない≫
(見えていたらダメ)ダメだって。オレ、もうオジサンじゃないですか。オジサンではありますけど、膝を、膝小僧を隠す短パン、一つも持ってないっす。もう全部膝上!うん、ナンだったら、ホットパンツぐらいのヤツもまだ、ありますからね。でも、どうなんだろ?短パン履いてるのに、膝小僧を隠す方が、オッサンじゃないかなぁ?気にすんなよ!見せていこうよ、小僧を。ね?今、小僧って言える部分ってもう、膝ぐらいしかないワケ(笑)だからね、オッサンになってきたらね。膝オッサンだからね。


【Radio Box総選挙:歌詞を観れば歌える最新曲はナニ?】
≪オフィシャル髭男dism「Pretender」かback number「HAPPY BIRTHDAY」≫
(ラジオのパワープレイとかで耳にする)それで言ったら、オレ、アレだな。パワーソングで一時、スゴい流れてた、スリムグランピー、違う(笑)ナンだっけ?違うわ(笑)。【「グリム…」】GLIM SPANKYだ(笑)。GLIM SPANKY!系は、結構ね?ありましたよね⁉”ほえろよ”とか、ありましたよね⁉アソコら辺は。でも、ちょっとヤバかったですね。”スリムグランピー”(笑)【曲名も違ってるよ⁉”褒めろよ”だよ】(笑)よく出て来たね⁉

≪尾崎豊「卒業」≫え⁉スゴい古くね⁉【幾多の挫折をこの歌で乗り切った】(笑)おいくつですか?【書いてない】でもさ、数々の、今まであった”卒業”が、この人にはあるワケじゃないっすか。その度に、コレを歌ってから、新たな道に行くって、スゴいね。は~、そういう曲は作らなきゃいけないなぁ…。

≪「パプリカ」保育士で、よく耳にするから≫
あぁ。コレね、スゴいよね。Eテレで毎日流れるんだよね。で、いろんなキャラクターだったり、
Eテレのキャラクターたちが、それを踊ったりとかするんだよね。僕ね、コレ、開会式で歌うべきだと思うけどね。したらもう、大人だけが楽しむオリンピックではなく、子供たちも楽しめるオリンピックになるような気がするんだよね【去年の紅白は観てないのね】。やっぱ、米津玄師さんってスゴいね!オレも、言ったら、「パプリカ」歌えるかも知れない。ナンとなく。♪夏が~く~る~♪みたいな感じじゃなかったでしたっけ?(笑)こんな曖昧な感じで(笑)ラジオで歌っちゃいけないよね⁉夏が来るの?夏が来るで合ってるの⁉歌詞?ナンか、違うような気もするけどね。♪明日は晴れるかな~♪とかだよね⁉あ、それも判ってない?

≪宇多田ヒカル「オートマチック」≫
え~っ?結構前の歌だね。歌詞を観ないって、結構、ハードル高いよね。ナニ歌えるだろう…?自分らの、自分らの曲でも、オレ、怪しいなぁ…。だって、オレ、自分らの曲、全部歌ってないもん。2番とかだもん。2番とか、マズいよね。(笑)だし、主メロで歌えないもん、オレ。ずーっと、下ハモだったから、だから、カラオケやっても、途中から下ハモになるときあるの(笑)。

≪「ファンタスティポ」歌いやすく太一パートが好き≫
あぁ!そうですよ、あの~、伝説のユニット。ま、みんなさ、修二と彰でしたっけ?の、イメージが強いと思いますけど、修二と彰より先、やってますからね!「ファンタスティポ」は。トラジハイジっていうね。どっちですか?オレは。トラジでしたっけ(笑)?オレ、トラジ?焼肉屋の方?焼肉屋にトラジってあったよね?トラジですよ、ワタクシは。

≪「パプリカ」≫
あぁ、やっぱ、そうなんだよね。みんな、ドコかで聴いてるんだよ。で、それが米津玄師さんの「パプリカ」って判らないにしても、多分、みんなも鼻歌で歌えるんじゃないっすかね。♪夏が来る~♪でしたっけね?歌詞、合ってるんですか!?コレは。合ってた⁉あぁ、ヨカッタ。♪明日は晴れるかな~♪とかでしたっけね。(笑)アレ?さっきやったね、コレね。この流れ(笑)。

【「パプリカ」、あいみょん、多かった】
あぁ、やっぱね、人気のある人たちだけども、ま、「パプリカ」ってさ、やっぱこう、Eテレとか観てたりとか、子供が歌ってるのを聴いたりとか、毎日ドコかで、米津玄師さんの曲じゃなくても、聴いてるんだろうね。そういう曲が強いよね。「ラブストーリーは突然に」みたいなヤツ。

【次回テーマ:手品観る時、タネ探す?】
オレはZettai、探さないと。みんながタネを探そうとするから、オレ、緊張してると思うんですよ、マジシャンの方も。(温かく見守ると)はい、ワタクシは。いや、もうさ、もはや、判んない、手品って、どう見るモノかっつったら、僕は、エンターテインメントだと思ってみるワケですよ。タネあかしっていうのも、エンターテインメントじゃない気がするんですよね。どうやって観るのが正解かも、判んなくなってきちゃって。是非、教えて欲しいなと思ってね。


【そこに問題アリ】
≪女の子と言ってくれるが、実際は白髪混じりの子持ちオバサン≫
オレ、ナンか、前も言ったっけ?リスナーの事、子の事をね、女の子っつーか、「子」って、リスナーの”子”って言っちゃうの、うん。ま、いいよね?それはそれでね。

≪プライベートの畑について話す時、4年ほど前から、「8年ぐらいになる」と言い続けてる≫
(笑)いやいや、もうさ、何年やってるか、判んないのよ。でも一応、結構やってるよっていう。結構やってるよ=8年なんだろうね、オレの場合は。でも、そんな事言ったらさ、中国3年、3000年の味、…4000年ですか!?(笑)4000年の味なんて、ずーっと4000年じゃないっすか⁉それと一緒ですよ。それと一緒!もう、長くやってるっていうだけが言いたいんです。

≪レディボは他の番組よりギャラが安いのに一番楽しそう≫
まぁ、だから、楽しいのかも知れないよね⁉だって、うる覚えの歌、さっきみたいに歌えます⁉普通、自信持ってないと、歌っちゃいけないと思うもん。一番楽しそうだって♪

≪真矢さんに「(太一は)他の仕事の話をしない」と言われていたが、レディボのPRとか、もっと話すべき≫
そうですよね~、この番組について、じゃあ、他の番組で話したかってっつったら、1回も話した事ないっすね。ま、そっとしておいて欲しいっていうのもね、正直なところですからね。


さて、今週もそろそろお別れの時間ですが、ココでお知らせです。え~、学生の皆さん!宿題もやりましょうね。もう8月入りましたからね!【略】さぁ、手品を観る時、タネを探そうとしますか?という事で。手品を観る側の片からのメールはもちろんの事、マジシャンからね、「そういう目で見ないでください」というね、(笑)あの~、いや、それこそ、「いや、タネを探してください」っていう方でも、全然いいと思います。どちらでもいいんですけども、とにかく、私は、もう手品をどう観ていいか、判らなくなってきてしまったっていうのもありますんでね。どうやって観るのが、エンターテインメントなのか、そこら辺もね、細かく書いてくれると、あぁ、そういう見方があるんだなと思うので、え~、じゃんじゃん送って来てください。ま、僕みたいな意見もあると思うので、そういう方もですね、え~、メールを送ってくれたら嬉しいです。それじゃあ、今週はこの辺で!お相手はTOKIOの国分太一でした。また来週です、バイバイ!
7月28日日曜日。時刻は7時を過ぎました。おはようございます、TOKIO松岡昌宏です。さぁ、本日28日は語呂合わせから、なにわ、7月28日でなにわの日。はぁ、じゃ、大阪はもう万々歳だね(笑)、今日はね。なるほどね、そういうのがあって。もう日本という国は、必ず毎日、ナンの日っていうのがあるんだね。言ったもん勝ちだしね。もうだから、1月11日はオレの日ですよ、誕生日だから(笑)。キリがないんだよね。あの~、3月16日は、オレの日だって、よく言うんですよね。どういう事かって、0316、まさひろ、ナンで。え~、ま、昔のポケベル世代の人間だったら判るでしょう。0316で、まさひろ。まさひろの日っていう事で、この日はナンの日かって言うと、オレの知り合いがですね、二人ほど誕生日がありまして。「ナンでこんな日、覚えてるの⁉」って言われるけど、「オレの日だからな」っつって(笑)、えぇ。相変わらず、浮かれた、うぬぼれた人生送ってますよ。≪エアコン買い替えた≫今年、寒かったけどね、ちょっとね。ま、明けてしまえばね、梅雨が。また暑いんでしょうけど。≪気が付いたら、頭の中で流れた曲、口ずさんだ事ある?≫ま、あの~、結局ね、どっかで耳にしてる曲だったりしてるのよ、オレの場合は。じゃ例えば、メシを食ってる居酒屋さんとかさ、そういうトコ、USENが流れてするじゃない。で、よくあるのが、昔の曲と今の曲が交互に流れてたり、洋楽と、流行の洋楽と、日本の曲が交互に流れたり。ま、そんなUSENが結構多めかな。で、それを聴きながら、メシ食ったりなんかしてると、気付いたらその次の店行く時とか、家に帰る途中とかで、その曲を口ずさんでたりするよね。アレ?ナンで?って、オレ、この曲、そんなに歌った事も無い、聴いた事も無いけど、何故だろう?みたいなね。この間ずっと「キャッツアイ」が流れてた、頭の中で(笑)。ナンでた?と思ったら、あぁ、あそこの焼き鳥屋で「キャッツアイ」流れてたな。大体、焼き鳥屋であんま、「キャッツアイ」とか、流してんじゃねぇ!って話になる。ま、ナニ流してもいいんだけどさ。えぇ、ナンかね、「キャッツアイ」(笑)って、「キャッツアイ」を聴きながら、ウチワをあおいでる、みたいなね。ちょっとテンポが速くなる、あの(笑)、ウチワのテンポが。皮とかちょっと、焦げたりするんだけど(笑)。でも、ナンか、そういうのかな、そういうので、ビリー・ジョエルが頭に流れてきたりとかさ、ね、急にミニー・リパートンとかさ(笑)、メチャメチャだなぁ。そういうのありますよ。ま、皆さんもあるんじゃないでしょうかね。

さてさて、今日はですね、ナンか、ナンとなく、最近ちょろちょとっと、感動した事が何個かあったんで、ま、その辺の話をちょっとしようかななんて思うんですが、まずですね、まぁ、先日、もう終わったんですけど、我らが草笛光子さん、草笛ママがやってた、おやりになっていた舞台「ドライビング・ミスデイジー」ですね、紀伊国屋ホールで拝見してきたんですが、まぁ、ちょっと相変わらずスゴイですねぇ。ナニがスゴいかって、僕コレ、映画で観てて。89年、90年ぐらいの映画だったと思うんですけどね。好きな映画の一つだったんですよね。んで、ま、コレが舞台になるって、ま、舞台は向こうでもやってますし、今までもやってるんで、知ってたんですけど、それを草笛光子さんと市村正親さん、で、堀部さんでおやりになるっていうのを伺ってまして、Zettai、時間が出来たら行こうと決めていて、で、伺って来ました。ナンかね~、久々に舞台を観て泣いたかな。うーん、やっぱり、その、ミスデイジー役の草笛さんの、ね、ステキなところ、そして、ずば抜けた表現力。それを当たり前のようにリスペクトする、スゴいんですが、ナンだろ、舞台に立ってる人っていうのは、自分も舞台やらせてもらってるから、判るんだけどね、どうして、まぁ、あんなに空気感を変えれるモノなのかなっていうね。3人しかお出になってない舞台なんだけどね、で、堀部さんが、堀部圭亮さん、そして、市村正親さん、なんだけど、その3人のね、空気感がめちゃめちゃいいんですよ。ま、要は、判りやすく言うと、その、ま、差別の話もちょっと絡んで来るんですけどね。ま、そのユダヤ人である、その~、ミスデイジーと、その息子がいて。で、高齢になったミスデイジーが、結構事故を起こす事が多いので、運転手を付けようという事で、そこに市村正親さん、お役のね、ま、黒人の運転手さんが来るワケですよ。で、最初は向こうのね、当時の差別とか、いろんな事も題材にしてますから、え~、その辺の世界観ナンかもあるんだけどもう、そんな事よりも、人間というモノの付き合い方、向き合い方、触れ合い方、そんで、愛し方っていうのかな。人間愛。コレがもう、スゴイ、綺麗にフューチャーされてるというか、表現されてるというか、もう、ゾワゾワゾワゾワしてくる舞台でね、空気感が。で、まぁ、やはり天才なん、天才って言ったら失礼なんだな、きっと、こういうのって。スゴいなぁと思ったのが、やっぱり市村正親さんの、もうね、本当に、間っていうのは大事なんだなぁっていうのは、つくづく、勉強させてもらいましたね~。あのゆっくりの中での間。空気感。で、用意したセリフじゃなく、本当にパッと出てしまった言葉。それがまぁ、あくまでセリフなんでしょうけど、セリフに聴こえないんだよね。もう本当にその場から、もうどうしていいか判らず、思わず出てしまった言葉みたいな、そういった温度。絞り出される言葉の震え方一つとっても、いやぁ、いいモノを観させてもらえて、いい勉強をさせてもらえたなぁって気がしますね。うーん、ナンかやっぱり、時間が出来たら、なるべく人の、人さまの舞台観に行かせてもらうんだけど、ま、この間も植本純米と、我らがその~、敦子姐さんって呼んでるね、え~、あのミタゾノでもお世話になってる敦子姐さんの舞台もそうでしたけど、やっぱり、人の、人さまのを拝見するとですね、素直に舞台として、あぁ、なるほど!っていう勉強の他に、あ、自分だったらこうするとかね、そういう事も同時に、考えながら観る事が出来るんですよ。もう終わったしまったんですけど、もう1回観たいなぁ。うーん、またやって欲しいなぁ。やっぱり素敵なお三方の舞台でしたね。え~、勉強させてもらいました。ま、後半もちょっとね、面白い話、したいと思います。

さぁ、さきほどはね、ちょっと「ドライビング・ミスデイジー」の話しましたけど、ま、今もチョロッと出ましたが、前にね、皆様の質問みたいなトコに≪どんなYouTube観てる?≫みたいのあったんですけど、ま、僕は基本的に、その、旅とかね、え~、一人で食事するオジサンの動画とかね、そんなのを好きで、好んで観てるんですよ、ナンて言ってたんだけど、ま、いろんなのも、ちょろちょろ観るんですよ。ただその~、あんまり同業者がやってるヤツは、あんま見ないっていうか、ま、それだとTV観ようっていう、そんな僕ではあるんですが、そんな中ですね、ちょっとこの間、ナンの気無しに観て、大感動してしまったモノがあったので、ま、それをちょっと、ご紹介しようかなと。一体どんなチャンネルかっていうと、僕はホントに普段、喋る、誰かが喋ってるYouTubeっていうのは、あんま見ないんですね。あの~、ホントにテロップとかで、文字が出るぐらいの方が、僕は好きだって言ってたんですけど、そんな私がですね、ちょいと、涙してしまったというか。それがですね、カジサックこと、キングコング梶原さんの、ま、YouTubeかな。YouTubeん時はカジサックでやってんのかな。で、ま、いろんな芸人さんとかが、お出になってて、TVでは言えない様な事をやってるっていうのは、ナンとなく観てて。ま、華丸さんのヤツを観て、あぁ、なるほど、華丸さんはこんな感じなんだっていうのを観て、そしたら1ヶ月後に大吉先生が出て。いやいや待てと。華丸が言ってるのは、ちょっとズレがあるぞっていう、その修整を観ながら、また大笑いするっていう、あ、なるほど、こんな、ま、僕も知ってる話もあれば、あ、こんな事もあったんですね、みたいな事で、やってったら、観てたら、あの~、ま、つい1ヶ月ぐらい前かな、ナンか、カジサックに、ついにキングコング西野さんがやってきた、みたいな、チャンネルがあったんです。お、お⁉どういうことだ?と。当たり前にキングコングじゃないのか!?と。ね?でもその、カジサックとしてやってる以上は、その~、そっちのキャラじゃ無く、カジサックとして、キングコングの西野さんが来るっていう体でやるんですよ。で~、ま、長いコンビ生活の中で、元々はコンビじゃなかったっていう話をして、お互いにグル、ね、コンビを組んでたけど、そっからキングコングを作って、ま、合間に、カジサックもいろんな事があったり、で、はたまた西野さんも絵本の方に行ったり、いろんな人から、いろんな声がある中、やっぱり、自分の信じた道を行くみたいな事とか、いろんな事を話すんだよね。で、ナニに感動したかって言うとね、2人にしかないドラマ、2人にしか判らない共有する言葉、物語みたいのが、きっとあると思うんだけどね、よくもまぁ、あそこまで隠さずにちゃんと乗っけたなぁって、思ったの。ホントオレ、正直悪いんだけど、あの、あんまりキングコングのお二人は、そんなに知らないのね。あの~、ご一緒した事は、2、3度あるんだけども、そんなに、「はねるのトびら」も、そんなずっと見てたワケじゃないし、もちろん存在は知ってますし、アレだけど、その2人がどうだっていう事は、あんま判ってなかった。で、明るいカジサックと、絵本が本当にスゴい、その西野さん、で、いろんな方が西野さんの話も聴いてました、いろんな芸人さんの方から、やっぱり、その、絵の事もスゴいっていうのもあるし、絵がスゴいって言われる前は、一体アイツは何をしようとしてるんだ?っていう声が多かったのも聴いてたんです。吉本じゃない僕らですら、聴いてた。ね、でも、そんな中、その話も出てくるワケですよ。その2人の中で。で、一体西野はドコに向かおうとしてんねんって、言ってた人ほど、西野さんが絵本で、その~、成功した瞬間に、アイツ、やったな!やりよったな!って、手の平を返すようになった。それを聴いた瞬間に、相方のカジサックは、お前、ナニ、ぬかしとんねん!って、ココまで出かかってるけど、それは言えないと。相方の事も。そんで、2人もいろんな事があって、で、「解散せぇへん、解散しようと思わなかった?」「いや、それはないかな」みたいな。「うーん、それも含めてオモロかったしな」みたいな。「オレがいなくなって」ま、カジサックがいろいろあって、いなくなった時期があったと。そん時に、「解散しようと思わんかった?」「いや、思わん。あん時、覚えてるねん」カジサックが言って。西野さん家のドアを開けて、ピンポーンってやったら「開いてるでー」っつって。「スイマセンでした」って謝ったら、西野さんはギター持ってて、ジャーン「ええで」(笑)って言ったと。ま、スゴい、ドコまでがネタでドコまでが本音なのか、判らないんだけど、それも含めて、そうね~、コンビの素晴らしさ、人の素晴らしさ、そして、何よりも、お互いがリスペクトしあって一番大事なプロフェッショナルであるっていう事を、とてもあの~、うん、回を観て、感動して、気付いたらティッシュ、みたいな感じで。(笑)それでね、エンディングを迎えるんだけどね、その、撮ってたスタッフが号泣してんのよ(笑)。オレとおんなじ、オレと同じような【鼻をすする】ってなってて、あぁ、そりゃあ、このスタッフの人はもう、オレなんかよりも、スゴい号泣してるんだろうなぁって。オレ、全然、ナニも知らないオレですら、あぁ、いい関係だなぁ~、素晴らしいなぁ、キングコング、って、ね、決して上目線からではなく、素晴らしいなって、リスペクトして観てたから、コレは一緒に、共に時間を過したスタッフとか、編集してる人とかは、余計感じるんだろうなぁ、なんて思って観てましたよ。そう、それともう一つ、チョロッとね、涙がね、出はしなかったんだけどね、ウルッと来てしまったって、コレ、松岡、不覚にもね、ウルッと来てしまった。コレは若干、酒が入ってたって事もあるんだけど、友達のね、あの~、友達がちょっとあの~、ナンていうの、あの~、東京から出なきゃいけないっつーんで、じゃあ、早めにみんなでご飯食べようっつって、日曜日に、ちょっとオレがよく知ってる居酒屋さんでね、3人ぐらいでメシ食ってたんだよね。で、もう、6時ぐらいからご飯食べてたから、若干(笑)、若干お酒も少し入れながら、あの~焼き鳥とかつまんでたら、鉄腕DASHが始まったのよ。ね、で、鉄腕DASHを居酒屋で観る事なんて、ほとんどオレは無いんだけど、ずっと流れてたから、「変えて」っていうのも、ナンか、イヤな話だし。そしたらあの(笑)、ウチのシゲちゃんと、あの~相撲が始まったのよ(笑)北村の。(笑)いい試合だった(笑)。いい試合だった!あの七夕相撲。よく3回も取ったよ、シゲちゃん。あ~れはね、アレもよく計算なくね、思わずオレはね、珍しく、ホント、初めてじゃないかな。シゲちゃんに「相撲、感動した」ってメールを送ったら、シゲちゃんから「マジ⁉」って来た(笑)。それが最近あった事かなぁ~【ジャニーさんの事は喋らないのね】。ちょっと面白い事が続いたんで、え~、ちょっと皆さんに紹介してみました。

Nack5で松岡昌宏がおしてます【⁉】TOKIO WALKER。ココからは番組のコーナー「初めてのドキドキ」。≪免許取りたてで車庫入れ出来ず、通りすがりの人に頼んだ≫【略】そう、その免許って言えば、コレもナンか今、いろんな事やっぱ言われてるんですけど、ね、賛否両論あるのは、百も承知で、ちょっとだけ、私の意見言わせてもらいますと、確かに、ま、前からあったと思うんだけどね、それがフューチャーされてだけの事なのかと思うけど、お年寄りの免許の、その、ね、返すのか返さないのか問題とか、いろいろあるじゃないですか。コレ、僕も確かに感じるんですよ。コレがいくつなのか、で、それと、お仕事で、やっぱ、お使いになる方もいらっしゃるっていう現実とかもあって、でも、というものの、前も言ったかも知れませんが、期限を決めてさえしまえ、決めてさえすれば、頭に来ないはずなんですよ。だから日本という国は、車の運転免許は18歳から70歳ですよ、もしくは、75歳までですよっていう風に最初っから決めれば、もう、オレ、来年で運転出来なくなるからっていう会話になるワケじゃないですか。というモノの、この国も今もう、高齢化社会でどんどん、皆さん、お年寄りがお元気な事は百も承知です。だから、70歳を越えたら、基本、75歳までは、例えば、その、地域を決めるとかね。例えば農業をなさってる方で、この区域だけは、運転しなきゃいけないって方がいたら、この区域に限っては、運転していいですよとか、そういうやり方をすればいいんじゃないかなぁと思うんだけどね。ま、ま、ひとえには、それがまた、言えないんだろうけども、難しい問題も出て来るんでしょうけども、でも、コレはね、多分、これから出て来る問題で、まだまだ出て来るでしょうし、ちゃんと決めなければいけない事なんじゃないかなぁと思います。あとやっぱ、4月1日から変わるらしいですけど、日本もいろいろ、オリンピックもね、来るって事で。やっぱり受動喫煙の問題含めて、もうちょい、キチっとしません?さすがに子供いるトコで、大人タバコ吸ってるっていうトコで食事っていうのはもう、あり得ないでしょ⁉それは平米数とかではない気がしますけどね、僕はね。平米数がナンとかっていう話も聞きますけど、もうやっぱり、そうね、未成年が入れない店はいいけど、うん、そうじゃないとこを決めるとか。うん、そういう風にしていかないとね、ま、自分も吸ってた人間だから、どうのこうの言えないんですけども、と言いつつ、やっぱりその、子供たちの事とかね、あと、人様の事を考えると、いや、もう、タバコはだって、愛煙家の方もいらっしゃるのは判ります、自分もそうでしたから。でもやっぱ分煙っていうのが大事で、キチッとした分煙さえ、それもやっぱ、ルールなんです。決めてしまえばもうしょうがないワケだから、それをいつまでもグズグズグズグズ言ってるっていうね。コレ、原因はね、多分ちょっとハッキリしてんですよ。おそらく、コレを決めようとしてる人たちが吸ってるからです(笑)。コレ、みんなが吸わない人だったら、スパンと決まるハズなんですよ。でもじゃあ、タバコ吸う人の人権はドコにあるんだ?みたいな事にもなるしね。だからちゃんと吸える場所もキチッと作って。そこで、だって、税金納めてるんだって方もいるでしょう。それはごもっともですから。その辺もしっかり考えて。平米数とか、そういうナンかね、そういう事じゃない気がするんだな、オレは。うん、ま、そんな事もちょっと言っておこうかなと思います。リクエスト。≪初めて聴いた時ビビット(by太一くん)きて≫いらないよ!そんなの。

さぁ、という事で、まぁね、いろんな形のラジオをやってんですけど、ま、基本的に私は今日みたいにね、ナニも決めないで、やる日もあっていいかなと思ってるんで、といいつつも、皆様からのお便りなんかも、ガンガン待ってるんですよ、えぇ。そんな中で面白いのがあったんで、一つ、紹介します。≪雨が降る前の匂い判る?≫判りますよ!あの、ちょっと空気が重くなったり、湿気、ま、もしくは埃っぽくなるって言えば判るのかな。ま、それと同時に、僕の場合は髪の毛が丸まって来ますから。うん、あの特有の、雨降る前の匂い、うん、で、雨上がりの匂いもあるんですね。で、降り出した瞬間の匂い。3つありますね。雨降るな~っていう時の匂いと、降り出した瞬間の匂いと、で、雨あがった時に、ま、個人的には、雨上がった時のね、あの匂いが一番好きですけど。え~、ま、梅雨はね、え~、今年なんかも結構寒かったですから、みんな、体調壊した人もいたんじゃないかなと思いますけどね。梅雨寒でしたからね。でもやっぱり、そうなってくると、また夏がね、人間はワガママな生き物だからさぁ、雨が降ると、あそこが痛ぇ、ココが痛ぇ、って。晴れるとあちぃ、冬はさみぃ、じゃいつがいいんだって、ホント短いのよ。秋と春のちょっとしかない時期。ずっと続けばいいね、それが。髪の毛と一緒だよ。あ、今、ちょうどいいやっていうと、もう、一週間後に伸びてるっていうね(笑)。えぇ、ずっと続いて欲しいなぁ、ナンて思いますよ。

さぁ、いかがだったでしたか、本日のTOKIO WALKER。ココでね、ま、チョロッとまた新しいコーナーでもやりたいなという事で、募集してみましょう。企画名「〇〇しすぎた」。アナタがつい〇〇しすぎちゃったエピソードあるでしょう。〇〇しすぎた、夜中のラーメン、夜中の大福、夜中のモナカアイス。全部オレ!(笑)はい、例えば食べ過ぎ飲みすぎ、いじりー、ナンとか、いろんなのあると思います。ナンでも結構ですよ。しすぎてしまった、コレをしすぎて、私は会社をクビになりました。ね、いろんなのあります。コレをしすぎて、私は上手く行きました。ね、いろんなパターン、ナンでもOKです。是非送って頂きたいと思います。そういった形で皆さんもこの番組にドンドン参加してみてください。【宛先告知略】ワタクシ松岡とは来週の日曜日、朝7時にまたお会いしましょう。本日も素敵な一日、お過ごしください。お相手、松岡昌宏でした。バイバイ!
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 10
12 13 14 15 17
19 20 21 22 24
26 27 28 29 30 31
カウンター
アーカイブ

プロフィール
HN:
香琉
性別:
女性
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
 次のページ

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]