忍者ブログ
TOKIO WALKER他、TOKIO関連のラジオ番組テキストです
≪17歳の頃の思い出≫
井「Jr.でトップになっちゃったから」
長「あ、上が抜けてったからね」
井「いつの間にか、オレがトップになっちゃって、年上で。だからね、KinKi Kidsとばっかり、遊んでたかも知れない」
長「あぁ、そうか」
井「そん時、一緒に舞台やったりとか」
坂「あぁ、そうか、そうか」
井「してて、何故か、楽屋も一緒、ホテルの部屋も一緒。ドコでも、オレ、KinKiと一緒だったから、そろそろ、3人組で、行くんじゃねーかなって、勘違いし始めた頃」
長「そう勘違いするタイミングが、何、いくつかあるもんね」
井「いくつかある」
坂「あるね」
井「KinKi、こっち来て!って言われた時、付いてっちゃったりとかして」
長「(笑)」
井「社長に『勘違いすんじゃねー!バカヤロー!』『ナンで来てんだ、バカヤロー!』」
長「(笑)社長も、バッサリだな」
坂「(笑)当たりが(笑)当たりが強いね、子供に対して(笑)」
長「(笑)」
井「ひどいよぉ!だってさ、長瀬と、そん時、ずーっと、オレね、何年か、2人でWink-UpとPOTATOの取材は、あと、Duetもやってたかな?全部、長瀬と2人で」
長「おぉ」
井「やってたの。で、これ、KinKiとオレと長瀬と4人組なんじゃねーかみたいな、噂も、あったりとか、したもんだから、いろいろ考えてたワケよ、ナンか、オレも。あ、そん中で、オレが一番、年上だから、リーダーシップ取んなきゃな、とかさ、いろいろ考えてたから、そういう、妄想の中にいるから、KinKi Kidsって、言われた時に、オレも行っちゃったんだよね」
長「たまたま、長瀬がいなかっただけだもんね、その時ね」
井「そうそう。それ以降ぐらいから、長瀬との取材も無くなって、井ノ原が勘違いし始めてる」
長「(笑)怖いね~」
井「雑誌社の人に、言われたもん、オレ。『ナンか、イノッチとね、長瀬くんが、同じグループになっちゃうって、勘違いして、可哀想だから、今回から、もう、無くなったから』って」
長・坂「「えーっ!」」
井「2、3年やったのに、言われてさ」
長「言われたの⁉」
井「言われたよ!」
長「おぉ(笑)」
井「2人が勘違い、し始めてるって。ま、オレだけなんだけど」【いや、智也も、そう思ってたみたいよ】
井「(笑)オレだけなんだけど」
長「(笑)ナニが、そういうキッカケになるか、判んないね!」
井「判んないよー!」
長「一つのさ、勘違いで」
井「ま、それでよかったんだろうけどね」
坂「うん」
長「まぁ、結果、今ね」
井「ま、それぐらいですよ、それぐらいの時期ですよ、僕は」
坂「オレたち、まだまだ、昔話、あるね!」
井「あるよ!あるよ!」
長「あるね~!初耳だよ、それ」
坂「まだ、あるね~」
井「あっそう?だから、それ、だから、オレは、上の人たちと、思い出話と、ちょっと下の、剛とか、長瀬とか、光一とか、剛の、アソコら辺の」【聴きたーい!】
坂「ウチらはさ、TOKIOとか、上の世代の、思い出話だもんね」
井「あぁ、そうだね。オレは、だから、黙って、それを見てたっていう立場だから」
坂「二つ、持ってんだ」
井「(笑)二つ、持ってんのよ」【マボもね】
長「またいでるからね」
井「(笑)またいでるから」
長「(笑)架け橋みたいになってる」
井「(笑)またいじゃってるからさ!」
坂「まだ需要があるよ~」
井「需要あるかな?」【またトキカケに来て、マボと2人で智也やKinKiちゃんとの昔話、喋り倒して!】
井「ヤツらがちょっと、昔話、し始めたら、オレもちょっと、ずんずん、入って行くしかないね、コレね」
長「(笑)」
井「あぁ。哀しい思い出ではありますけれどもね」【イノッチ、なかなか、ハードな少年時代だよね…】

拍手

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
4 6 7 9
11 12 13 14 16
18 19 20 23
25 26 27 28 29 30
カウンター
アーカイブ

プロフィール
HN:
香琉
性別:
女性
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
TOKIO WALKER 2017/9/3  HOME  坂本美雨のDear Friends 2017/8/29 ゲスト:山口達也

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]