忍者ブログ
TOKIO WALKER他、TOKIO関連のラジオ番組テキストです
TOKIO NIGHT CLUB!
こんばんは。松岡昌宏です。オープニングのコーナー「今更ムービー」ベタな定番映画を今更紹介しまして、おススメ度、を星の数で紹介します。ちなみに、満点は10個です。さ、今回の今更ムービーはコチラ。『シザーハンズ』懐かしいなぁ~。日本で公開は1991年だから、二十、もう、1年前なのか。ね。ティム・バートン監督、出演はご存知、ジョニー・デップ、そして、ウィノナ・ライダーですね。両手が鋏の、純粋無垢な、人造人間と少女の交流を描いたファンタジー映画でございました。これはね、ホントに無表情なジョニー・デップがね、植木、いろいろやるんですけど、植木をいろんな形に切ったりね、氷細工をしたりね、するんですけども、決してハッピーエンドで終わらないんだよね?コレ、最後ね。ハッピーエンドで終わらないんですけど、でも、この映画の始まり方って、あの、思い出し?から始まる、みたいな。コレはちょっと「タイタニック」、のちに見た時、アレ?「シザーハンズ」の始まり方と一緒じゃねーの?と思ったのは、オレだけじゃないはずですけれどもね。なにせ、うん、人間の奥深く、眠る、その、存在能力とかね、優しさとか、哀しさとか、まぁ、喜怒哀楽を、実は無表情の中で表すっていう、パントマイムですか、ある種のね。ま、コレはホントに、ジョニー・デップ、ジョニー・デップってやっぱ、スゴいなぁって、思いますけど、こういう無表情なものがあるから、あぁいう、ジャック・スパロウみたいな役も出来て、そして、「BLOW」みたいな役も出来て、そんで、やっぱ、忘れちゃいけない、「スウィーニー・ドッド」【スウィーニー・トッド?】。だから、「スウィーニー・ドット」は、コレをやってたから、やったんじゃねーかって気はちょろっと僕もしますけどね。だけど、どっちにしても、ま、「スウィーニー・ドット」も素晴らしい映画ですから、ジョニー・デップっていうのは、本人もさることながら、やっぱり素敵な魅力を、作品に恵まれて、本人はそれをZettaiにキチッとやるっていうプロフェッショナルな気がしますね。ホントに素晴らしい俳優さんですよね。ハイ、というワケでございまして、「シザーハンズ」おススメ度、星、10個ですっ!いや、もう、コレは僕はもう、何回見たか判りませんよ、この映画は。もう大好物です。この映画は大好物です。さ、「シザーハンズ」が出たので、もう一つ、ちょっと、一応おススメしときましょうか。ま、ちょっと似たようなテイストで、僕、大好きな映画ではあるんですけど、ロビン・ウィリアムズがやりました、ロボットの映画なんですけど、「アンドリュー」という、ちょっと長い作品なんですけど、コレも星10個です。是非ご覧になって見て下さい。さ、ココで1曲聴いて下さい。TOKIOで『KIBOU』

(曲演奏)

『ニュース松岡!』さて、話題のニュースやですね、新聞の小さな記事を取り上げまして、ワタクシ松岡昌宏、35歳、そのニュースをどう思うかと、ワタクシ松岡が、あくまで持論です。勝手に語ると、そういうコーナーでございます。まずコチラのニュース、行きましょう。『親のすねをかじる、中年パラサイト300万人』結婚せずに、親のすねをかじる、日本のパラサイト中年がですね、300人【300万人じゃないの?】近いという事が明らかになりました。日本の総務省統計研究所の、コレ、集計結果でございます。35歳から44歳の男女のうち、未婚のまま、親と同居する人口が、2010年末にですね、295万人といわれてるんですね?コレ。人口の約16.1%と、6人に1人の割合になるという事でございます。1990年、112万人、2000年の159万人に比べても、年齢帯で占める割合が軒並み大きく増えたと。まぁねぇ、理由があるんでしょうけどね。コレさ、スゴくデリケートな問題だと思うんだけど、何故かというと、親のすねをかじる中年パラサイトっていう表現をしてしまうと、とっても、ナンていうのかな、だらしない感じの中年が増えてるよっていう事だったりするじゃない。それはオレは正直、そうね、好きじゃないかなと思うんだけども(笑)もうちょっとしっかり頑張りましょうよっていう気もするんだけど、たださ、コレ、ひとえに言えないのは、例えば、高齢出産の人も結構いるんだよね。で、そうなった時に一緒に住んでるっていうのが、もう、コレ、同居する事が一つの介護でもあったりする人も、Zettai中にはいるんだよね。そこだけは、間違えて欲しくない気がしますよね。うん。それと、親もちょっと、体がね、不自由な方だったり、親御さんも。それで同居してる方っていうのも、中にはZettaiいるんじゃないかなって、気はしますけども、うん、それはやっぱり、逆に言うと、親孝行で、素晴らしい事でもある。ただ、やっぱ、すねをかじる中年パラサイトっていう、統計を発表したっていうことは、一応、コレ、未婚だからすねをかじるみたいな事になってるんだろうけども、ま、それ、だって、こんだけ、結婚少子化にもつながってるワケ(笑)だし、この時代なんだから。少子化だ、少子化だって言ってるんだからさ、未婚の人も多いでしょうし。ただ、一緒に住んでる事が、親離れ、子離れ出来ない、現実っつうのも、一個あるかなって気もしますけどね。ま、女性はオレは、別に悪い気もしないけど、やっぱ男っていうのは、1回ちゃんと(笑)社会に出て、キチッと一人暮らしするのが、オレは男だと思ってるんで、その辺は、あの、ま、いろんな状況もあるでしょう、各家庭に、おありになると思いますから、ひとえには言えませんが全部が全部、しょうがないっていう時代にもなってるんじゃないかなっていう気はします。そういう風に、今、家を出てしまったら、大変だってヤツもいますし。うん。だけど、やっぱり、親は子供の幸せを願うもんですしね。親の元、やっぱ離れて一回キチッと旅立って、自分の足で立つっていう事も大事なんじゃないかなって気も、どっかでしますけれども。ハイ。300万人、結構多い数字ですね。次いきましょう。『迷ったインコ、住所喋って戻る』イイですね(笑)コレも最高に。神奈川県相模原署にですね、コレ、ナニ?コレ。落し物?なの?これ。扱いなの?コレ。へぇ、保護されていたセキセイインコ、オス2歳。(笑)体長約15センチが飼われてる家の住所の地名、番地を喋り、2日、飼い主の元に戻った!…ちょっと、だからさ、インコだって、てめぇの事はてめぇでやってるワケですよ(笑)。スゴいよ!このインコ。相模原北署によりますと、インコは4月29日の朝、相模原市の緑区橋本、ビジネスホテルの喫煙所にいた、宿泊客の男性の肩に乗ってきまして、ホテル側が同署に連絡し、スゴいね、このホテルの人も優しいね、ちゃんとインコを、飛んできたんですよって、ちゃんと警察に言ってくれたんだ。で、署内で保護してた。そしたら「相模原市橋本!」【インコの声色マネしてます】等と(笑)地名、番地を喋り、飼い主の無職の女性、64歳の方をちゃんとつきとめたと。自宅からホテル、約50mのとこにあり、インコの飼い主が、カゴを閉め忘れ(笑)た為に逃げたという事ですけども、コレは素晴らしい!映画になるよ、コレ!ね?てめぇのことをてめぇでやり遂げたインコ!コレ、拍手です!【(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチしてます】これはもう、映画になるよ!ね、オス2歳。最後にとても素晴らしいニュースを聞かせてもらいました。さ、ココで1曲聴いて下さい。関ジャニ∞で『愛でした』

(曲演奏)

『懐かしマボ・ワード』懐かしい20世紀の言葉、昭和から2000年までの言葉をどれぐらい知ってるか、挑戦していこうというコーナーでございます。皆さんも一緒に考えてみて下さい。まず最初の懐かしマボワードはコチラ。『ニカウさん』ニカウさん。ニカウさんってアレでしょ?あの、昔よく、ドキュメンタリーされてた、ジャングルに住んでる、ブッシュマン!【!(^^)!ピンポン♪ピンポーン♪】ね!ナンで知ってるか?オレ、ガキの頃、ブッシュマンって言われてた。あの、似てたんでしょうね、動きが。(笑)おそらく。1981年に公開されました、映画「ブッシュマン」に主演しました、コレ、ナミビア人、っていう、ナミビア人…俳優さんなの!?ま、一応、ドキュメンタリーだもんな、コレね。ま、そん時は俳優じゃないよね?日本ではニカウさんの愛称で人気者となり、1983年に来日。映画「ブッシュマン」は、カラハリ砂漠に住む男が、飛行機から投げ捨てられた、コーラの瓶を巡って、混乱を招いたコメディと。という事でございますがね。南アフリカ共和国にあんのかな、コレ。場所的には。ね、すっごい覚えてますよ。次!『パタリロ』コレ、ナンだったっけなあ?花とゆめか?花とゆめっていう、もんで連載してたんだよな。オレら、別にそれは知らないけど、読んだことはないから。ただね、アニメになりました1982、3年?2、3年かな?アニメでやりました、パタリロっていう、ま、漫画がアニメになったヤツ!【!(^^)!ピンポン♪ピンポーン♪】(笑)♪たいしたもんだぜ~ 愛したもんだぜ パタリロ~♪みたいな(笑)歌でしたね。内容、そんなに覚えてないけどね。1978年花とゆめで連載が始まった、ギャグ漫画。1982年にアニメ化された。ピッタリだね~!すんごいね~。バミューダトライアングルの真ん中に存在する島国、マリネラ王国を舞台に、その国王、パタリロが側近の玉ねぎ豚やイギリス諜報機関MI6の少佐、(笑)ナンのこっちゃ、判んない。バンコランやその愛人、マライヒなど(笑)巻き込んで起こす騒動を描いた作品。(笑)ナンかバタバタしてたのは、覚えてんだよ、オレ。バタバタしてたことは覚えてた。ハイ、懐かしいな。次『スネーク・キューブ』ナンだ?どっちだ?コレ、アレかな?あの、長細い、え~、ナンていうの、カンみたいなヤツの、ルービックキューブの一列並べるバージョン。の、おもちゃ。【(-.-)p”ブ~♪】違うか?あったんだよなぁ。こういう風に並べる。アレじゃないんだ。スネークキューブ。あの、アレかな?蛇、の、あの、ニョロニョロニョロって動くヤツを、あの、バランス取ながら、うまーくコントロールして遊ぶおもちゃ。【(-.-)p”ブ~♪】じゃないんだ?スネークキューブ。蛇のキューブ?ヘビ…。ヘビ年。オレ。キューブ。キューブマン【(-.-)p”ブ~♪】スネークキューブ。コレ、聴いたことあるな、スネークキューブ。アイス。【(-.-)p”ブ~♪】歌。【(-.-)p”ブ~♪】スネークキューブ。ナンか、聴いたことあんな。ナンだっけな?あぁ、…知らない。(笑)日本で最初に発売されたのは、1981年だったそうです。ルービックキューブの生みの親、ルービック教授が、考案したと。ルービックスネークという名前で発売されて大ヒットだそうです。直線、ボール、犬、ヘビ、様々な形にすることが出来たと。あ~、思い出した!あった!あった!あった!あった!カチカチ、カチカチ、動き、流しながら、恐竜にしてみたり、ナンか、ヘビにしてみたり、あぁ、やった!やった!やった!やった!やったけど、出来なかった。オレ、こういう系ホント、出来なかった。ルービックキューブも一切出来なかった。というワケでございました。さ、ちょっと、懐かしい曲、聴いてみましょうか。さぁ、映画「ブッシュマン」が公開されました、1981年のヒット曲ですけどもね。コレは僕の、大好きな方の曲、いっぱいありますよ。(笑)っていうか、全部、ほとんど歌えますよ、僕ね。ま、でも、やっぱり、大先輩。尊敬(笑)してますから。この方の曲、流させて頂きます。松山千春さん『長い夜』

(曲演奏)

TOKIO NIGHT CLUB、松岡昌宏がお送りしました。エンディングのプチコーナー『今更メール』。「今更ですが、携帯でよく使う絵文字は何ですか?」あのね、アレ。あの、汗が跳ねてるみたいなヤツ。二つ、ピッピッてナンか、水が跳ねてる、ちょっと焦ってる時とかに使うような。あればっかり使ってる(笑)アレ、すっげー、使うよ、オレ。うん。わりぃ!とか、やべっ!ちょっと遅れる!とか(笑)。あの、連絡大丈夫とか、二日酔いとか、(笑)よくあれ使うね。あと、よく使うのは、だから、汗流して笑ってるヤツ。あの、ちょっと汗水たらして、ハハハっみたいな。アレもよく使う(笑)。ヤベー、Webでよく使ってるわ、オレ、それ。(笑)自分のブログで。【いつ更新するのー!?】(笑)さ、というワケで今更聴けない、松岡に関する、素朴な疑問、募集しております。マボのベタベタが貰えます、クイズ松岡の出場者も大歓迎。【宛先略】さぁ、来週なんですけど、今、舞台、やってますから、ワタクシ。一緒に共演してる、ま、ウチの座長のですね、増田。NEWSの。もしかしたら、番組に、来てくれるかも?というね、ちょっと出してくださいって、みたいなことも言ってましたし、もしかしたら増田が来るかな?みたいな。ま。その辺は、お楽しみにして頂きたいと思います。TOKIO NIGHT CLUB、松岡昌宏がお相手でした~。バイバイ!

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
アーカイブ

プロフィール
HN:
香琉
性別:
女性
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
TOKIO NIGHT CLUB 6/16~ゲスト:増田貴久~  HOME  TOKIO NIGHT CLUB 6/2

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]