忍者ブログ
TOKIO WALKER他、TOKIO関連のラジオ番組テキストです
TOKIO NIGHT CLUB!
こんばんは。松岡昌宏です。オープニングのコーナー「今更ムービー」。ベタな定番映画、今更紹介しまして、おススメ度を星の数で評価します。満点はちなみに10コです。さぁ、先週、お聴きの方は覚えてますか?え~前回、『ぼくらの七日間戦争』、アレ、88年公開でした。同時上映『花のあすか組』。その時、あの当時って、そういうドラマ流行ったんだよねと、映画流行ったんだよねと、で、オレのすんごい好きな映画もその時代でした。あ、来週、その映画をご紹介しましょう、と言った、映画です。ご紹介します。『ロックよ、静かに流れよ』ねぇ、コレも公開、1988年ですね。主演、我らが先輩、男闘呼組の4人ですよ。ねぇ。ミネサ、トモ、スゲー、懐かしい。あの、いろんな人が出てるんですよ。トンダ、ねぇ、俊介。男闘呼組の4人ですね。あのね、お母さんがね、あべ静江さんなの、岡本くんの。そうなんですよ。でね、リーダーも出てるんですよ、あの、渡辺さん、コント赤信号の【そのリーダーか!紛らわしい!】。お弁当屋での店長で。寺尾聡さんも出てるんだよ!あの、カメラマン役で。スゴいですよ。でね、先生が内藤(剛志)さんなんですよ。もう、全部覚えてるもん。ま、なんてったって、どういう映画かと言いますと、これ、長野県だったかな?長野県松本だったかな?に、引っ越した片岡俊介という、岡本くんね、がいるんですけど、その、学校行って、新しい学校で、バンドを組むんですね。バンドを組むのは大変で、いろんな事があって、みんなでバイトして楽器買って、で、地元でコンサート開く。地元でコンサート開く、そのちょっと前にミネサが死んじゃうんですね、バイク事故で。コレはすっごいイイ映画でしたね。僕の青春そのものでしたね、コレが。『ロックよ、静かに流れよ』ま、言うまでもありませんが、おススメ度、星、10個です。コレ、間違いないですよ。いやぁ、懐かしい!ココで1曲聴いてもらいましょう。男闘呼組で『LONELY...』

(曲演奏)

『助けて~!アニキ!』さぁリスナーの方のお悩みに、ワタクシ松岡が、お答えしようと思います。まずコチラ。「お正月、お友達に年賀状を書いたのですが、あっちから年賀状が返って来ませんでした」(笑)「その事を友達に言ったら、『私、年賀状送らない主義だから』と言われました。よく何々主義だからっていう人いますが、松岡さん、どう思いますか」って、スイマセン、僕も(笑)返してないです。(笑)ゴメンなさーい【可愛い~♪】!ゴメンなさい。別に僕、主義じゃないです。(笑)主義じゃないけど、オレね、考えてみたら、年賀状って、昔から、そんな書かないわ。ナンもない時に、ハガキ、手紙書くの、好きなんだけど【(゜∇゜ ;)エッ!?そうなの!?】年賀状は逆に書かないね、オレは。うん。元気ですか?みたいな事を書くことはあっても。何々主義。オレはナニ主義なんだろ?スタッフ、ウチの。ラジオのスタッフ、オレはナニ主義だと思いますか?…昭和主義だそうです。(笑)ね、ゴメンね。せっかくくれたのに、ナンも(笑)ナンにも。でも、コレ、別に相談って、アレじゃないもんね【そうだよ、最近、こういうのが多いような…。全然「助けて!」じゃないよ!】。ね、ハイ。次。「彼氏とよく食べ放題の店に行くんですが、彼氏は元を取ろうと、いつも以上に食べて、食べ終わった後、気持ち悪いといつも言っています。体調崩します。こんなケチな彼氏、どう思いますか?」【ほら、これも悩みじゃないじゃん…】あのね、食べ放題はバイキングだから、それでいいんです。えぇ、何度経験したことか、あの気持ち悪さ。食い放題で。焼肉?寿司まであっちゃったりなんかして。ご飯もの食ったら腹膨れるから止めりゃいいのに。よく行きました、僕も。普段食わない、よく判んないゼリー、ナニ味?コレ、みたいな(笑)。でも旨いんだよね~。あぁいう、で、また、楽しいんだよ、食べ放題っていうのはね。でも、ある本を読んでて、面白い事が書いてあったけど、食べ放題を食べるんだったら、もう、それは多分、20代までなんじゃないか、みたいな。30代になったら食べ放題の値段で、ちょっといいものを食べましょう(笑)みたいな。でも食べ放題ってそうでしょ?大体、2800円とか3500円とか、それぐらいでしょ?それだったら、その分で、そこそこのものを食べた方がいいんじゃないですか、みたいな事、書いてあって、おっしゃる通りだなと思ったのもあります。だから、アナタの彼氏は全然オカシクもなんともないです。「いつも上から目線で話をしてくる同級生が部活にいます。『コレ、言って、伝わるかなぁ?』とか『何々ちゃんに、まだ早いか』みたいな先輩な感じでアドバイスされます。正直、お前に言われたくねーよ、と言ってやりたいです。耐えるしかないんでしょうか」お前に言われたくねーよ、言っちゃえ。うん、言っちゃえばいいんですよ、別に。ムリして友達でもないんだったら。「まだ早いかぁ」って言われたら、お前に言われたくねーよって言ってやれ(笑)。それで喧嘩になったら喧嘩になったでいいじゃん。でも、あくまでそれはオレの意見です。おそらく大人だったら、ううん、気にしないで、耐えて聴いてあげな。そうすればアナタの方が大人だからっていうのが、きっと、いい意見だと思いますけど。(笑)スイマセン、僕はそこまで大人じゃないんで(笑)。「私は新幹線に乗る時、私はトイレに行きやすいように、通路側を選ぶんです。窓側の人が頻繁にトイレや電話でデッキに行くのが許せません」なるほどね。「その度によけねばならない、寝ることも出来ない。そんなにデッキに出るんだったら、通路側の席を選べばいいと思うんですが、そう感じるのは私だけなんでしょうか」あぁ。でも、あの、行く場所によりますよね!?行く場所。遠ければやっぱりトイレも行くでしょうし、まぁ、電話はね、もしかしたら仕事関係で、必要な事かも知れませんしね。でも確かに寝る事出来ないっていう、その気持ちも判るんだよね。ただ、人によっては体調をね、崩してる方もいるかも知れないし、トイレの場合はね。うーん。でも、こういう時ってどうすりゃいいんだろうね、マジで。席変わりましょうか?っていうのも、ヘンな話だしね。うーん。いやいや、そう感じるのは私だけなんでしょうかって、いや、オレ、気にした事なかったから、アレだけど、やっぱ、寝る事も出来ないって、確かにツラいかもしれませんけどね。コレ、対策もないもんね、混んじゃってた場合はね。不運だと思うしかないね。それもナンか、ま、どっちもマナーなんだろうね、だから。どっちもマナー。うん、と思いますけどね。うん。さ、アナタのお悩み、教えて頂きたいと思います。学校、職場、家族、どんなお悩みでも構いません。電話で直接話たいって方は、電話番号を忘れずに書いて、送って下さい。【宛先告知略】さぁ、たくさんのメール、おハガキ、ドンドン待ってます。送って下さい。ココで1曲聴いて下さい。KAT-TUNで『EXPOSE』

(曲演奏)

『懐かしマボ・ワード』懐かしい20世紀の言葉、松岡どれだけ知ってるか、挑戦しましょう、そういうコーナーでございます。皆さんも一緒に考えてみて下さい。最初の懐かしワードはコチラ。『すったもんだがありました』ナンだ、ナンだ、ナンだ、ナンだ、コレ、すったもんだが、ありました【声、こもったのは、突っ伏して考えてる!?】すったもんだがありました、え~、リンゴを擦った果実酒の、宮沢りえが言ってたセリフ!【!(^^)!ピンポン♪ピンポーン♪】当たりだ。1994年流行語大賞だって!すったもんだがありましたって、あのセリフ、すっげー、覚えてるもん。このすりおろしりんごのジュースがあったんだよ。すりおろしのジュース。それが大好きで、オレ。あと、つぶつぶオレンジとかさ、それ系の。一番好きだったのは、ブドウの実が入ったジュースがあったんだよね。アレ、すっげー好き。だから、その、すったもんだがありましたって、94年だから、宮沢りえちゃんも、21とか、その辺だろうね、多分ね。へぇ。よく、今、思い出したわ。ナンだっけ、ナンだっけって思った。次!『少年アシベ』説明しようがないよ。ゴマちゃんの漫画(笑)。【!(^^)!ピンポン♪ピンポーン♪】っていうか、オレ、持ってるもん(笑)少年アシベ。今ね、また売ってるんだよね、コンビニ行くと。少年アシベ。ま、ゴマちゃんですね。1988年から94年まで。芦屋アシベ(笑)達と交流を描いたギャグマンガ。アシベっていうんだよね、この男の子がね。あのね、こんな話をして、どーもこーもないんですけど、昔ね、ウチにあの、城島って、つまんない男がいるんだけど、アイツがね、ゴマちゃんのぬいぐるみ持ってたの。ね?それでね、アレ、ナン年前だろ?オレがまだ、でも、デビューして、ちょっとだな、だから、90…な、4、5年、4、5年の話なんだけど、当時ね、まだオレ達、あの、ホテル、一人一部屋じゃなくて、2人で1部屋だったの、ツインでね。で、だから、2人、2人、マネージャーと2人って、5人だからね、ウチは。で、6人でやってたんだけど、オレ、よくリーダーと一緒になってたのよ。ナンだか知んねーけど。そしたらね、ウチのリーダー、カバンの中から、ゴマちゃんのぬいぐるみ出すのよ。【ナンでBGMがX-FILE?】でね、この人、ふざけてんのか、ホントなのか、判んないけど、「もう、いいから、寝」って言ってんの。「もう、いいから、もう、寝る時間や。もう起きてたらあかん。もう、寝」ゴマちゃん、抱っこして言ってんの。今だから言うけど、オレ、あん時、あ、コレ、TOKIO、辞めた方がいいなと思った、オレ(笑)。ホッントにヤバかった。オレ、いまだに訊くの、それ。あれ、ナンだったの?って。「ん?…うん」しか(笑)言わね~んだよ、アイツ(笑)。アレ、ホント、ナンだったんだろ?オレをビビらそうとしてたのかな?よく判んね~んだよな。アレからかな?オレ、ちょっと、あの人と距離を置くようになったのは(爆笑)。不思議なんだ、すっげー、覚えてる(笑)。ハイ、次。『ツインピークス』コレ、今でいう、何て言うんだろな、ビデオ、ビデオか、ビデオドラマ、だから、『24』みたいなもんだね。それの、これ、1980年代後半かな?に流行った、作品。【!(^^)!ピンポン♪ピンポーン♪】あ~、ゴメン、90年代だったね。90年代前半。「ツインピークス」のどかな田舎町で、ツインピークスって町なんですね。高校の人気者ローラが遺体となって発見されるっていう。オレね、あの「ツインピークス」は、オレ、実は見てないんだけど、オレが好きだったのがね、『V』っていうのがあったのね。Visitorっていう、ま、ナンだろな、宇宙人の(笑)ヤツなんだけど、アレが大好きで、オレは、アレ、全巻借りて観たな。でもアレぐらいからじゃないかな、ビデオ、あの、専門的なドラマで、みんないろんなものを見るようになったの。Vシネもそれぐらいの感じじゃない、だから。おそらく。さぁ、という事でございまして、今日、全問正解だね。はい、見事でございました。ココで1曲聴いて下さい。ドラマ「泣くな、はらちゃん」の主題歌になっております。え~、ココで流すのは初めてかな?聴いて下さい。2月20日発売、TOKIOで『リリック』

(曲演奏)

TOKIO NIGHT CLUB、松岡昌宏がお送りしました。エンディングのプチコーナー『今更メール』。「今更ですが、松岡さんは、妹にしたい芸能人は誰ですか?」え~!?前はやっぱ「ヤスコとケンジ」で一緒だった多部ちゃんでしたけどね。オレね、森三中のね、村上さん。ナンか、可愛いんだよね、いつもテレビ見てて。きょとーんとしてるでしょ?あの人。いっつもテレビ見てて、ナンか、面白いな。ナンかね、ナンだっけ、番組か、ナンかで、「松兄ぃ、ご飯連れてって下さいよ」って言われたのが「いいよー」ナンっつったけど、会ってねぇから、うん。ナンか、あぁいう妹いたら、面白いんじゃないかなって。あとね~、あと、そうだなぁ、オレが「13歳のハローワーク」で共演した工藤綾乃っていう女の子がいるの。あの子も妹にしたらいいね!可愛い。でもどうしよう!彼氏とか連れてきたら、ぶっ飛ばしてやる!(笑)ナンか、そういうのあるの。いっぱいいるよ!妹にしたい人。ナンか共演して、とか、ナンかテレビとか来て、あ、コイツ、可愛いな、妹にしたいなと思うもんね。知的な妹とかもいいね。あの、杏さんみたいな。杏ちゃん。あぁいう妹いたら、ナンかさ、カッコよくね?「お兄ちゃん、ちょっと、ナニ?その格好!」みたいな。「わりぃ、わりぃ」…あ、いいな。妹欲しいな。いっぱい欲しいな。(笑)さ、というワケでございまして、今更聞けない、松岡に関する素朴な疑問、募集してます。マボのベタベタがもらえます、クイズ松岡の出場者も大募集。住所・氏名・電話番号を忘れずに書いて、送ってください。【宛先略】TOKIO NIGHT CLUB、松岡昌宏がお相手でした~。バイバイ!

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
アーカイブ

プロフィール
HN:
香琉
性別:
女性
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
TOKIO NIGHT CLUB 203132/16  HOME  TOKIO WALKER 2013/2/3

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]